ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
カテゴリ:サイコ・スリラー( 3 )
チャイルドコール 呼声


この子は私が守る

c0237163_12123259.jpg



サイコ度★★★★★
ストーリー★★★★
映像★★★★
どきどき★★★★★



独り息子と共に、暴力的な夫の元から逃げてきた一人の女性アナ
親子二人 ひっそりと身を隠して新たに生活を始める
c0237163_121265.jpg


息子のアンデシュは父親から暴力を受け
それ以来アンナは病的なまでに神経質になり 新しい学校への送り迎えをする
c0237163_1214068.jpg



授業が終わるのををじっと待っていると 学校側から追い出され
飛び乗ったバスで出会った男性ヘルゲ

アンネはすぐ近くの電気店へ立ち寄る

そこで目にしたもの
それは「チャイルドコール」
幼い子供の就寝中の安全確保のためのベビーモニター
その電気店はたまたまヘルゲの職場でもあった
c0237163_1222275.jpg



チャイルドコールを買って帰ったアンナはひと時の安心を得るが
混線したモニターからは虐待される子供の声が聞こえるようになる
c0237163_1241733.jpg



必死でわが子を守ろうとするアナ
c0237163_125418.jpg



ある過去を持つヘルゲ
c0237163_125144.jpg


そして観客

現実と妄想の境界線で揺れ動く心理に
観る側も息をのむサイコスリラー


 
* * * * *


今年も行ってきましたノーザンライツフェスティバル
北欧映画の一週間

おもしろかったー
去年 同監督の ネクストドア 隣人 もかなり怖かったけど
今回も終始ドキドキ

ネクストドアよりは画面が明るかったからちょっと精神的怖さは控えめだったかな

アメリカ版ミレニアムで話題になったノオミ・ラパス
プロメテウスにも出てて、いつもタフな役だなーと思ってけど
今回は繊細な母親役

真に迫った演技が、観てるこちらもドキドキハラハラ
c0237163_126667.jpg

c0237163_1261459.png




2013年3月30日より ヒューマントラストシネマにて公開です!
ちなみにネクストドア隣人もレイトショーで公開です


こちらはフランス版ポスターらしい
ちょー適当に訳しました

あなたの胸をえぐるようなノオミ・ラパスの真柏の演技!(みたいな) Paris Match

現実という旅の境界線にあなたは魅了される(的な) POSITIF

c0237163_11582871.jpg



監督のインタビュー記事はこちら

映画と。



■ 原題:BABY CALL
■ 監督:ポール・シュレットアウネ
■ 出演:ノオミ・ラパス(アンネ)/クリストファー・ヨーネル(ヘルゲ)他
 
■ 2013年 ノルウェー/ドイツ/スウェーデン
■ 言語:ノルウェー語 
■ 96min 
■ ノーザンライツフェスティバル2013にて鑑賞

【受賞】
・2012年 ノルウェーアカデミー(アマンダ)賞、初演女優賞、脚本賞 他


  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-14 19:57 | サイコ・スリラー
ブラックスワン
白か黒か

c0237163_14591862.jpg


サイコ度★★★
ダンス★★★


クラッシックバレエ大好きです。

生の舞台はもちろん、世界の一流バレエ団、バレエダンサーのドキュメンタリーなんかも見ました。
プレッシャーで押しつぶされそうになり、次第に追いつめられていくソリスト。
自分との孤独な戦いは想像出来るものではないだろうなと。

舞台の世界は厳しい・・・
稽古は休めないし、周りはみんなライバルで、怪我をしたり気を抜いたら終わり。

この映画で良かったのは、ウィノナ・ライダーが出てたことです♪
ウィノナ大好き♪
c0237163_1501754.jpg



全体的にダンスシーンやレッスン風景、舞台裏などが多いので
ストーリーは(私は)不可解なところもありましたが、
バレエ好きになら映像は楽しめるかと。


主人公ニナは一流バレエ団のダンサー。
c0237163_1511623.jpg


元バレリーナの過保護な母親と、
ぬいぐるみに囲まれた子供っぽいとも言える部屋で生活している。
c0237163_1514412.jpg



新シーズン、トマスの演出で新たな「白鳥の湖」のオデット役に抜擢されたニナだったが、
純粋でもろく繊細なオデット(白鳥)にははまり役でも、
c0237163_1521338.jpg


妖艶で王子を魅了する官能的なオディール(黒鳥)には役不足だった。
c0237163_152307.jpg



ニナとは対照的な魅力と 華麗なダンステクニックを保つライバル、リリー。
c0237163_1524477.jpg



リリーが代役に決まったことで、ニナの焦りと緊迫感は、次第に精神の均衡を崩していく。
c0237163_1532060.jpg



ラスト、常軌を逸したニナの、狂気に満ちたソロはすごい迫力でした。
CGですが、腕から黒い羽が生えてきてバッサバッサ羽ばたく演出は美しかった。
(写真はポスター用です)
c0237163_154612.jpg



以前見た、ワガノワバレエ学校のドキュメンタリーでは、
入学テストから卒業までの様々な年齢の少女達がピックアップされていた。


折れてしまいそうな程、細い身体に、さらに食事を制限する少女。
足の痛みに耐えながら踊る少女。
背が高くなる可能性があると、落とされる少女。
遺伝的に太る可能性があると、不合格になる少女。
世代交代。

ダンサーの世界は階級制。
少女達は、子供の頃から選別され、過酷な競争社会で生きていく。

そしてダンサー生命は短い。
女性は38歳~40歳で引退。

女性としては成熟し、まだまだ人生の真ん中である。

それだけ彼女たちは、バレエに青春と人生の全てを賭けているのである。




ストーリー:
ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス共演の心理スリラー。
ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ポートマン)は、元バレリーナの母とともに、
その人生のすべてをダンスに注ぎ込むように生きていた。
そんなニナに「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが巡ってくるが、
新人ダンサーのリリー(クニス)が現れ、ニナのライバルとなる。
役を争いながらも友情を育む2人だったが、やがてニナは自らの心の闇にのみ込まれていく。


■ 原題:BLACK SWAN
■ 監督:ダーレン・アロノフスキー
■ 出演:ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/ウィノナ・ライダー 他
■ 2010年 アメリカ ■ 108min 
■ 言語:英語
■ R15

【受賞】
2010年 アカデミー賞 主演女優賞、監督賞、撮影賞、編集賞
2010年 ヴェネチア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(ミラ・クニス)
2010年 LA批評家協会賞 撮影賞
2010年 ゴールデングローブ賞 女優賞
2010年 放送映画批評家協会賞
2010年 インディペンデント・スピリット賞
他多数

※映画賞概要はコチラ






    
[PR]
by oto_ichi | 2012-05-03 19:57 | サイコ・スリラー
隣人

穏やかな雪国 北欧ノルウェーで2005年公開のこの映画。

これは恐い・・・恐かった。

いや、だってコレ見て。
ポスターからして恐いですから。。

c0237163_20235328.jpg


サイコ度 ★★★★★
映像美  ★

ジャパン・プレミアってことは近日公開予定?
(※ジャパンプレミアって日本初公開って意味で公開予定というわけではないそうです)

しかし日本ではR18も危ぶまれ、本国ノルウェーでも17年ぶりにR指定を受けたという、この内容。
うなづけます。。

概要は、平凡?なサラリーマンらしき男性が隣の美人姉妹に誘惑されて
そしたら大変な事になっちゃうっていう 「美人に注意!」なサイコ・スリラー。

主人公ヨーンさん(右)、妹に誘惑されるの図↓
c0237163_20331248.jpg


そして いったい何部屋あるんですか?ってくらい広いアパートメント。
それだけでも恐いわ。

ちょっと最初は(なぬ?え?なにが?)って意味が理解出来なかったんだけど
後々 ほほぉ~という展開に。(全く伝わらないと思います、すいません)

いきなり綺麗な女性に「隣に住んでるんだけど、重いもの運んでもらえます?」って言われたら
それは男子なら行っちゃうかもしれないですわね。
でもこの美人が「どうせやる事ないでしょ」とか言っちゃって、高飛車なところで考え直した方がいいと思うよ。

一回痛い目にあっても(おいおい!また行くんかい!)って
3回くらいお部屋に行っては都度閉じ込められて恐い思いするヨーンさん。

でも妹のお部屋(汚ギャル?)ってくらいグチャグチャですから。

ひやぁ~・・恐っ・・・って思いながら見てた中盤、
知ってるオジサマ俳優登場!(ほら、私 名前覚えられないから)

まるで、迷子になった知らない土地で 偶然にも知り合いじゃないけど商店街のオジサンがいて
すごいホッとしちゃった感じの安心感を覚えてしまった。。(でもこの人も恐い人だった)
そしてちょっと若かった。

それがこのオジサマ ミカエル・ニクヴィスト、スウェーデンの俳優さん。
c0237163_20471713.jpg



今話題の「ドラゴンタトゥーの女」、原作 スウェーデン版ミレニアム 3部作で主役のライターやってたから覚えてた。

ちなみにアメリカ版は見てないけど、絶対スウェーデン版の方が恐いと思っている。。
ミレニアム3部作あったけど、第1部があまりに恐くて続き見るの止めたもんね。
見る機会があったらアメリカ版も見てみます。
このオジサマ、「北京から来た男」にも出てました。有名なんだろうな。

本題の作品のストーリーは意外な結末なんだけども、
恐いながらも最後はヨーンさんの繊細さにちょっと同情してしまいました。
そしてあの姉妹はいったい誰なんだ・・・

興味があったら見てみてください。
ドアベルが恐くなるよ・・・

(ノーザンライツフェスティバル2012 にて)



ストーリー:
恋人にフラれて傷心中のヨーンは、ある日“隣人”だという女性アンネに、部屋の家具を動かしてほしいと頼まれる。部屋に行くと、彼女の妹だというキムがおり、2人は別れ話の一部始終を壁越しに聞いていたという。まるで自分を試すかのように、傷口に塩を塗るようなことを容赦なく言ってくる謎の姉妹。それを機に、ヨーンの日常は少しずつ歪み始める……。

■ 原題:Naboer/英題:Next Door
■ 監督:ポール・シュレットアウネ(Pål Sletaune)
■ 出演:クリストファー・ヨーネル/セシリー・A・モスリ/ジュリア・シャハト/ミカエル・ニクヴィスト
■ 2005年 ノルウェー/デンマーク/スウェーデン ■ 75min ■ 言語:Norwegian
【受賞】 2005年アマンダ賞最優秀主演男優賞
(ジャパンプレミア)
未成年者の観覧に適さない暴力的・性的な描写があります。

詳しくはこちらをクリック
[PR]
by oto_ichi | 2012-02-12 21:36 | サイコ・スリラー


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧