ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
タグ:スウェーデン ( 6 ) タグの人気記事
マイ ライフ アズ ア ドッグ
風変わりな人々の心温まるストーリー

c0237163_1561959.jpg



映像★★★★
ほのぼの★★★★
社会度★★★
ユーモア★★★★


12歳の少年イングマル。
彼はとても哲学的だ。
お兄ちゃんは意地悪で、ママは病気を患っている。パパは帰ってこない。
c0237163_1565684.jpg


何かあるといつもライカ犬に想いをはせる。

「十分な食べ物も無く人工衛星に一匹で乗せせられたライカ犬のことを思えば
僕はちっとも不幸ではない。」

夏になり、母親の病状が悪化したため、イングマルは一人叔父の住む田舎に預けられる。
c0237163_1582860.jpg


伯父夫婦は暖かく彼を迎え、イングマルは一風変わった人々に囲まれ
毎日を楽しく過ごす。

階下に住む寝たきりのおじいちゃん。
イングマルを呼び出しては、女性下着の宣伝広告を読ませ妄想にふける。

伯父夫婦が努めるガラス工場のマドンナ。
彫刻芸術家に頼まれヌードモデルをすることになるが
芸術から一線を越えないようにとイングマルを毎回お共させる。
c0237163_1574047.jpg


男の子の格好をした女の子 サガ。
c0237163_1575344.jpg


緑色の髪の毛をした少年と、宇宙船を作る父親。
一年中屋根の修理をする隣人。

悲しい要素がありながらも、牧歌的な風景と心温かい人々に
決して悲観さを感じさせない心温まるストーリー。

イングマルのはにかんだような、しかし何かたくらんでいるような
少年らしい笑顔はとても魅力的だ。
c0237163_1584987.jpg



ストーリー
50年代のスウェーデン。主人公のイングマル少年は、兄と病気の母親、愛犬シッカンと暮らしている。
父親は、仕事で南洋の海に出かけたままずっと帰ってこない。
人工衛星に乗せられて地球最初の宇宙旅行者になったあのライカ犬の運命を思えば、どんな事だってたいしたことはないと考えるのが彼の人生哲学だ。
やがて夏になり、母親の病状が悪化。イングマルは一人、田舎に住む叔父の元に預けられることになる。
その村の住人は、一風変わった人ばかり。街に置いてきたシッカンのことが気になるものの、
男の子のふりをしている女の子・サガとも仲良くなり、毎日を楽しく過ごすイングマルだったが…。

■ 原題:MITT LIV SOM HUND
■ 英題:MY LIFE AS A DOG
■ 監督、脚本:ラッセ・ハルストレム
■ 出演:アントン・グランセリウス(イングマル)/メリンダ・キナマン/アンフレド・セルネル 他
■ 1988年 スウェーデン ■ 102min 
■ CS放送にて鑑賞


【受賞】
・1987年 NY批評家協会賞 外国語映画賞
・1987年 ゴールデングローブ賞 外国語映画賞
・1987年 インディペンデント・スピリット賞 外国語映画賞
他ノミネート

  
※映画賞概要はコチラ
[PR]
by oto_ichi | 2012-07-04 20:04 | ヒューマンドラマ
孤島の王
緊張の117分


c0237163_1891686.jpg



映像★★★★★
サスペンス度★★★★


【監督のコメント】
14年前、バストイ島の矯正施設で少年時代を過ごしたという男性との出会いが本作のきっかけとなっています。
これはノルウェー本国でもあまり知られていない歴史の一部なのですが、バストイ島で何があったか、
そこで過ごした少年たちの運命を伝えなければならないという思いに私は長い間取りつかれていました。
実話をもとにしたこの作品は、それほど遠い昔の話ではありません。
『孤島の王』は今の時代もなお世界のいたる場所で起こっているが、
大半の人々は知る由もない、不条理な現実を描いた作品なのです。


非行少年。
どこの国にもいるけれど、暴力や支配によって人を矯正することは不可能であろう。
この映画では、どこまでも続く美しい雪原に大自然の感動と共に脅威をも覚えた。

1915年、ノルウェー バストイ島にはかつて、11歳~18歳の非行少年の矯正施設があった。
彼らは寒い部屋、少ない食事、過重労働によって抑圧されていた。
c0237163_18385240.jpg


そこへエーリングという少年が送られてくる。
院長や寮長が与える理不尽な懲罰や性的虐待に無言で耐えてきた少年達も、
ことあるごとに反発するエーリングの孤独な戦いに、次第に心を動かされていく。
c0237163_18134553.jpg



極寒の地で今にも飲み込まれそうな冷たい海と、少年達の暗く冷たい眼差しが重なった。
c0237163_1814511.jpg


しかし同時に、軍隊が鎮圧に出るほどの暴動を起こした
彼らの決死の覚悟にみずみずしささえ感じ取れる。
c0237163_18373013.jpg



実際の写真を見ると、映画の中の、青年に近い年頃の若者達よりもずっと幼く見える。
c0237163_18471277.jpg



彼らはみんな薄着で、部屋の中でさえ白い息が出るほどの寒さに
見ているこちらまで冷えてきそうな気がした。
c0237163_18435241.jpg

この寮長さん、「隣人」で妹に誘惑されるヤンネさん役のクリストファー・ヨーネルさんです。
隣人でも神経質っぽい役どころでしたが、今回もちょっとそんな感じです。

ちなみに、院長のステラン・スカルスガルドさんはスウェーデン人で話しているのはスウェーデン語だそうです。
語学好きならノルウェー語とスウェーデン語、両方聞けちゃうお得な気分が味わえます。
スウェーデン語とノルウェー語で会話が出来るってすごーい。



ただいま公開中


ストーリー:
1915年、罪を犯した元船乗りの少年エーリング(ベンヤミン・ヘールスター)が、ノルウェー本土からバストイ島に送り込まれてくる。
外界から隔絶されたその島には、11歳から18歳までの非行少年を更生させる施設があり、少年たちは過酷な重労働を課せられていた。
かなり高圧的な院長(ステラン・スカルスガルド)や寮長(クリストッフェル・ヨーネル)への反発と脱走を繰り返すエーリングの姿は、抑圧された少年たちの心を突き動かしていく。


■ 原題:KONGEN AV BASTØY
■ 英題:King of Devil's Island
■ 監督:マリウス・ホルスト
■ 出演:ステラン・スカルスガルド/ベンヤミン・ヘールスター/クリストッフェル・ヨーネル/トロン・ニルセン 他
■ 2010年 ノルウェ-/フランス/スウェーデン/ポーランド ■ 117min 
■ 言語:ノルウェー語



【受賞】
ノルウェーAMANDA AWARDS 4部門受賞
ドイツNORDIC FILM DAYS LUBECK 2部門受賞
ロッテルダム国際映画祭 観客投票第4位
スペイン・バレンシア国際映画祭 金賞受賞
スウェーデン・ヨーテポリ国際映画祭 オープニング作品
    
※映画賞概要はコチラ
[PR]
by oto_ichi | 2012-05-05 19:59 | 社会派ドラマ
未来を生きる君たちへ
何が正義で何が悪?

c0237163_11293546.jpg



GAP度★★★★
繊細度★★★★
オススメ度★★★★★


邦題から来るイメージとは程遠い映画であった。

原題のHævnenとは、デンマーク語で「復讐」という意味だそうだ。

冒頭、主人公エリアスの父 アントンが在駐するアフリカ難民キャンプ。
”ビック・マン”という極悪非道な男によって 子宮を裂かれた女性が運び込まれるシーンから物語は始まる。

すでに暴力と憎悪の連鎖は始まっているのだ。

主人公は少年二人(左からエリアス、クリスチャン)。
c0237163_113029.jpg



エリアスは身体も小さく、毎日執拗なイジメにあっている。
ある日病気で母親を亡くしたばかりのクリスチャンが転校してくる。
母を亡くした後の父親の態度に納得のいかないクリスチャンは、次第に父と距離を置いていく。

二人は席が隣同士になったことで友達になり、
それによりクリスチャンもイジメのとばっちりを受けるのであった。
c0237163_1131185.jpg



が翌日、トイレに連れて行かれ更に虐められているエリアスの元へ
クリスチャンが現れ、いじめっ子をボコボコに殴り
のど元にナイフを突きつけ仕返しをする。


ストーリー中、あらゆる形で理不尽な暴力の形が描かれている。
そしてそれはエリアス、クリスチャンの二組の家族が抱える葛藤と問題を通して、
各登場人物の心情を描写している。


物語は前後するが、
アントンはデンマーク帰国中のある日、子供達を連れて出かけた場所で 
よその子供のケンカの仲裁に入り、仲裁した子供の父親に頬を殴られる。
しかしアントンはやり返さない。

それを見ていた子供達に「何故やり返さないんだ?」と問われ、
復讐はキリがないと諭すアントン、しかし自信もアフリカでの体験により葛藤を抱えている。
c0237163_11313760.jpg


ある日、家の物置で大量の火薬を見つけたクリスチャンは、
殴った父親の車を爆破しようと爆弾を作り始める。
その計画に気の乗らないエリアス。
しかし計画は二人で実行され、たまたま通った通行人を助けようとしたエリアスは爆発に巻き込まれてしまう。


その頃 アフリカ滞在中のアントン。
ビッグマンが足を怪我しキャンプに運び込まれて来る。

「なんでこんなやつの治療をするんだ」と周りの声や白い目に対し
「仕事だ」と任務を果たすアントン。

非道極まりない暴力と、ビッグマンの口から幾度となく吐き出される
残酷な言葉に、吐き気をもよおすが
最後はアントンも激怒し、被害にあい憎悪に満ちた地元住民の中へ
動けないビッグマンを置き去りにし、キャンプを後にする。

*  *  *  *  *

友人を殺してしまったと思いこんだクリスチャンは、自殺を図ろうとするが
エリアスの事故を聞いて急きょ帰国したアントンに寸でのところで助けられる。


クリスチャンの抱える心の闇。
c0237163_1132587.jpg

それは、大人が思っているよりも複雑で深いものである。

復讐は周りの人全てを不幸にすること。
連鎖を断ち切ること。
許すことの難しさ。

今を生きる子供達だけならず
現在を生きる大人にもメッセージ性の高い作品だと思う。



ストーリー:
医師アントン(ミカエル・ペルスブラント)は、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。
長男エリアス(マークス・リーゴード)は学校で執拗(しつよう)ないじめを受けていたが、ある日彼のクラスに転校してきたクリスチャン(ヴィリアム・ユンク・ニールセン)に助けられる。母親をガンで亡くしばかりのクリスチャンと、エリアスは親交を深めていくが……。


■ 原題:Hævnen  
■ 英題:IN A BETTER WORLD
■ 監督:スサンネ・ビア
■ 脚本:アナス・トマス・イェンセン
■ 出演:ミカエル・ペルスブラント/トリーヌ・ディルホム/ウルリク・トムセン/ヴィリアム・ユンク・ニールセン 他
■ 2011年 デンマーク/スウェーデン ■ 118min ■ 言語:Dansk(デンマーク語)

【受賞】
第83回アカデミー賞外国語映画賞を受賞
[PR]
by oto_ichi | 2012-03-14 19:28 | 社会派ドラマ
メランコリア
地球最期の日、あなたは何を想う?

c0237163_1550337.jpg



神秘度★★★★
映像美★★★★★
音楽★★★★★
不思議度★★★★


私は「地球滅亡」とか「エイリアン襲来」とか「宇宙大戦争」というたぐいの映画はあまり好んでは見ない。
(ETは好き)

でもこの映画は宣伝当初から見たいと思っていた。


冒頭数分間、荘厳な音楽とスローモーションで流れる神秘的、芸術的なプロローグは
まるで美しい写真集を見ているようだった。


わたし的には芸術賞!(露出アンダー大好き)
c0237163_15511498.jpg


c0237163_15512777.jpg


青い月明かりの中、真夜中に裸で月光を浴びるジャスティンはものすごく美しい
c0237163_1558543.jpg



カメラワークとセリフだけの映像部分は、なんだか結婚式のホームビデオを見ているような感じで
不思議感があった。
ストーリーもところどころ(ん?なんで?)と思ったので
不思議度★★★★としました。

カテゴリーは判断できず、ダーク・ファンタジーとしました。


物語は、巨大な惑星”メランコリア”が
時速10万kmのスピードで地球に接近し、世界の終末が来るという内容。


時速10万kmって、どの位なんだ??と思うけど
とにかく早い!!(らしい)

あの変な星は何だ?
c0237163_15531539.jpg

と思っている2日後にはもう地球に大接近ですから!!
マジでやう゛ぁいわけ。

c0237163_15532836.jpg

近い近い近い近い!!!

しかも生き残る術は無く、ギリギリで接近回避という学者もいれば
地球滅亡という学者もいて、人里離れてなければ大パニックだと思う・・・

宣伝多いので、ストーリーはwebでチェックした方が早い(出た、放置)けど
チラッとだけ。

物語は二部性になっている。

第一部 ジャスティン(妹)=キルティン・ダンスト

幸せそうなウエディング
c0237163_15553872.jpg


でもジャスティンは躁鬱病の傾向があり、式の最中でも
不安な星を見たり、結婚への不安からか次第に奇行に走り始める・・
それを嫌う、義兄(キーファー・サザーランド)。
妹のためにお金をかけて開いた盛大なパーティを
平気でぶち壊す妹にやりきれない想いの姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)。

Sometims I hate you!
(時折、あなたがとても憎いわ!)

クレアがジャスティンにぶつける言葉である。
他人なら縁も切れるが、家族であるがゆえにどうにもならない感情が
ストレートに出ていると思った。


結局、結婚は破談になりジャスティンは姉クレアの介護が必要なまでになってしまう。
c0237163_15562915.jpg

が、ジャスティンは本能なのか能力なのか地球の終焉を確信している。

ジャスティン病む↓
c0237163_15565937.jpg

バックには空からボトボトと鳥が落ちて来ております。


惑星接近で電気系統がおかしくなる↓
c0237163_15583559.jpg



第二部 クレア(姉)

妹とは対照的に、惑星接近に神経質なまでに恐れを感じるクレア。
夫の言葉でも安心出来ずにいる。
しかし迎える最期を支えたのは妹だった。



部屋の内装や、景色も美しく、屋敷として撮影された外部はスウェーデンのTjoloholm城だそうです。
最初から最後まで、絵、音楽、ストーリーに大満足でした。


見るならば やはりシアターの大画面をオススメします。
もう一回見てもいいなぁ。

(新宿武蔵野館はちょっとスクリーンが小さいので、シネコンが良いかと・・・)



ストーリー:
巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティン(キルステン・ダンスト)は盛大な披露宴を催す。姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の夫(キーファー・サザーランド)が所有する豪勢な屋敷での宴は盛況だったが、花嫁のジャスティンはどこか空虚な表情だった。披露宴を取り仕切った姉夫婦はそんな妹を気遣うが……。


■ 原題:MELANCHOLIA
■ 監督、脚本:ラース・フォン・トリアー
■ 出演:キルティン・ダンスト/シャルロット・ゲンズブール/キーファー・サザーランド/ウド・キア 他
■ 2011年 デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ/イタリア ■ 135min ■ 言語:English

【受賞】
第62回 カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞(キルティン・ダンスト)
[PR]
by oto_ichi | 2012-03-12 19:47 | ダークファンタジー
隣人

穏やかな雪国 北欧ノルウェーで2005年公開のこの映画。

これは恐い・・・恐かった。

いや、だってコレ見て。
ポスターからして恐いですから。。

c0237163_20235328.jpg


サイコ度 ★★★★★
映像美  ★

ジャパン・プレミアってことは近日公開予定?
(※ジャパンプレミアって日本初公開って意味で公開予定というわけではないそうです)

しかし日本ではR18も危ぶまれ、本国ノルウェーでも17年ぶりにR指定を受けたという、この内容。
うなづけます。。

概要は、平凡?なサラリーマンらしき男性が隣の美人姉妹に誘惑されて
そしたら大変な事になっちゃうっていう 「美人に注意!」なサイコ・スリラー。

主人公ヨーンさん(右)、妹に誘惑されるの図↓
c0237163_20331248.jpg


そして いったい何部屋あるんですか?ってくらい広いアパートメント。
それだけでも恐いわ。

ちょっと最初は(なぬ?え?なにが?)って意味が理解出来なかったんだけど
後々 ほほぉ~という展開に。(全く伝わらないと思います、すいません)

いきなり綺麗な女性に「隣に住んでるんだけど、重いもの運んでもらえます?」って言われたら
それは男子なら行っちゃうかもしれないですわね。
でもこの美人が「どうせやる事ないでしょ」とか言っちゃって、高飛車なところで考え直した方がいいと思うよ。

一回痛い目にあっても(おいおい!また行くんかい!)って
3回くらいお部屋に行っては都度閉じ込められて恐い思いするヨーンさん。

でも妹のお部屋(汚ギャル?)ってくらいグチャグチャですから。

ひやぁ~・・恐っ・・・って思いながら見てた中盤、
知ってるオジサマ俳優登場!(ほら、私 名前覚えられないから)

まるで、迷子になった知らない土地で 偶然にも知り合いじゃないけど商店街のオジサンがいて
すごいホッとしちゃった感じの安心感を覚えてしまった。。(でもこの人も恐い人だった)
そしてちょっと若かった。

それがこのオジサマ ミカエル・ニクヴィスト、スウェーデンの俳優さん。
c0237163_20471713.jpg



今話題の「ドラゴンタトゥーの女」、原作 スウェーデン版ミレニアム 3部作で主役のライターやってたから覚えてた。

ちなみにアメリカ版は見てないけど、絶対スウェーデン版の方が恐いと思っている。。
ミレニアム3部作あったけど、第1部があまりに恐くて続き見るの止めたもんね。
見る機会があったらアメリカ版も見てみます。
このオジサマ、「北京から来た男」にも出てました。有名なんだろうな。

本題の作品のストーリーは意外な結末なんだけども、
恐いながらも最後はヨーンさんの繊細さにちょっと同情してしまいました。
そしてあの姉妹はいったい誰なんだ・・・

興味があったら見てみてください。
ドアベルが恐くなるよ・・・

(ノーザンライツフェスティバル2012 にて)



ストーリー:
恋人にフラれて傷心中のヨーンは、ある日“隣人”だという女性アンネに、部屋の家具を動かしてほしいと頼まれる。部屋に行くと、彼女の妹だというキムがおり、2人は別れ話の一部始終を壁越しに聞いていたという。まるで自分を試すかのように、傷口に塩を塗るようなことを容赦なく言ってくる謎の姉妹。それを機に、ヨーンの日常は少しずつ歪み始める……。

■ 原題:Naboer/英題:Next Door
■ 監督:ポール・シュレットアウネ(Pål Sletaune)
■ 出演:クリストファー・ヨーネル/セシリー・A・モスリ/ジュリア・シャハト/ミカエル・ニクヴィスト
■ 2005年 ノルウェー/デンマーク/スウェーデン ■ 75min ■ 言語:Norwegian
【受賞】 2005年アマンダ賞最優秀主演男優賞
(ジャパンプレミア)
未成年者の観覧に適さない暴力的・性的な描写があります。

詳しくはこちらをクリック
[PR]
by oto_ichi | 2012-02-12 21:36 | サイコ・スリラー
シンプル・シモン
さて、ブログ第一回記念すべき作品はこちら 北欧スウェーデンから。


c0237163_22365053.jpg


好き    ★★★★★
コメディ度 ★★★★
センス   ★★★★

今日から北欧映画の1週間

Tokyo Northern Lights Festival 2012 が始まりましたのです。

この作品はズバリ!好き!
出だしから引き込まれてしまった・・早っ
北欧ならではのPOPな映像と軽快な音楽でさらに女子のテンションは上がります☆

北欧映画って面白いけどけっこうシュール。
でもって暗いのはものすごい暗い・・・ど~ん。

シンプル・シモンは弟の障害と、シモンを取り巻く人達の人間模様をユーモラスでハートフルに描いた映画でした。
シモンはアスペルガー症候群なんだけども、この映画を知るまでそれがどんな障害なのか全く無知。

この公開を機にスウェーデン大使館でシンポジウムが開かれてて、それにも行きたいなぁと
思ったけどスケジュールが合わず断念。

毎日きっちり時間通りに生活するシモンと、それに合わせなきゃいけない家族・・・
さぞ大変だろう、そりゃ彼女もキレるわ。

でもそれを見守るお兄ちゃんと、憎めないシモンの宇宙船(これ何、ストーブ?)のやりとりが気に入りました。
私も姉とやってみたい。


c0237163_2372275.jpg


劇場未公開、DVD未発売なので
次いつ見れるのかわかんないけども 是非また見たい作品です。

(ノーザンライツフェスティバル2012 にて)



ストーリー:
シモンは宇宙と兄さんのサムが大好き。サムのガールフレンドのフリーダと、3人で暮らしている。
「アスペルガー症候群です、僕に触らないで」って書いてあるバッジをつけて、
規則正しく仕事場に通っている。ある日、フリーダが出て行ってしまった。
どうして!??シモンは元通りの日常を取り戻したくて、サムのために完璧な新しい恋人を見つけることにしたのだが…。


■ 原題:I rymden finns inga känslor/英題:Simple Simon
■ 監督・脚本:アンドレアス・エーマン(Andreas Öhman)
■ 脚本・製作:ヨナタン・ショーベリ
■ 製作:ボニー・スコーグ・フェーニー
■ 出演:ビル・スカーシュゴード/マッティン・ヴァルストレム/セシリア・フォシュ/ソフィ・ハミルトン
■ 2010年 スウェーデン ■ 83min ■ 言語:Swedish
【受賞】 2011年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭審査員特別賞
国内DVD未発売劇場未公開
[PR]
by oto_ichi | 2012-02-11 23:11 | ファンタジーコメディ


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧