ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
タグ:アメリカ ( 47 ) タグの人気記事
天使の処刑人 バイオレット&デイジー


それほどアクションはないよ

c0237163_1445912.jpg




ストーリー ★
アクション ★
映像    ★★


ティーンシジャーの女の子、バイオレットとデイジー
2人はプロの殺し屋
c0237163_1411294.jpg


ボスから電話で依頼を受け、ターゲットなる「殺す相手」のところへ
さまざまな返送して出向いては仕事をする
c0237163_14112261.jpg


相手は見るからに悪党が多い
ある日「自分を殺してほしい」という依頼を受け一度は断るが
新作ドレス欲しさに受けることにする
c0237163_14114769.jpg


不意打ちでもなく、トリックもいらないごくごく簡単な仕事のはずだったのに
行ってみるると、そこには丸腰の気の良さそうな男
さらに男は別の殺し屋にも狙われているという

男と過ごすうち彼女たちの「殺し」への意識に変化が・・・

c0237163_14121181.jpg



*   * * * *

試写会で観てきましたー

ごめん、つまんなかった…..(私はね)
というか全体のストーリーとかまとまりがなくてよく意味がわかんなかった

バイオレンス・アクションのくくりらしい
確かに最初は血なまぐさいところもありますが、現実味がなさすぎて話に入れなかった
ところどころ「若さゆえ」を出したかったのか、監督の嗜好なのか悪趣味な部分あり

若い女子⇒殺し屋 という設定はアリだとしても
全体的に中途半端な印象
女子感を出したいなら、フランシス・コッポラ的なもっと思いっきりポップな感じにしてみてはいかがだろうか?
がしかし、映像の色味は青緑っぽく二人の印象的なブルーの瞳を強調している
シュールでノスタルジックな感じはよかった

デイジー役のシアーシャ・ローナン、どっかで見たことあるなぁと思ったら
以前書いた「ラブリー・ボーン」で小児性愛者に殺される少女スーザンだった

あの映画もふわっとしすぎてていまいちだったな~



10/12(土)より新宿シネマカリテにて公開
c0237163_1414386.jpg




■ 原題:VIOLET & DAISY
■ 監督:フェフリー・フィッチャー
■ 出演:シアーシャ・ローナン(デイジー)/アレクシス・ブレデル(バイオレット)他
■ 2011年 アメリカ
■ 言語:英語 
■ 88min 
[PR]
by oto_ichi | 2013-10-09 19:03 | バイオレンス・アクション
ローン・レンジャー

やられたらやり返す!西部の時代も10倍返し

c0237163_12421262.jpg



アクション度★★★★★
ストーリー★★★★
コメディ★★★★★
ファンタジー★★★★★
好き★★★★★



西部開拓時代のアメリカ
自分たちの土地を守ろうとする原住民(インディアン)と開拓を進める白人たちの争いは絶えない

正義感あふれる若き検事ジョン・リードは白人の無法者ブッチに尊敬する兄を殺され、自分も傷を負い生死をさまようが
真の勇者を死からよみがえらせることの出来る力を備えた白馬がジョンを選び、原住民で最後の悪霊ハンター、トントに助けられる
c0237163_12425553.jpg


c0237163_12435583.jpg


そして二人と1頭は
悪党ブッチ、悪徳開発業者レイサム・コールを倒すため
戦いに挑む

正義は勝つのか?!
c0237163_12442396.jpg



*   *    *    *    *

いやー3か月ぶりの投稿です
なんか忙しくて映画を見に行くヒマというか時間がゆっくり取れませんでした!


さて、
昔の人気TVドラマの映画化ということもあって母が観たがったので行ってみたら
いや~おもしろかった
ジョニーも大好きだけど、内容も期待以上におもしろかった


2時間9分の上映時間、若干私には長かったけれども
後半の時代劇にも通じるような巻き返しが気持ちいい
ローン・レンジャーが登場するテーマ曲
「ウイリアムテル序曲」がかかると運動会の様な盛り上がり
私たちの世代には「オレたちひょうきん族」のオープニングソングだったけど
それを払しょくするほどのインパクトだった

まさに夏休み映画、ザ・エンターテインメントの要素たっぷり
白馬が列車の上を滑走し、ピンチになっても主役は絶対死なない
ユーモアたっぷり迫力満点
お子様から大人まで安心して鑑賞できますよー
c0237163_1245359.jpg


西部劇っておもしろいですねー
よく父が観てたのを思い出した

女優陣もいい味出してる
c0237163_1247461.jpg


最近、重いテーマや暗い映画って見なくなったなぁ
年取るとお気楽なのがいいわー

c0237163_12505383.jpg




■ 原題:THE LONE RANGER
■ 監督:ゴア・ヴァービンスキー
■ 出演:ジョニー・デップ(トント)、アーミー・ハマー(ローン・レンジャー)、ルース・リルソン(レベッカ・リード)他
■ 2013年 アメリカ
■ 言語:英語 
■ 149min 



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
[PR]
by oto_ichi | 2013-08-20 18:58 | ファンタジーコメディ
ブロークバックマウンテン
こんなの好きなのに

c0237163_14271062.jpg



ストーリー★★★★★
映像★★★★★
音楽★★★★
抒情的★★★★★



保守的なアメリカ西部 
同性愛はご法度の時代

1963年 夏、イニスとジャックはブロークバックマウンテンで羊番の仕事を請け負う
二人きりで山に籠り、夜になると一人は別の場所で羊番をする
c0237163_14275410.jpg

c0237163_14273220.jpg



初めは寡黙な二人だったが次第に打ち解け
ある夜泥酔したイニスはそのまま外で寝てしまう
夏とはいえ夜は震えるほどの寒さに、ジャックはイニスをテントへ入れる
c0237163_1428299.jpg



明け方、二人は自分たちでも予想できない感情に突き動かされ
身体の関係を持ってしまう


自分はゲイじゃない 
わかっているものの、肌を合わせる度にお互いにかけがえのない存在となっていく


羊番の仕事が終わり、山を下り別れの時
何事もなかったように別れる二人
だが、ジャックのトラックが走り去った後、嗚咽しながら泣き崩れるイニスが印象的

その後4年の間、二人はそれぞれ家庭を持つ 夫 となっていた
イニスは婚約者のアルマと結婚 娘を2人持つ父親
c0237163_14304476.jpg



ジャックもまたラリーンと結婚し息子がいる
c0237163_14305595.jpg



ある日、ジャックから 会おう と葉書が届く
c0237163_14315828.jpg

胸高なるイニス
目の前に現れたジャックに抱擁し
気持ちを抑えれきれないイニスはその場で激しいキスをしてしまう
その光景を目撃してしまい愕然とするアルマ

この再会を機に毎年 釣り旅行という名目で大好きな山で逢瀬を重ねる二人
黙って見送る妻

どうしようもない感情と愛と葛藤
そして後ろにはそれを見守る美しい山々
お互いがお互いをあきらめきれず 
20年に渡って苦悩する禁断の愛の物語


* * * * *

観ましたか、これ?
ボーイズラブ♪ 
c0237163_14353554.jpg




録画予約してたら、プログラムを読んでいた母が後ろから
あなた好きねー、こういうの

いいじゃないか
これは純愛なんです 純愛


若い男二人、山の中、二人だけ・・・
二人っきり・・・・そうなっちゃうんだ
そういうこともあるのか


もともと生まれつきそうでない人も
その世界へ行ってしまうってのはよく聞きますね あ、聞かないですか?

でもこれって、やっぱり見た目がいい者同士だから絵になる訳だけどね
いやー役者さんてすごいですね

私のお気に入りに入っているゲイの人のブログを読むと
ものすごい美形なのにゲイかー!もったいない!って人はいっぱいいるらしい
ゲイは見た目命よっ!って
見た目8割どころの話じゃない10割増しよ!
やたらおしゃれとか、女性に対してまったく連絡先聞いてこないとかは
100%ゲイよっ!って

は!映画のブログだった

アン・ハサウェイって全部のパーツが大きすぎないですか?
なにこれ、変なあたま
c0237163_14332166.jpg



イニスの奥さん、アルマ役のミシェル・ウイリアムズ
でたー
また薄幸な役どころ
悩める奥様をやらせたらピカイチ☆
かわいい・・・
誰か幸せにしてあげて
c0237163_14334554.jpg





つまるところ、同性愛とは言っても 根底は愛であり
普通の恋愛と何一つ変わらないということ


c0237163_14351962.jpg





■ 原題:Brokeback Mountain
■ 監督:アン・リー
■ 出演:ヒース・レジャー(イニス・デル・マー)/ジェイク・キレンホール(ジャック・ツイスト)/
ミシェル・ウィリアムズ(アルマ)/アン・ハサウェイ(ラリーン・ニューサム)他
 
■ 2005年 アメリカ
■ 言語:英語 
■ 134min 
■ CS放送にて鑑賞

【受賞】
・2005年 アカデミー賞(監督賞、脚色賞、作曲賞)
・2005年 ゴールデン・グローブ賞(監督賞、脚本賞、歌曲賞)
 2005年 ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞
 2005年 NY批評家協会賞 (作品賞、男優賞、監督賞)
他多数
  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-22 19:22 | ヒューマンドラマ
ザ・フューチャー
先のことなんてわかんない

c0237163_169271.jpg



ストーリー★★★
映像★★★★
音楽★★★★
意外性★★★★


ソフィーとジェイソン 35才
つき合って4年 楽しく二人で暮らしてる
c0237163_1610120.jpg



ある日二人は怪我をした野良猫をシェルターに送り届ける
治療をして30日後に引き取りにいかないと処分されてしまう
c0237163_16102468.jpg

パウパウという名前をつけ、その出会いをきっかけに
ふたりの これから に変化が訪れる


パウパウを引き取るまでの30日間で僕たち何ができる?
c0237163_1611218.jpg



ソフィーの場合
インターネットを解約
いやいややっていた仕事を辞める
30日間で30個のダンスを創る
c0237163_16111719.jpg



ジェイソンの場合
在宅のサポートデスクの仕事を辞める
偶然通りかかった環境保護団体のボランティアを始める
c0237163_161299.jpg



しかしことは早々うまくは運ばない


ダンスを思いつかないソフィー
それどころかパウパウの様子を見に行ったシャルターで
マーシャルという年上の男に出会い惹かれ始めてしまう


ジェイソンい至っては
訪問販売しても誰も地球のために木なんか買ってくれない

壊れた電化製品を治す名人の家で気づいた
「まだ始まったばかり」の人生


そこに留まることも一つの選択
これから という変化を求めて動き出すのもまた もう一つの選択
そしてパウパウの運命は・・・


* * * * *
ソフィーの変なダンスをもっと観たい感じ
全体的にファンタジックで少々難解
洋服もなんか変てこりんの様な、かわいいような

ソフィーが惹かれるマーシャル(おっさん)は個人的にちょっと気持ち悪い
人の好みってわかんないもんだ

ミランダ・ジュライの他の作品も観てみたい気がする
全体的に印象薄め

映画の前にお友達と食べたランチとシュークリームが美味しかったのと
映画の後にお茶したときの オーガニックオレンジエイドが美味しかったので
あ、今日 映画観たんだった って感じの ふわっとした一本




■ 原題:The Future
■ 監督:ミランダ・ジュライ
■ 出演:ハミッシュ・リンクレイター(ジェイソン)/ミランダ・ジュライ(ソフィーとパウパウ)/
デヴィッド・ウォーショフスキー(マーシャル)/
) 他
■ 2011年 ドイツ/アメリカ
■ 言語:英語 
■ 91min 
■ イメージフォーラム



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/

[PR]
by oto_ichi | 2013-02-08 20:08 | ファンタジー
グリーンマイル


こんな時代にこんな人道的な刑務所あったのかな
c0237163_15442536.jpg




ファンタジー★★★★★
ストーリー★★★★
コメディ★★★★
キャスト★★★★★


またまたさらに古い
はい、お正月にCSで観ました
3時間 長い!
2日かけました

もっと暗いかと思ってたけど、笑える場面もけっこうあっておもしろかった


1935年、大恐慌時代のアメリカ とある刑務所死刑囚舎房
死刑囚が電気椅子まで最後に歩む緑のリノリウムの廊下はグリーンマイルと呼ばれていた
c0237163_1633284.jpg

c0237163_1634531.jpg


そこで看守を務めるポール(トム・ハンクス)
副主任のブルータル(デイヴィッド・モース)はじめ頼れる部下がいる
c0237163_161692.jpg


かしかし、州知事の甥である新人パーシー(ダグ・ハッチソン)だけは横柄で仲間からも気われていた
この人こういう役多い
c0237163_1612373.jpg



ポールは「囚人を興奮させてはならない」など 規則をもとに彼らを人道的に扱うが
バーシーは自分の持っているコネクションを利用し上司にも囚人にも傍若無人に振る舞う




ある日、二人の少女をレイプして殺害したという黒人の大男コフィーが送られてくる
その大きさはトラックのタイヤも沈むほどだ
c0237163_15483075.jpg



しかし男の性格は大人しく、臆病で物静かだった
c0237163_15484156.jpg

c0237163_15501399.jpg



ポールはその頃、尿道炎にかかっており激痛で倒れてしまう
その時コフィーは不思議な力を見せポールを治してしまった
c0237163_15491995.jpg

c0237163_15493164.jpg



同じとき、上司の妻が脳腫瘍に侵されており コフィーの力を知ったバーシー以外の全員は
クビを覚悟でコフィーを上司の家へと連れ出すのだった


時代背景と、当時の死刑制度が電気椅子など 暗く残酷な映像がありながらも
ユーモアも交えて奇跡を描いたファンタジードラマ
脇役人も素晴らしい

個人的にポールの愛弟子役デヴィッド・モース(真ん中)がお気に入り
c0237163_1661967.jpg


おまけ
この人出てた 現 CSI NY マック・テイラー捜査官(ゲイリー・シニーズ)
堅物検事の役
c0237163_15521966.jpg





うるうる感動ストーリーと思ってみると、想定外にショッキングなのでご注意を





■ 原題:THE GREEN MILE
■ 監督:フランク・ダラボン
■ 出演:トム・ハンクス/デヴィッド・モース/ボニー・ハント/マイケル・クラーク・ダンカン/
ジェームズ・クロムウェル/マイケル・ジェッター 他
■ 1999年 アメリカ
■ 言語:英語 
■ 188min 
■ CS放送にて鑑賞

【受賞】
・1999年 アカデミー賞(作品賞、助演男優賞、脚色賞、音響賞)
・1999年 ゴールデン・グローブ賞(助演男優賞)
他多数
  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-05 19:44 | ヒューマンドラマ
シャッターアイランド
 


これは現実か非現実か


c0237163_14264151.jpg



サスペンス★★★★
ストーリー★★★
レオ★★★★★


はい、古い映画です
みなさん観ましたか?

私はお正月にCSでやってたので今回初めて観ました
年始にしては暗い映画だったな・・・
なんでこれお正月のイチオシ映画にしたんだろ ザ・シネマの人


さて、ストーリー

時代背景は1950年代半ば
服装などレトロ感は楽しめますが、この時代の独特の陰鬱さもありますね・・
でもCG率が高いので、そのいい感じの古さが壊れちゃうんだよなぁ

レオのネクタイすごいですね
c0237163_14323822.jpg




舞台はボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島 “シャッターアイランド”

ここには精神を患った犯罪者を収容する病院があり、ものすごく厳重な監視の元 患者たちは生活している

ある日、レイチェルという女性患者が姿を消し その真相を探るべく
連邦保安官テディ(レオ)と相棒チャックは島に渡る
c0237163_1433222.jpg


怪しい医者
c0237163_14392423.jpg




嵐の中 島に着き、患者たちへ聞き込みをするが患者たちは口を割らない
そして”レディス”という名の男が浮上する
c0237163_14331749.jpg


暴風雨の中捜査
c0237163_14391051.jpg


レオの奥さん役は テイク・ディス・ワルツのミシェル・ウイリアムズ
昔からカワイイわ~
c0237163_14382298.jpg



巷では評価が悪いみたいだけど、
個人的にはレオが好き、サスペンスが好きだからかも私は嫌いじゃない
ちょいちょい前後関係がわからなくなり???となるものの
誰が見方で誰が敵なのか?みたいなスリルあり

レオったら 大人になったわ~ となんだか微笑ましくなります



ストーリーは途中で (もしやこの展開はアレだな?) と予想がつき
謎解きというよりも うーん ドラマ?として観る方がおもしろいんじゃないかしら

あえて言えば、あの ニャンコパンーチ のミッキー・ローク主演「エンゼルハート」(1987年)ぽいかな


レオの最後の言葉

モンスターとして生きるか 善人として死ぬか

がちょっと侍っぽいですね


あ、レオばっかりで映画がつまんない感じの紹介になっちゃった
のでサービスショット

行進中で手がちょっとカワイイレオ
c0237163_14435658.jpg


ご機嫌でイエーイなレオ
c0237163_14443195.jpg


歩きながらパスタを食べるレオ
カレーうどんに見えるけどこれパスタ
c0237163_14431265.jpg





最後大サービス!!

裸のレオ
c0237163_14395940.png



以上
off写真は、レオちゃんニュースより掲載しました





■ 原題:SHUTTER ISLAND
■ 監督:マーティン・スコセッシ
■ 出演:レオナルド・ディカプリオ(テディ・ダニエルズ)/マーク・ラファロ(チャック・オール)/
ベン・キングズレー(ジョン・コーリー医師)/ 他
■ 2010年 アメリカ
■ 言語:英語 
■ 138min 
■ PG12
■ CS放送にて鑑賞



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-01-31 20:27 | サスペンス
恋のロンドン狂騒曲

それぞれの男女 恋の行方は?


c0237163_16455212.jpg



コメディ★★★★
映像★★★


最初は2組それがいつのまにか4つの恋へ分かれ・・・
ストーリーはシニカルにコミカルにどんどん進んでいく


アルフィとヘレナ
c0237163_16465551.jpg

40年連れ添った夫婦だったが、ある日突然夫アルフィは夜中に目覚める

死の恐怖におののいたアルフィは若返りを目指し、妻を捨て
半分以上年下のイケイケコールガールに入れあげる

新妻↓
c0237163_16476100.jpg


c0237163_16472572.jpg



そのショックでヘレナは自殺未遂を起こし、精神不安定になる
そしてインチキ占い師の元へ救いを求め通うようになる

そこでの収穫を毎回娘サリーの元へ持ち帰り、義理の息子ロイにもうんざりされている
c0237163_1648869.jpg



しかしヘレナもスピリチュアルな会でちょっとした出会いが・・・
c0237163_16482586.jpg




サリーとロイ
一人娘のサリーはそんな占いにかぶれた母を心配しつつも、気が休まるならと見守っている
c0237163_1650246.jpg



夫のロイは医学部を出たものの 医者にはならず
処女小説で一躍脚光をあびたのをいいことに自称小説家となる

それ以降はぱったりで 今ではただの一発屋

そんな夫に愛想を尽かしていたサリーが、新しい職場のギャラリーで出会った
セクシーオーナー、グレッグに密かな恋心を抱き始める

濃い・・・
c0237163_16514552.jpg



一方、毎日出版社からの宛のない電話を待つロイは
自宅の窓から見える向いのアパートに、エキゾチックな美しい女性ディアを見かけ
次第に夢中になっていく・・・

隣のアパートの部屋を覗くロイ
c0237163_16502168.jpg



彼女をうまくお茶に誘い出し口説くロイ
はたから見るとけっこうな気色悪さだが、ディアはまんざらでもない様子
男と女はわからんもんだ
c0237163_16505718.jpg



幸せになりたいだけなのに
懲りないダメ可愛い大人達が繰り広げる協奏曲に思わず苦笑


公開初日に観たのにUPはずいぶん遅くなっちゃった

賛否両論あるけど私はけっこう好き
浮気、不倫、年の差婚、スピリチュアル
悲劇なのか喜劇なのがよくわかんない大人のラブコメ

ユーモアとブラックユーモアがちょうどいい感じ

ナオミ・ワッツが素敵





■ 原題:You will Meet A Tall Dark Stranger
■ 監督:ウディ・アレン
■ 出演:アントニオ・バンデラス(グレッグ)/ロジャー・アシュトン・グリフィス(ジョナサン)/ジョシュ・ブローリン(ロイ)/ポーリーン・コリンズ(クリスタル)
アンソニー・ホプキンス(アルフィ)/ジョマ・ジョーンズ(ヘレナ)/フリーダ・ピント(ディア)/ルーシー・パンチ(シャーメイン)/ナオミ・ワッツ(サリー)他
■ 2012年 アメリカ/スペイン
■言語:英語 
■ 98min 
■ 日比谷シャンテにて


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/

[PR]
by oto_ichi | 2013-01-20 19:57 | コメディ
96時間 リベンジ

こんなつおいオヤジは見たことない!


c0237163_1433747.jpg



バイオレンス★★★★★
スピード感★★★★
スリリング★★★★★
ダーティ度★★★★
なんでもあり★★★★★


久々の更新です
何本か観ましたが記事にできてなーい
ということで
まぁいっか


先日大雪の中、映画の日でチケットを撮っちゃったので観てきました
特に観たいと思っていた映画じゃなかったけど、友達と遊ぶ約束が雪でダメだこりゃとなり
じゃぁ映画でも観るかということで、選んだのがこちら

あ、完全ネタバレしますのでこれから観たい方はご注意ください



2008年公開の「96時間」の続編だとは二人ともつゆ知らず
どれどれと観に行ったら、これがすごいおもしろかった!!

あとから気づいた ひゃだ!リュック・ベッソン!
やっぱおもしろいね リュック師匠


全編を軽くご紹介
(※ほぼコピペ)

c0237163_1462091.jpg

アメリカ政府の秘密工作員として家庭を顧みずに幾多のミッションをこなしてきたブライアン・ミルズ。
現在は一線を退き、ボディガードのバイトなどで小銭を稼ぎながらカリフォルニアで孤独な日々を過ごしていた。
そんなある日、別れた妻レノーアと一緒にひとり娘キムの17歳の誕生パーティーが開かれ、ブライアンもお祝いに訪れる。
やがて、親友アマンダと海外旅行へ行きたいというキムに押し切られ、不安ながらもパリ行きを承諾するブライアン。
しかし、彼女たちの滞在するアパルトマンに突然謎の一味が乱入し、アマンダが拉致された。
さらには、愛娘キムも一味に連れ去られてしまう事態に。
ブライアンはかつての自分を甦らせ、キムの奪還と犯人への復讐を決意。
事件発生から96時間を過ぎると被害者の救出が不可能という事例データを念頭に
単身パリへ飛び、長年培ったスキルを活用しながら捜索を開始する。
そして、キムたちをさらったアルバニア系の人身売買組織の中枢へ怒濤のごとく踏み込んでいく…


というお話の続編が今回の内容です


冒頭、マフィアの一員みたいな男たちが7、8人殺される映像で始まり(たぶん前回のやつ)
お葬式in アルメニア
どうやら息子を殺された父親らしいジジイ(ムラド)が家族に復讐を誓う

ジジイ↓
c0237163_1464724.jpg


いや待てよ?
もともと息子がブライアンの娘を拉致したからやられ(殺られ)ちゃったわけで
そこは棚に上げて復讐するのはちょっと筋が違う

一方ブライアンはボディーガードの仕事でイスタンブールへ来ていた
そして仕事を終えた彼は、別れた妻レノーアと娘キムも呼び寄せてしばしのバカンスを楽しむ予定だった
c0237163_1473248.jpg



しかしムラドのジジイはまんまとブライアンを見つけ出し、レノーアも一緒に男たちに拉致されてしまう
捕まったブライアンはジジイに尋ねる

c0237163_1475396.jpg


なんで俺を追う?
-お前は俺の息子を殺した

お前の息子が俺の娘を誘拐しようとしたからだ
お前の息子は少女を何人も誘拐して破滅させた最悪の奴だ

-お前の娘は生きている。俺の息子は死んだ、もう声も聴けない



このジジイ どうしようもないアホじゃないだろうか


知らずに一人ホテルに残されたキム
捕まる直前にブライアンはキムに電話をし、米国大使館へ避難するように指示するが
さすが元CIA秘密工作員の娘、勇敢で頭がよろしい

c0237163_1483318.jpg


パパとママを助けるべく駆け回る

c0237163_1485586.jpg

c0237163_14956.jpg

とうとうキムも追い詰められ悪党に殺されそうになったとき・・・

パパ キターーー!

アメリカ式ナイスタイミングで
見事2発 悪い奴はやられ(殺やれ)ました

たぶん見どころの一つと思われるすごいカーチェイスのあと
キムは無事に大使館へ保護

そしてブライアンは前妻レノーアを助けるため単独で悪のアジトへ乗り込んでいく
c0237163_14102928.jpg


このオヤジめちゃんこ(死語)つおい
ドキドキハラハラはするものの、降りかかる敵を次々ボコり
ばったばったと倒していく


怖いお兄さんも半べそ
c0237163_14105130.jpg


兄ちゃんに何するんだー!(速攻でやられます)
c0237163_141126.jpg


ゴキッ!
c0237163_14111847.jpg


あっちゃこっちゃに撃ちまくる
c0237163_14113439.jpg



最後までジジイの護衛をしていた悪党と戦うときは拳銃なし
カンフーなみのアクションで大人のマジゲンカ

その悪い奴もとうとう倒して、ビビるジジイ

さて次はお前だジジイ覚悟しろ

c0237163_1413357.jpg



すでにブライアンの手中にあるジジイ
しかしブライアンはジジイに協定を申し出る

ここでジジイを殺すとその息子がまた復讐しにやってくる
そんな生活は金輪際お断り
そこで、もう自分と家族に手出しはしないと約束すればジジイの命だけは助けてやる
と拳銃を置きジジイに背中を向けて去ろうとする

しかしジジイは最後まで卑怯なジジイであった

後ろを向いたブライアンに銃口を向けて放った一発


カチッ


弾は装填されていなかった

せっかく命拾いできたのに見事に裏切ったアホなジジイ
やっぱりな的なドヤ顔で振り返るブライアンに
いとも簡単にやられ(殺られ)ちまいました

悪い奴は全滅し、観終わったあとは何となく爽快感♪



という女子及びデートには向かないかもしれない一本をご紹介しました

パート1も是非観たいね
あえてお金払ってDVDとか観ないけどね
やっぱCSよね

今回学習したこと
怖い人たちは世界共通でメル●デスに乗っている


海外刑事ドラマの観すぎで
拳銃の種類を少しずつ見分けられるようになった今日この頃です



■ 原題:TAKEN 2
■ 監督:オリヴィエ・メガトン
■ 制作、脚本:リュック・ベッソン
■ 出演:リーアム・ニーソン(ブライアン)/マギー・グレイス(キム)/
ファムケ・ヤンセン(レノーア)/ラデ・シャルベッジア(ムラド) 他
■ 2012年 アメリカ
■言語:英語 
■ 92min 
■ TOHOシネマズ六本木にて



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-01-15 20:03 | バイオレンス・アクション
ラブリー・ボーン


逝くものと残されるもの


c0237163_144456.jpg



ファンタジー★★★★★
映像★★★
スリル★★★



なんとなくニュージーランドというのに惹かれて観てみた
※結末が書いてあります


んー つまんないところとおもしろいところとあって でもちょっと飽きちゃった

最初が長すぎで何回も 
(もうやめようかな~ CSI観ようかな~)とリモコンを何度も手にしつつ観た
ブログも書こうかどうしようか迷った


基本的に、CG映像ガッツリのファンタジーは観ないけれど
この映画はサスペンスの要素も含んでいたのでそこだけは楽しめた
ぶーぶー言ってる割にはドキドキした


ストーリーは
愛情深い両親と可愛い妹弟
大好きな家族に囲まれ楽しい毎日を送っていた14歳の少女 スージー・サーモン

c0237163_1422552.jpg

c0237163_142153.jpg



好きな上級生からデートの申し込みに胸をときめかせていた冬のある日
彼女は近所に住む小児性愛社の男によって命を奪われてしまう
c0237163_1423671.jpg



この犯人のおっさんがまたキモイ
c0237163_143256.jpg



自分の死に気づかない彼女だったが、少しずつ自分のおかれている状況を理解し、残され苦しんでいる家族を見守っていく
c0237163_15282544.png



一方 愛娘を失った家族は悲しみに暮れ次第にバラバラになってしまう

父親は犯人捜しに執拗になり、母親は自責の念かから出て行ってしまう
c0237163_15283945.jpg

c0237163_15285082.jpg



この様な展開で毎回思うことは
子供を一人失ったとはいえ、まだ二人の子供が居る
しかも弟の方はまだまだ幼い

私は母親になったことがないからその辺は理解しようがないが
他の子ども達を残して、自分独り出て行くことは出来るものだろうか?
苦しんでいるのは子供も同じだ

あの世から見守るだけのスージーには何も出来ない

そして彼女はまた 犯人の男の様子も見ることが出来る
彼女を通して事件の真相が明らかにされていくが
ファンタジーとは思えないような どす黒い大量の血から
恐らく残忍な殺され方をしたであろうことが伺える

犯人に反省の色はなく、しかもスージーの他にも何人もの少女が犠牲となっていた

未だにその男は野放し状態で、彼の行動を怪しみ始めたスージーの妹にも手にかけようとしていた

その辺のやりとりはスリリングでファンタジー映画ということを一瞬忘れてしまう程

スージーの遺体は、男の家の小さな金庫に入れられており
男はそれを毎日地下室で眺めては妄想にふけっていた


父親は近所の男が気になり始め、庭仕事を手伝う口実で近づいた
そして男が縄で枝をきつく締める際に見せた 恍惚の表情 を見逃さなかった

(こいつ もしや・・・)と思い始めるが何せ証拠がない
c0237163_15311792.jpg



命の危険を冒しながらもスージーの妹は証拠を掴かみ、警察がかけつけるも間に合わず
男は寸でのところで逃げてしまい
すでに埋め立てが決まったゴミ処理場に駆け込み
スージーの入った金庫を投げ棄てる

そして彼女の遺体は永遠に発見されないこととなる

男はまんまと逃げ
新天地で新たな標的となる少女を見つけるものの
誘拐は失敗に終わったところで
崖から足をすべらしあっけなく死んでしまうのである


この物語の焦点は犯人への制裁、遺体の発見など
クライムサスペンス的な要素ではなく 
あくまでも残されたものたちへのメッセージ性が隠されているようである


しかし、135分という長さと テーマがもちゃっとしており
スージーは永遠に見つからない
犯人は勝手に死んでしまう で

見終わったあとは
なんとなく消化不良の残る結末であった




■ 原題:The Lovely Bones
■ 監督:ピーター・ジャクソン
■ 出演:マーク・ウォールバーグ(ジャック・サーモン)/レイチェル・ワイズ(アビゲイル)
スーザン・サランドン(リン)/シアーシャ・ローナン(スージー) 他
■ 2010年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド
■言語:英語 
■ 135min 
■ CS放送にて鑑賞



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2012-11-21 19:35 | ヒューマンファンタジー
ハングオーバー!! 市場最悪の二日酔い、国境を越える
またやっちゃった。

c0237163_15215347.jpg




パート1と2続けてみるとさらに面白い。
この2本のおかげで10時間のフライト半分楽しめたもんね。


ベガスで痛い目にあってけっこう反省したみたいに見えたあの4人。
次はあの気弱な歯医者ステュがタイ人女性と結婚が決まり、バンコクへやってきた。
c0237163_15224615.jpg


今度こそは失敗しないぞ と心に決めた夜なのに、気が付いたらまた大騒ぎ。

またしてもダグがいなかったが、彼は身重の奥さんに呼び戻され無事にホテルのプールサイドで朝食を取っていたのだった。
あーよかった。


しかし一安心かと思いきや、今度は花嫁のエリートで真面目な弟テディが消えてた。

まず今いる場所がわからない。
アランの頭は丸坊主。
式を控えたステュの顔にはタトゥー。
そして、部屋にはサルがいた。
c0237163_15231950.jpg


そして3人はまたしても前回の経験を元にしながらテディを捜しに出るのだった。
やっぱ経験てすごいね。

c0237163_15234519.jpg


c0237163_15235695.jpg


c0237163_15242378.jpg


c0237163_15243282.jpg


c0237163_15244817.jpg


c0237163_1525996.jpg


c0237163_15282558.jpg



これももちろんマスク装着で鑑賞。
こんどは外国ということで勝手が違う。
奇想天外すぎて、よくまぁここまで考えつくもんだと半ば呆れます。

ダグ役の人は前回も最初と最後しか出なかったし、今回も結局
ホテルで親族にばれないように必死でごまかす役目なので、きっとちょい役なんでしょうね。
なんか可愛そうな気もするけど。

パート1は特に年齢制限ありませんでしたが、パート2はR15+指定なので
ご注意を。



写真ブログもやってるから見てね!
Sense of Wonder



■ 原題:THE HANGOVER PART2
■ 監督:トッド・フィリップス
■ 脚本:ジョン・ルーカス/スコット・ムーア
■ 出演:ブラッドリー・クーパー(フィル)/エド・ヘルムズ(ステュ)/ザック・ガリフィナーキス(アラン)/ヘザー・グレアム(ジェイド)/ジャスティン・バーサ(ダグ)/ケン・チョン(ミスターチャウ)他
■ 2011年 アメリカ ■ 102min 
■R15+
※機内にて鑑賞
[PR]
by oto_ichi | 2012-10-28 20:20 | コメディ


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧