ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
コーラス
子供は天使か悪魔か?

c0237163_14123788.jpg



感動度★★★★★
元気になる度★★★★★
音楽★★★★★


透き通る歌声が、音楽の素晴らしさ、生きることの美しさを教えてくれる映画が登場した。
本作『コーラス』は、合唱を愛する子供たちと音楽教師の絆を描き、本国フランスで大きな話題を呼んだ感動作。
リヨンで設立されたサン・マルク少年少女合唱団のサントラとともに、記録的ヒットとなった。
合唱団から出演しているのは、ピエール少年を演じるジャン=バティスト・モニエ。
そのソプラノは「天使の歌声」と呼ばれ、劇中でも美しく響き渡るのだが、
声のみならず、どこか憂いを秘めた表情もまた強い印象を残している。
(映画サイトより)


感動しました!!
美しい歌声に鳥肌が立ちました。
フランス国内では「アメリ」の記録を抜き、フランス映画史上空前のヒットを記録したそう。

天使の歌声を持つ、ジャン=バティスト・モニエくん↓
c0237163_14135335.jpg

顔も美しいが声も美しい。
c0237163_14141511.jpg

天は二物を与えずっていうのはウソだな・・・


(★今回、結末書いてあります)

冒頭、世界的音楽家になったモランジュ(ジャック・ベラン)が母親の死の知らせを受け
故郷に戻り、そこへ級友ペピノが訪ねてきて一冊の日記を手渡す。
それはモランジュの才能を発掘した音楽教師マチューの日記だった。


舞台は1949年、孤児や問題児を集める寄宿舎「Fond De L'Étang(池の底)」。
すごいネーミング・・・
そこへ舎監としてマチュー(ジェラール・ジュニュ)が赴任してくる。

入り口では、孤児のペピノ(マクランス・ペラン)が父親の迎えを待っている。
c0237163_14161913.jpg

曜日が分からないほど幼いペピノだか、「土曜日に父親が迎えにくる」と信じて、
毎日門のところで待っているのである。

寄宿舎の子供達はみんな反抗的で、悪戯もハンパじゃない。
その子供達を厳しい規律と体罰で統轄しようとする校長。
c0237163_1416538.jpg


マチューは校長のやり方に初めから納得いかず、
悪戯を仕掛け職員に大けがをさせた子供でさえ、決して叱らず看病をさせることで諭していく。
c0237163_14172837.jpg



ある夜、寝室で好きなように歌う子供達を見たマチューは
自分の経験を生かし、音楽で生徒達と心を通じ合わせることを思いつく。

それぞれのパートに分け、その中で一番の問題児であったモランジュ(ジャン)の
奇跡的な歌声を知りソロに抜擢するのだった。
c0237163_14183175.jpg


マチューは来る日も来る日も子供達に合唱を教え、彼らの心を開いていく。
c0237163_1419261.jpg

c0237163_14191956.jpg


そして、モランジュの母親に才能を伸ばすため寄宿舎を出て、音楽院へ進むことをアドバイスする。
美しい母親に恋心を抱くマチューがオチャメで可愛らしい。
c0237163_142203.jpg


中盤、ものすごい不良モンダン(校長にお尻を叩かれている子)が途中転入してくるのだが、
お金を盗んだという無実の罪で、特殊学校へやられてしまう。
ほとんど合唱の練習には参加しなかったが、マチューにとっては大事なバリトンパートであった。
c0237163_14223239.jpg


特にモンダンのその後は描かれていないが、どうなったか個人的に気になる部分でもある。


校長が留守にした隙に、生徒達を遠足に連れて行ったマチュー。
c0237163_14231224.jpg


その間に学校が火事になり、責任を取らされクビになってしまう。
見送りを禁止された生徒達は、窓から紙飛行機でマチューへさよならを告げるのであった。

幼いペピノはマチューを追いかけ、「連れて行って欲しい」と懇願する。
一度は突き放すマチューも、結局 ペピノを連れて寄宿舎を去る。
(この子がまたとても可愛らしい)
c0237163_14235854.jpg


マチューは名声を求めず、その後も一生涯音楽を教え続けたという。


*   *   *   *   *
じわじわ来つつも、マチューと子供達の心の触れあいと歌声に
心が震える感動作です。

子供の頃、友達だった少年B君がいるのですが
彼は合唱団に入っていて、透き通るようなボーイソプラノの持ち主でした。
色が白くほっそりとしていて、普段から美しい声でゆったりと話しをする優しい子でした。
なんとなくB君を思い出してしまいました・・・




ストーリー:
世界的指揮者のピエールは、母親の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人のペピノが一冊の日記を手渡した…。
時は、1949年のフランス。問題児が集まる寄宿舎へ、新しい音楽教師マチューが赴任した。
子供たちの酷いイタズラに迎えられたマチューだが、何よりも、体罰で規律を保とうとする校長に疑問を持つ。
子供たちの心を開くため、合唱団を結成したマチューは、学校一の問題児、ピエールの美声に驚嘆する。
やがて子供たちは、歌を通して心を開いていく。


■ 原題:Les Choristes
■ 監督、脚本:クリストフ・バラティエ
■ 出演:ジェラール・ジョニュ/ジャン=バティスト・モニエ/ ジャック・ベラン/マクランス・ペラン 他
■ 2004年 フランス/ドイツ/スイス ■ 97min 
■ 言語:フランス語
[PR]
by oto_ichi | 2012-04-02 19:11 | ヒューマンドラマ
<< あしたのパスタはアルデンテ Through a Glass... >>


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧