ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
タグ:ドイツ ( 6 ) タグの人気記事
ザ・フューチャー
先のことなんてわかんない

c0237163_169271.jpg



ストーリー★★★
映像★★★★
音楽★★★★
意外性★★★★


ソフィーとジェイソン 35才
つき合って4年 楽しく二人で暮らしてる
c0237163_1610120.jpg



ある日二人は怪我をした野良猫をシェルターに送り届ける
治療をして30日後に引き取りにいかないと処分されてしまう
c0237163_16102468.jpg

パウパウという名前をつけ、その出会いをきっかけに
ふたりの これから に変化が訪れる


パウパウを引き取るまでの30日間で僕たち何ができる?
c0237163_1611218.jpg



ソフィーの場合
インターネットを解約
いやいややっていた仕事を辞める
30日間で30個のダンスを創る
c0237163_16111719.jpg



ジェイソンの場合
在宅のサポートデスクの仕事を辞める
偶然通りかかった環境保護団体のボランティアを始める
c0237163_161299.jpg



しかしことは早々うまくは運ばない


ダンスを思いつかないソフィー
それどころかパウパウの様子を見に行ったシャルターで
マーシャルという年上の男に出会い惹かれ始めてしまう


ジェイソンい至っては
訪問販売しても誰も地球のために木なんか買ってくれない

壊れた電化製品を治す名人の家で気づいた
「まだ始まったばかり」の人生


そこに留まることも一つの選択
これから という変化を求めて動き出すのもまた もう一つの選択
そしてパウパウの運命は・・・


* * * * *
ソフィーの変なダンスをもっと観たい感じ
全体的にファンタジックで少々難解
洋服もなんか変てこりんの様な、かわいいような

ソフィーが惹かれるマーシャル(おっさん)は個人的にちょっと気持ち悪い
人の好みってわかんないもんだ

ミランダ・ジュライの他の作品も観てみたい気がする
全体的に印象薄め

映画の前にお友達と食べたランチとシュークリームが美味しかったのと
映画の後にお茶したときの オーガニックオレンジエイドが美味しかったので
あ、今日 映画観たんだった って感じの ふわっとした一本




■ 原題:The Future
■ 監督:ミランダ・ジュライ
■ 出演:ハミッシュ・リンクレイター(ジェイソン)/ミランダ・ジュライ(ソフィーとパウパウ)/
デヴィッド・ウォーショフスキー(マーシャル)/
) 他
■ 2011年 ドイツ/アメリカ
■ 言語:英語 
■ 91min 
■ イメージフォーラム



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/

[PR]
by oto_ichi | 2013-02-08 20:08 | ファンタジー
チキンとプラム~あるバイオリン弾き 最後の夢~

死を決意した男の8日間

c0237163_11381179.jpg



ファンタジー★★★★★
ストーリー★★★
コメディ★★★
映像★★★★


1950年代 テヘラン
天才音楽家、ナセル・アリは20年間世界的バイオリニストとして活躍してきた

c0237163_11383732.jpg



しかし、家庭を顧みないことで激怒した妻にバイオリンを壊されてしまう
c0237163_11385481.jpg



同じ音色を奏でるバイオリンは見つからない
もう演奏は出来ないと悟ったナセル・アリは死を決意する

そして、死の床につくまでの最期の8日間で振り返った彼の人生が
叙情的、ファンタスティックに描き出されていく

c0237163_11415446.jpg


愛のない結婚

世界中を飛び回った演奏旅行

師匠から「テクニックはあるが空っぽな音」と言われた修業時代

しかし若き無名時代に出会った美しき女性イラーヌとの恋が
空っぽな音に息吹を吹き込んだのだった

c0237163_1140274.jpg



と、宣伝や文章を読むとロマンチックな匂いがぷんぷんするが
内容はけっこうシュール、奇想天外、コミカル



叶わない恋に傷心しながらも気の進まない親の進める結婚をし
子育てに追われる妻ファランギーズからは毎日怒鳴られる

c0237163_11404722.jpg

しかし彼は言う

君は芸術家と結婚したんだ


うーむ・・・

ナセル・アリは自己中心的で我が儘な性格
最初から結婚には不向きだ

それを承知で彼の帰りを一途に待ち結婚した妻
しかし喧嘩となるとフランス女性というのは強そうだ


孫を連れ、思秋期を迎えたイラーヌと 街中で偶然すれ違うナセル・アリ

どこかでお会いしませんでしたか?

いいえ、まったく覚えていません


しかしイラーヌもまたナセル・アリを忘れたことはなかった
気づかれることなくイラーヌは一人涙を流すラストは切ない



ちなみにナセル・アリの母親役イザベル・ロッセリーニ(写真中央)
c0237163_11424478.jpg


父親が映画監督ロベルト・ロッセリーニ、
母親があのイングリッド・バーグマン↓
c0237163_11432775.jpg


イザベラ・ロッセリーニ(過去)↓
c0237163_11441878.jpg


お母さんに似てますねー美人ですねー
美人は3日で飽きるというけど写真見てるだけじゃ飽きないですねー
ちなみに私は知的美人バーグマン派で!

バーグマンはスウェーデン、イザベルはやっぱり+イタリアって感じですかね

他の映画でもそうだけど
オリエンタルな国の女性というのもとても神秘的で魅力的
一目惚れしても仕方ないですね

北欧、東欧は美人の宝石箱やー!

c0237163_11451945.jpg



それに比べるとアジア人てやっぱり不利じゃない?・・・(¬3¬)
ミスユニバース日本代表とかも個人的には それほどでもなくない?という感じがする
日本は日本的な和美人で勝負出来ないもんなんでしょうかね、やっぱ世界レベルになると


あ、こんな感じで終わらせるはずじゃなかったのに!
ブスユニバースとかないといいな



■ 原題:POULET AUX PRUNES(CHICKEN WITH PLUMS)
■ 監督:マルジャン・サトラピ
■ 出演:マチュー・アマルリック(ナセル・アリ)/エドゥアール・ベール(アズラエル)/マリカ・デ・メディロス(ファランギーズ)/
ゴルシフテ・ファラハニ(イラーヌ)/イザベラ・ロッセリーニ(パルヴィーン)他
■ 2012年 フランス/ドイツ/ベルギー
■言語:フランス語 
■ 92min 
■ 映倫:PG12
■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2012-12-05 19:37 | ファンタジー
さぁ帰ろう、ペダルをこいで
自分に帰る旅

c0237163_15553383.jpg



ハートウォーミング★★★★
ユーモア★★★★
映像★★★★


自分探しの旅 というのはよく聞くが、自分に帰る旅 は初めてだ。


過去の政治的背景はシリアスだが、ほのぼのとしたロードムービーだった。

1980年代 共産党政権時代、ドイツへ亡命した娘夫婦の息子アレックス。
ブルガリアに残ったおじいちゃん、バイ・ダン。

バイ・ダンはバックギャモンの名人で、アレックスも日々腕を磨いていた。
c0237163_15565815.jpg



1980年代といえば、ついこないだである。
その頃に、亡命し彼らが収容されたイタリアの移民収容所はひどい。

25年後 皮肉にも、娘夫婦が交通事故で亡くなり記憶を無くした孫と再会する。
久々に会える孫に抱擁するも、まったく記憶にない見ず知らずのおじさんから
キスをされ、あからさまに怪訝な顔をするアレックスがおもしろい。

最初は反抗的だったアレックスも、バックギャモンをしながら少しずつ心を開いていく。
記憶を取り戻すべく 体力的に快復した孫を連れ、バイ・ダンはタンデム自転車で
ブルガリアへの里帰りを決める。

c0237163_16134410.jpg


c0237163_16135697.jpg




人間としてもっとも大切で、かつシンプルな疑問。
「僕は何者?ツールはどこにある?どうやって生きるべきか?」

これらの疑問に対する個人的かつ具体的な答えを見つけるためには、
その人自身の中で困難を伴う精神的な旅をすることになるだろう。


という監督の言葉。


そう、「旅」はどんな形でもすべて人生の旅なのだ。

映画を通して学ぶことは多々ある。
つらい内容のものや、目を覆いたくなる様な映像の作品もあるが
観賞後、
何かを感じ、何かを想い、何かが残る。

それが私の映画の楽しみ方である。



ストーリー:
ドイツで両親と共に車に乗っていたアレックスは、交通事故で両親と記憶を失ってしまった。
そんな彼のもとにブルガリアに暮らす祖父のバイ・ダンが訪ねてくるが、彼のことはまったく記憶になかった。
実はアレックスは8歳の頃に両親と共に独裁政権のブルガリアから亡命し、苦労して西ドイツでの生活を築きあげたのだ。
記憶が戻らないまま退院したアレックスは、バイ・ダンの提案でブルガリアまで陸路をタンデム自転車で帰ることになる。

■ 原題:SVETAT E GOLYAM I SPASENIE DEBNE OTVSYAKADE
■ 監督、脚本:ステファン・コマンダレフ
■ 出演:ミキ・マノイロヴィッチ/カルロ・リューベック/フリスト・ムタフチェフ 他
■ 2008年(日本公開は2012)ブルガリア/ドイツ/ハンガリー/スロヴェニア/セルビア 
■ 105min 
[PR]
by oto_ichi | 2012-06-12 19:54 | ロードムービー
裏切りのサーカス

切り者は誰だ

c0237163_13402821.jpg



渋い度★★★★★
難易度★★★


予告の時から、これは見ようと思ってました。
渋いおじさま達好きです。
しかもパリッっとスーツを無理なく着こなしている感じがとてもステキ。
衣装協力はポール・スミスだそうな。
c0237163_1341999.jpg



舞台は東西冷戦か、英国機密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBの情報戦。
スパイ映画ってドキドキハラハラで面白い。

しかしスパイは孤独でなければならない。
そこがまた切ない。

ストーリーは、英国諜報部(サーカス)のリーダー、コントロールが
組織幹部の中にソ連の二重スパイ(モグラ)が潜んでいることを知り
ハンガリーの情報源と接触するも失敗するところから始まる。

物語は静かに淡々と進むが、その緊張感はラストまでつづく。

裏切り者の潜む組織幹部
c0237163_1341399.jpg


コリン・ファースが素敵すぎる~(☆▽☆)
c0237163_1342195.jpg

この間は王様だったよっ。


標的達はそれぞれ、ティンカー(鋳掛け屋)、テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵隊)、プアマン(貧乏人)と名付けられ
、ゲイリー・オールド扮する老スパイ、スマイリーによって次第に追いつめられていく。

007みたいなの派手なアクションはいっさい無し。

かなりな頭脳戦で、自分物相関図を見て予習して行ったわりには(これ誰だっけ?)となり、もう一回見たい。
2回目のリピーターは半券を持って行くと1000円です。

ただいま公開中



ストーリー:
東西冷戦下の1980年代、英国諜報(ちょうほう)部「サーカス」を引退したスパイ、
スマイリー(ゲイリー・オールドマン)に新たな指令が下る。
それは20年にわたってサーカスの中枢に潜り込んでいる二重スパイを捜し出し、始末するというものだった。
膨大な記録や関係者の証言を基に、容疑者を洗い出していくスマイリーがたどり着いた裏切者の正体とは……。

■ 原題:TINKER TAILOR SOLDIER SPY
■ 監督:トーマス・アルフレッドソン
■ 脚本:ジョン・ル・カレ
■ 出演:ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/トム・ハーディ/マーク・ストロング/ジョン・ハート 他
■ 2011年 イギリス・フランス・ドイツ ■ 126min 

【受賞】
・英国アカデミー賞(BAFTA) 英国作品賞、脚色賞 受賞
■英国インディペンデント映画賞  技術賞(美術)受賞
■サン フランシスコ映画批評家協会賞 男優賞(ゲイリー・オールドマ ン)、脚色賞受賞
■ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門出品
■ロンドン映画批評家協会賞 技術賞[美術]受賞
他多数


※映画賞概要はコチラ
[PR]
by oto_ichi | 2012-05-14 19:39 | サスペンス
ゴーストライター
知りすぎご用心・・・
c0237163_1605611.jpg


サスペンス度★★★★★
スリル度★★★★
ハンサム度★★★★★

去年大ヒットし、ユアン好きはゼッタイに見たと思うこの一本。
個人的に ユアン度★★★★★
物語もおもしろい。

昔、ヒッチコックの映画で「知りすぎていた男(1955)」って映画がありました。
c0237163_163819.jpg

(このポスターもすごいね…)。
やはりいつの時代も「知りすぎ」には命の危険が伴うらしい。

重要人物から自伝執筆の依頼を受けたthe Ghost(ユアン)は
前任者の不審な死から依頼人の裏を調べ始め次第に過去を知り始める・・・

セックス・アンド・ザ・シティのキム・キャトラルが出てます。
c0237163_164699.jpg

カチっとした秘書役で、「あの」キムではありません。
この人56歳なんだよ!! スタイル抜群だよね!

しかも、「マネキン(1987)」に出てたよ!!
いや~、私ってやっぱどんだけ名前覚えないんでしょ・・

今回の「ゴーストライター」のストーリーはネットかなんかで見て下さい(出た、放置)


この映画の何が良かったって、ハンサム度が高い(注:好みによる) d(◎-◎) 
と言ってもこちらの二人。

やっぱユアン・・・
c0237163_1653613.jpg


そしてこのオジサマ
ピアース・ブロスナン
c0237163_1654625.jpg


007 トゥモローネバーダイ(1997) は渋かった・・・

でも私のイチオシはコレ↓
テレビドラマ「探偵レミントン・スティール(1982-1987
c0237163_167315.jpg


これねー、毎週日曜日夜10時半から30分やってたの。
チャーリーズ・エンジェルスとかジョン&パンチとかの枠ね。
(若い人はこの話題入れませんから)

今の渋~いピアーズとは思えない程の軽いキャラを演じております。
吹き替えはあの神谷 明(筋肉マンとかケンシロウとか)です。

はい、映画とは全然関係ない今日の記事でした。

でもゴーストライターは本当におもしろいです。



ストーリー:
元英国首相アダム・ラングの自伝執筆を依頼されたゴーストライターが、ラングの滞在する孤島を訪問。
取材をしながら原稿を書き進めていくが、次第にラングの過去に違和感を抱き始める。
さらには前任者の不可解な死のナゾに行き当たり、独自に調査を進めていくが、
やがて国家を揺るがす恐ろしい秘密に触れてしまう。

■ 原題:The Ghost Writer
■ 監督:ロマン・ポランスキー
■ 脚本:ロバート・ハリス/ロマン・ポランスキー
■ 出演:ユアン・マクレガー/ピアース・ブロスナン/キム・キャトラル 他
■ 2010年 フランス/ドイツ/イギリス合作 ■ 128min ■ 言語:English
【受賞】
第60回ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀監督賞)
[PR]
by oto_ichi | 2012-02-25 19:59 | サスペンス
黄色い星の子供たち
悲しくなるくせに悲しい映画を見てしまう。

でも最後は少しだけ救われる。

c0237163_1436355.jpg




好き度   ★★★★
感動   ★★★★
悲壮   ★★★★★
映像美  ★★★

人はここまで残酷になれるのか。
人はここまで強く勇敢になれるのか。

そんなことを考えながらミニシアターで見ちゃいました。
子供達は素晴らしく愛らしい。

特にこのお兄ちゃんが好き。(あ、そういう趣味があるわけじゃありません・・)
メインの子役の男の子は違う子だからね・・・
c0237163_0425399.jpg


劇場ガラガラだったんだけど、少し離れて座ってたオヤジおじさまが
小さいいびきをかき始めて(げっ)と思ったら後から起きて、ほっとした。
だってうるさいもん。

見た後に じぃ~ん てなる映画でした。
ぜんぜん説明になってないけど。
この じぃ~ん がスクリーンで見る最大の利点と思うわけ。


またこのノノちゃんが(なんじゃこりゃ?)ってくらいに 
まるでしゃべるお人形みたいで可愛いんだわ。
女の子かと思ったら男の子だったし。
c0237163_0474930.jpg

カワイイから写真大きめで載せちゃう。




ストーリー:
1942年にフランス政府の手によって行われた史上最大のユダヤ人一斉検挙。
1995年にジャック・シラク大統領がフランス政府の果たした役割を認めるまで、
事件はナチスドイツのユダヤ人迫害のひとつとして捉えられていた。
誰もが知っている歴史の陰に、知られざるもうひとつの暴挙が隠されていたのだ。一体フランスは何をしたのか?
何と引き換えに、何を目的に、罪のない尊い命を差し出したのか…?
その事件の全貌を、初めて詳細に追いかけた本作に登場する人物は、ごく小さな子供たちも含めて、すべて実在する。
“真実”だけを描こうと決意し、3年近くにわたって、綿密な調査と研究を続けた監督は、元ジャーナリストのローズ・ボッシュ。脚本も手がけた彼女は、記録文書や映像に片端から目を通し、生存している目撃者に連絡を取って証言を集めた。(作品資料より)


■ 原題:La Rafle
■ 監督・脚本:ローズ・ボッシュ(Roselyne Bosch)
■ 製作:イラン・ゴールドマン
■ 出演:メラニー・ロラン/ジャン・レノ/シルヴィ・テスチュー
■ 2010年 フランス・ドイツ・ハンガリー ■ 125min ■ 言語:French
[PR]
by oto_ichi | 2012-02-12 10:23 | ヒューマンドラマ


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧