ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
カテゴリ:ファンタジーコメディ( 4 )
ローン・レンジャー

やられたらやり返す!西部の時代も10倍返し

c0237163_12421262.jpg



アクション度★★★★★
ストーリー★★★★
コメディ★★★★★
ファンタジー★★★★★
好き★★★★★



西部開拓時代のアメリカ
自分たちの土地を守ろうとする原住民(インディアン)と開拓を進める白人たちの争いは絶えない

正義感あふれる若き検事ジョン・リードは白人の無法者ブッチに尊敬する兄を殺され、自分も傷を負い生死をさまようが
真の勇者を死からよみがえらせることの出来る力を備えた白馬がジョンを選び、原住民で最後の悪霊ハンター、トントに助けられる
c0237163_12425553.jpg


c0237163_12435583.jpg


そして二人と1頭は
悪党ブッチ、悪徳開発業者レイサム・コールを倒すため
戦いに挑む

正義は勝つのか?!
c0237163_12442396.jpg



*   *    *    *    *

いやー3か月ぶりの投稿です
なんか忙しくて映画を見に行くヒマというか時間がゆっくり取れませんでした!


さて、
昔の人気TVドラマの映画化ということもあって母が観たがったので行ってみたら
いや~おもしろかった
ジョニーも大好きだけど、内容も期待以上におもしろかった


2時間9分の上映時間、若干私には長かったけれども
後半の時代劇にも通じるような巻き返しが気持ちいい
ローン・レンジャーが登場するテーマ曲
「ウイリアムテル序曲」がかかると運動会の様な盛り上がり
私たちの世代には「オレたちひょうきん族」のオープニングソングだったけど
それを払しょくするほどのインパクトだった

まさに夏休み映画、ザ・エンターテインメントの要素たっぷり
白馬が列車の上を滑走し、ピンチになっても主役は絶対死なない
ユーモアたっぷり迫力満点
お子様から大人まで安心して鑑賞できますよー
c0237163_1245359.jpg


西部劇っておもしろいですねー
よく父が観てたのを思い出した

女優陣もいい味出してる
c0237163_1247461.jpg


最近、重いテーマや暗い映画って見なくなったなぁ
年取るとお気楽なのがいいわー

c0237163_12505383.jpg




■ 原題:THE LONE RANGER
■ 監督:ゴア・ヴァービンスキー
■ 出演:ジョニー・デップ(トント)、アーミー・ハマー(ローン・レンジャー)、ルース・リルソン(レベッカ・リード)他
■ 2013年 アメリカ
■ 言語:英語 
■ 149min 



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
[PR]
by oto_ichi | 2013-08-20 18:58 | ファンタジーコメディ
ミッドナイト イン パリ

古き良き時代はみんなの憧れ
c0237163_1517983.jpg


映像★★★★★
音楽★★★★★
雰囲気★★★★★
衣装★★★★★
ロマンス度★★★★


主人公ギルはアメリカ、ハリウッドで脚本家として成功を収めていた。
恋人イネスズとも婚約し、イネズの父親の出張に二人で便乗しパリに来ていた。

端からみれば順風満帆。
しかしギルは映画脚本家の仕事には満足してなかった。
作家を夢見ていた彼は、パリへ移住し自分の小説を書いてみたいと思っている。

街全体が芸術の様なパリにギルは酔いしれるが、現実的なイネズとはことごとく好みが合わない。
さらにイネズの男友達ポールは知識をひけらかし、それに嫌気がさしたギルは
一人パリの街を散歩に出る。

夜中、道に迷ったギルはある通りに出る。
真夜中0時の鐘がなるとプジョーのクラッシクカーがやって来て
誘われるがままにギルはその車に乗り込み、着いた場所。

そこは、1920年代のパリだった。
c0237163_15202267.jpg



あーフランス行きたい、パリに行きたい。
そんな欲求が抑えられなくなる映画でした。
今年の一番お気に入りとしたい。
c0237163_15281873.jpg


美術館ガイド役のカーラ・ブルーニは(この人見たことある、誰だっけ?)と
ずーっと考えていたが、サルコジ元大統領夫人だった。
どうりで見たことあると思った。

現代は大変便利な世の中で、全ては情報、デジタル化され 目に見えるものは少なくなりつつある。
しかし、紙、えんぴつ、レコード、いつ会えるかわからない次の約束・・・
c0237163_15212283.jpg


先取りすることよりも、時の流れに身を任せてみるのもいいのではないか と思ってしまう。

いつの日か、今私たちが住んでいる時代も、誰かうらやむ時代となるのであろうか。


現代人は昔に憧れ、昔の人々もまたその昔に憧れる。
過ぎた日々は取り戻せないだけに、もはや幻想でしかない いにしえへのロマンはつきないのである。
c0237163_15243333.jpg




ストーリー
ハリウッドでの成功を手にした売れっ子脚本家のギル。しかし、脚本の仕事はお金にはなるが満足感は得られず、早く本格的な小説家に転身したいと処女小説の執筆に悪戦苦闘中。そんな彼は、婚約者イネズの父親の出張旅行に便乗して憧れの地パリを訪れ、胸躍らせる。ところが、スノッブで何かと鼻につくイネズの男友達ポールの出現に興をそがれ、ひとり真夜中のパリを彷徨うことに。するとそこに一台のクラシック・プジョーが現われ、誘われるままに乗り込むギル。そして辿り着いたのは、パーティで盛り上がる古めかしい社交クラブ。彼はそこでフィッツジェラルド夫妻やジャン・コクトー、ヘミングウェイといった今は亡き偉人たちを紹介され、自分が1920年代のパリに迷い込んでしまったことを知るのだった。やがてはピカソの愛人アドリアナと出逢い、惹かれ合っていくギルだが…。


■ 原題:MIDNIGHT IN PARIS
■ 監督、脚本:ウディ・アレン
■ 出演:オーウェン・ウィルソン(ギル)/マリオン・コティヤール(アドリアナ)/キャシー・ベイツ(ガートルード・スタイン)/エイドリアン・ブロディ(ダリ)/カーラ・ブルーニ(美術館ガイド) 他
■ 2011年 スペイン・アメリカ ■ 94min 


【受賞】
・2011年 アカデミー賞 脚本賞
・2011年 ゴールデン・グローブ賞 脚本賞
・2011年 放送映画批評家協会賞 オリジナル脚本賞

  
※映画賞概要はコチラ
[PR]
by oto_ichi | 2012-06-23 19:16 | ファンタジーコメディ
魔法にかけられて
ザ・温度差

c0237163_1331308.jpg



非現実度★★★★★
素敵度★★★★★
大好き度★★★★★
ツボ度★★★★★


映画の話しに入る前に、カミングアウト。

私はお姫様が大好きです。
ディズニー映画では「眠れる森の美女」が一番好きです。

子供の頃はフリルのついたブラウスや靴下や、スカートなどを欲しがる少女でした。
今はかなりシンプルになった方です。

その性癖を残している今、西洋の時代物(17世紀~19世紀)映画は大好物です。
この頃の時代背景の映画は暗い内容が多いのですが、内容は後回しにしても
衣装、セット、家具、小物、アクセサリー、髪型、髪飾りに至るまでくまなくチェックします。
もちろん男装もです。

今まで見たドレスものは、
マリーアントワネットの首飾り(2001)(内容×、衣装◎)
ジャンヌ役のヒラリー・スワン久好きじゃない。彼女は時代物合わない気がする。
c0237163_13322920.jpg

でもマリーアントワネット役のジョエリー・リチャードソンは大好き。
c0237163_13474958.jpg



マリーアントワネット(2007)(内容×、衣装○)
キルティン・ダンストも時代物合わない。ハプスブルグ家の顔じゃないんだよなぁ。
c0237163_13325867.jpg



プライドと偏見(2011)(内容○、衣装△)
キーラ・ナイトレイ 大好き。時代物が似合います。
c0237163_13342768.jpg


ある侯爵婦人の生涯(2008)(内容○、衣装◎)
衣装がものすごい豪華!!
c0237163_13344893.jpg


タイタニック(1997)(内容◎、衣装○)
ケイト・ウィンスレットも大好き。時代物◎。
4月に3Dで再演されるので今からワクワクしている。
c0237163_133508.jpg


こんなのも見たよ・・
プリンセス・シシー(1955)(皇妃エリザベートね)
c0237163_13461421.jpg


他、いろいろ見たけど何見たか覚えてない・・・



さぁて、今回のお題に入ります。

この作品、気になりながらも私は何故か映画館には見に行かなかった。
そして最近CSで見ました。

姫+ドレス+コメディ=大好物てんこ盛り

こんなにドストライクだったのに、何故見なかったんでしょうか!???
ストーリーというより名場面集で行きましょう。
写真多め!!


アニメの世界に住む姫(ジゼル)は、王子(エドワード)の継母によって現代のニューヨークへ追放されてしまう。
スーザン・サランドンがはまりすぎている・・・↓
c0237163_13383239.jpg


井戸に落とされ、現代のマンホールから出てくるジゼル↓
c0237163_13371371.jpg

しかしドレスはずっと真っ白。汚れないんだこれが。

ジゼルを救いに行こうと王子も助けに行く。
やはりマンホールから出てくるエドワード王子↓に工事のおっさん達はビックリ。
c0237163_13373926.jpg


ザ・プリンス(なんとなく)
c0237163_1343244.jpg


ジゼルはたまたま助けてもらった弁護士ロバートと出会う。
いきなり歌い出したり、踊り出したりするジゼルに困惑しながらも次第に二人はうち解けていき、
やがて恋に落ちていく。
c0237163_13484726.jpg


ジゼル:さぁ~歌いましょう♪?
ロバート:いや、歌わないよ・・・みんな見てるよ・・


泊めてもらったロバートの家のカーテンで勝手にドレスを作成↓(後ろに注目)
c0237163_13441394.jpg


物語の冒頭はアニメーションで、ディズニーワールドを楽しめます。
c0237163_13495544.jpg


王子、義母の手下とNYでジゼル捜索
c0237163_13542369.jpg


王子、ジゼルをやっと見つけ出す↓(後ろの親子は傍観)
c0237163_13514168.jpg


エドワードが愛の歌を歌い出すと、
ロバート:この人も歌うんだ・・・
ジゼル:そうよ♪

ロバートを敵だと勘違いするエドワード
c0237163_13525834.jpg


アニメーションだとまったく違和感のない「愛の歌」も
実写版になると浮きすぎでおもしろすぎる。

ジゼルとエドワード、デートでホットドックを食べるの巻↓
c0237163_13503667.jpg


出席した現代の舞踏会で、毒リンゴを食べさせられ意識を失うジゼル。
に、真実の愛のキスをするロバート。(王子のキスは効き目がありませんでした)
c0237163_13555653.jpg



そして、ジゼルとロバート、エドワード王子とロバートの元カノ という
真実の愛のカップル誕生です。

素敵~☆
浮世離れとはまさにこのことですが、とてもロマンチックでいいと思いマース。
日本語吹き替えもおもしろいよぉ。



ストーリー:
アンダレーシアの森に暮らすジゼルは怪物に襲われるが、エドワード王子に助けられ、2人は恋に落ち、結婚することに。
翌日、ジゼルが城に向かっていると、老婆に化けた王子の継母ナリッサ女王が現れジゼルを魔法の井戸に連れていき、彼女を突き落とす。シマリスのピップが助けを求めるが、ジゼルは井戸の底に落ちていった。ジゼル(エイミー・アダムス)が気がつくと、そこはアニメの世界ではなく現実のニューヨークだった。

■ 原題:ENCHANTED
■ 監督:ケヴィン・リマ
■ 脚本:ビル・ケリー
■ 出演:エイミー・アダムス/パトリック・デンプシー/ジェームズ・マースデン 他
■ 2007年 アメリカ ■ 108min 
■ 言語:English(日本語吹き替えあり)
【受賞】
・サターン賞:主演女優賞、ファンタジー映画賞、音楽賞
・放送映画批評家協会賞:ファミリー映画賞
・ゴールデン・トレイラー賞:アニメ・ファンタジー映画賞
・フェニックス映画批評家協会賞:ファミリー映画賞
[PR]
by oto_ichi | 2012-03-27 19:30 | ファンタジーコメディ
シンプル・シモン
さて、ブログ第一回記念すべき作品はこちら 北欧スウェーデンから。


c0237163_22365053.jpg


好き    ★★★★★
コメディ度 ★★★★
センス   ★★★★

今日から北欧映画の1週間

Tokyo Northern Lights Festival 2012 が始まりましたのです。

この作品はズバリ!好き!
出だしから引き込まれてしまった・・早っ
北欧ならではのPOPな映像と軽快な音楽でさらに女子のテンションは上がります☆

北欧映画って面白いけどけっこうシュール。
でもって暗いのはものすごい暗い・・・ど~ん。

シンプル・シモンは弟の障害と、シモンを取り巻く人達の人間模様をユーモラスでハートフルに描いた映画でした。
シモンはアスペルガー症候群なんだけども、この映画を知るまでそれがどんな障害なのか全く無知。

この公開を機にスウェーデン大使館でシンポジウムが開かれてて、それにも行きたいなぁと
思ったけどスケジュールが合わず断念。

毎日きっちり時間通りに生活するシモンと、それに合わせなきゃいけない家族・・・
さぞ大変だろう、そりゃ彼女もキレるわ。

でもそれを見守るお兄ちゃんと、憎めないシモンの宇宙船(これ何、ストーブ?)のやりとりが気に入りました。
私も姉とやってみたい。


c0237163_2372275.jpg


劇場未公開、DVD未発売なので
次いつ見れるのかわかんないけども 是非また見たい作品です。

(ノーザンライツフェスティバル2012 にて)



ストーリー:
シモンは宇宙と兄さんのサムが大好き。サムのガールフレンドのフリーダと、3人で暮らしている。
「アスペルガー症候群です、僕に触らないで」って書いてあるバッジをつけて、
規則正しく仕事場に通っている。ある日、フリーダが出て行ってしまった。
どうして!??シモンは元通りの日常を取り戻したくて、サムのために完璧な新しい恋人を見つけることにしたのだが…。


■ 原題:I rymden finns inga känslor/英題:Simple Simon
■ 監督・脚本:アンドレアス・エーマン(Andreas Öhman)
■ 脚本・製作:ヨナタン・ショーベリ
■ 製作:ボニー・スコーグ・フェーニー
■ 出演:ビル・スカーシュゴード/マッティン・ヴァルストレム/セシリア・フォシュ/ソフィ・ハミルトン
■ 2010年 スウェーデン ■ 83min ■ 言語:Swedish
【受賞】 2011年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭審査員特別賞
国内DVD未発売劇場未公開
[PR]
by oto_ichi | 2012-02-11 23:11 | ファンタジーコメディ


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧