ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
タグ:ノルウェー ( 10 ) タグの人気記事
キング・カーリング




なんでも一生懸命になるっていいね


c0237163_14424879.jpg



スポコン度★★★★★
キャラ★★★★★
下ネタ★★★★★
おしゃれ感 ゼロ


スポコンと言っても、
スポーツ+根性 ×
スポーツ+コメディ ○


強豪カーリングチームを率いているトルルス・パルセン
精密なプレーにこだわるあまり神経質になりすぎ精神を病んでしまう
c0237163_1444773.jpg



精神病院に入り10年
保証人を妻にして退院
(お家の中がかわいい)
c0237163_14441824.jpg



愛煙家の恩師が肺を患い、彼の移植手術費が必要と知り
昔の仲間を集めてカーリング全国大会へ!
c0237163_14451271.jpg



優勝賞金めざし奮闘するドタバタコメディ
c0237163_14474232.jpg



* * * * *

ノーザンライツ3本目です
今年は全く違ったタイプのノルウェー映画を3本も観てしまった


外国のコメディってくだらなすぎて何でこんなにおもしろいんだろう

チームメンバーも変人揃い


一人は、女とみればのべつまくなし口説く根っからの女好き
(まぁ、それが役に立つこともあるわけで)
c0237163_14535178.jpg



一人は、問題を抱え不眠症
些細なことでキレまくり
c0237163_14484478.jpg



そして最後の一人は、オタク級のバードウォッチャー
この人だけ写真がなかった

バーダー(バードウォッチングを趣味とする人)は良く知っているので
リアルでこれが一番笑えた



他にも相手側の個性あふれるキャラとハゲいじりは世界共通を認識できる
ドリフコントが好きな人にはツボる一本


日本公開あるかなぁ


c0237163_14495696.jpg


c0237163_1446592.jpg






■ 原題:Kong Curling
■ 英題:King Curling
■ 監督:オーレ・エンドレセン
■ 出演:アトレ・アントンセン(パルセン)/ Linn Skåber/Ane Dahl Torp他
 
■ 2011年 ノルウェー
■ 言語:ノルウェー語 
■ 75min 
■ ノーザンライツフェスティバル2013にて鑑賞

【受賞】
・2011年 ノルウェーアカデミー(アマンダ)賞最優秀編集賞 他


  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-19 19:42 | コメディ
真実の恋


子供には子供の恋愛事情


c0237163_13455637.jpg



キュート★★★★★
シュール★★★★
映像★★★★★
胸きゅん★★★★★


アンネ10歳 ちょっとおてんば
ノルウェーの自然いっぱいの町に住む普通の女の子
クラスメイトは男の子を意識し始めるけど、アンネは気になる子すらいない
c0237163_13495549.jpg



ところが突然現れた!
最近引っ越してきた男の子ヨルゲン
ビビっときたー
c0237163_1350856.jpg



しかしいつの世も、どの世界でも転入生というのは人気者
CMタレントをやっている自称美少女のエレンとその取り巻きが彼に目を付けた
c0237163_13565095.jpg



やばい

さぁ、アンネは金持ち美少女をやっつけて意中のヨルゲンをGETできるか!?
c0237163_1403517.jpg

VS
c0237163_1404413.jpg



* * * * *

はい、これもノーザンライツで観てきました
だって本邦初公開ですから!

なんと言っても自然の豊かさ、子供たちの奔放さに頬がゆるんでしまう

そして10歳ながらにして大人顔負けの恋愛模様

子供とはいえ
男&女
女vs女
男=男

ダバダバダ♪ ダバダバダ♪ダーバーダ♪ダバダバダ♪

キャラクターも盛りだくさん

みんな子供らしくて無邪気、ちょっと生意気、ちょっぴりおませ

仲良しの親友
個人的に赤毛の子が可愛くて好き
c0237163_1411067.jpg



いわゆる金持ちの家で我儘に育ち、たいして美人でもないのに
ちやほやされるがために図に乗り性格が悪くなる女子
それに媚びる女子(いるいる)
c0237163_1414090.jpg



他にも
お父さんにいつも坊主にされるメガネ男子
ちょっと蓮っ葉で人気のある男子

あの子はあの子が好きで、この子はあの子が好きで
もーぜんぜん覚えらんなーい


私は小学校低学年まで埼玉の田舎で育って、こっちに越してきたもんだから
東京に来たときはそれはもうカルチャーショック

転入生でみんなが寄ってきてイヤになっちゃって、もう学校行かないって言っちゃった
女の子がスカートはいてるし
男の子と女の子が一緒に遊ばないってどういうこと?
バレンタイン?なんだそれ?

なんか東京の学校は男とか女とかめんどくさい
そんなことを思ったな~とぼんやり


は!映画の話!

会場は比較的おじさまが多かったような
アンネとヨルダンの距離がもどかしくて
もうおじちゃん おばちゃん 胸キュン
c0237163_143192.jpg


「真実の恋」って邦題がちょっと重い感じもするけど
とってもPOPで可愛い映画
ベタな子供の恋物語じゃないところがまたいい

一番好きなシーンはあのシーンだわ~(ひみつ)
DVDあったら観てね

c0237163_1432447.jpg



■ 原題:JORGEN+ANNE=SANT
■ 英題:TOTALLY TRUE LOVE
■ 監督:アンネ・セウィツキー
■ 出演:マリア・アネット・タンデレード・ベルグリッド(アンネ)/ オットー・ガルリ(ヨルゲン)他
 
■ 2011年 ノルウェー
■ 言語:ノルウェー語 
■ 83min 
■ ノーザンライツフェスティバル2013にて鑑賞

【受賞】
・2011年 ノルウェーアカデミー(アマンダ)賞最優秀編集賞 他


  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-16 19:44 | ロマンス
チャイルドコール 呼声


この子は私が守る

c0237163_12123259.jpg



サイコ度★★★★★
ストーリー★★★★
映像★★★★
どきどき★★★★★



独り息子と共に、暴力的な夫の元から逃げてきた一人の女性アナ
親子二人 ひっそりと身を隠して新たに生活を始める
c0237163_121265.jpg


息子のアンデシュは父親から暴力を受け
それ以来アンナは病的なまでに神経質になり 新しい学校への送り迎えをする
c0237163_1214068.jpg



授業が終わるのををじっと待っていると 学校側から追い出され
飛び乗ったバスで出会った男性ヘルゲ

アンネはすぐ近くの電気店へ立ち寄る

そこで目にしたもの
それは「チャイルドコール」
幼い子供の就寝中の安全確保のためのベビーモニター
その電気店はたまたまヘルゲの職場でもあった
c0237163_1222275.jpg



チャイルドコールを買って帰ったアンナはひと時の安心を得るが
混線したモニターからは虐待される子供の声が聞こえるようになる
c0237163_1241733.jpg



必死でわが子を守ろうとするアナ
c0237163_125418.jpg



ある過去を持つヘルゲ
c0237163_125144.jpg


そして観客

現実と妄想の境界線で揺れ動く心理に
観る側も息をのむサイコスリラー


 
* * * * *


今年も行ってきましたノーザンライツフェスティバル
北欧映画の一週間

おもしろかったー
去年 同監督の ネクストドア 隣人 もかなり怖かったけど
今回も終始ドキドキ

ネクストドアよりは画面が明るかったからちょっと精神的怖さは控えめだったかな

アメリカ版ミレニアムで話題になったノオミ・ラパス
プロメテウスにも出てて、いつもタフな役だなーと思ってけど
今回は繊細な母親役

真に迫った演技が、観てるこちらもドキドキハラハラ
c0237163_126667.jpg

c0237163_1261459.png




2013年3月30日より ヒューマントラストシネマにて公開です!
ちなみにネクストドア隣人もレイトショーで公開です


こちらはフランス版ポスターらしい
ちょー適当に訳しました

あなたの胸をえぐるようなノオミ・ラパスの真柏の演技!(みたいな) Paris Match

現実という旅の境界線にあなたは魅了される(的な) POSITIF

c0237163_11582871.jpg



監督のインタビュー記事はこちら

映画と。



■ 原題:BABY CALL
■ 監督:ポール・シュレットアウネ
■ 出演:ノオミ・ラパス(アンネ)/クリストファー・ヨーネル(ヘルゲ)他
 
■ 2013年 ノルウェー/ドイツ/スウェーデン
■ 言語:ノルウェー語 
■ 96min 
■ ノーザンライツフェスティバル2013にて鑑賞

【受賞】
・2012年 ノルウェーアカデミー(アマンダ)賞、初演女優賞、脚本賞 他


  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-14 19:57 | サイコ・スリラー
Elling

c0237163_12192560.jpg


おもしろーい★★★★★


主人公エーリング(左) 40歳。マザコン。繊細。詩人。
数年前ママが亡くなった後、施設に入れられた。
同居人Kjell Bjarne(右)。40歳。力持ちの大男。女性で頭がいっぱい、でも童貞。
c0237163_12251335.jpg

彼らは毎日同室で、仲良く暮らしている。
寝室も同じでベッドを並べて寝ている。

2年後、施設を出られることになり 自分たちで生活出来るようにと
給付金をもらい国が所有するアパートで暮らし始める。
c0237163_12222160.jpg

ソーシャルワーカーはかかせない。

各お部屋を割り振られたにもかかわらず、落ち着かないのでベッドを移動して
やっぱり一部屋で並んで寝る。
外に出るのを嫌がるEllingだが、食べ物がないのでギリギリまで我慢してキレるjell Bjarne.

ソーシャルワーカーからは、もっと外に出て人に会いなさい と言われ、
電話のかけ方、受け方を始動される。
練習でテレクラにかけ、多額の料金を請求されソーシャルワーカーにこっぴどく怒られる。

がんばって初めての外食
ママの作った料理と同じくらい美味しいね!とElling
c0237163_12263231.jpg


ある日、アパートの階段で物音がし酔った妊婦が倒れていた。
「そのままにしておけば、誰か助けるよ」とEllingは弱気だが、Kjellは女性との出会いのチャンスなので
怪力で彼女を部屋に運び入れ、友達となる。
一方、介抱して翌朝まで戻らなかったKjellを待ちながらソファで寝たEllingは、翌朝新聞で詩の朗読会を見て、出かけていく。
そこで、人生初めての詩人の友達が出来るのだ。
(朗読会傍聴中↓)
c0237163_1247392.gif


Kjell と助けた妊婦は恋人となり、Ellingと友達と4人で詩人の別荘に遊びに行くことになる、。
c0237163_12272222.jpg

Kjellはそこで、40歳にして初めて女性と一夜を共にすることになるのである。

きれいなパンツを履いてこなかったKjellがEllingに「きれいなパンツを貸してくれ」のシーン。
これがおもしろすぎた。(汚い話しですみません)

えー!なんできれいなパンツ履いてこないんだよ!? いつ取り替えたんだよ???
-そんなの、わかんないよ。

(海で下半身を洗い、Ellingはきれいなパンツを渡す)

-ありがと

(Ellingは、パンツを取り上げて)
もっと心から感謝してよ!
-本当にありがとう(ぺこり)・・・


施設を出た彼らに、「人生で初めて」がいろいろと起こり、その度に彼らは自分たちで何とか解決して行く。
それがユーモアたっぷりで、声を出して笑ってしまった。

最後はもちろんハッピーエンド。
二人はずっと仲良し、みんなハッピー。



ストーリー
When his mother, who has sheltered him his entire 40 years, dies, Elling, a sensitive, would-be poet, is sent to live in a state institution. There he meets Kjell Bjarne, a gentle giant and female-obsessed virgin in his 40s. After two years, the men are released and provided with a state-funded apartment and stipend with the hope they will be able to live on their own. Initially, the simple act of going around the corner for groceries is a challenge. Through a friendship born of desperate dependence, the skittish Elling and the boisterous, would-be lover of women, Kjell Bjarne, discover they can not only survive on the outside, they can thrive. But as their courage grows, the two find oddball ways to cope with society, striking up the most peculiar friendships in the most unlikely places.

■ 原題:Elling
■ 監督:Petter Næss
■ 脚本:Ingvar Amfjørnsen
■ 出演:Per christian Wllefsen(Elling), Sven Nordin(Kjell bjarne), Marit Pia Jacobsen(Reidun Nordsletten)他
■ 2001年 Norway ■ 89min 
■英語字幕にて鑑賞
[PR]
by oto_ichi | 2012-06-28 19:18 | コメディ
I Travel Alone

若気の至りは時に至福となりうる

c0237163_16351138.jpg



映像度★★★★
ハートウォーミング★★★★★
ユーモア★★★★


おもしろい映画でした。

パーティ-と女の子が大好きなJarle。
現在25歳。
c0237163_16352888.jpg


18歳の頃、いわゆる one night stand で一夜を共にした女の子がいた。
そして7年の歳月を経て届いた一通の手紙。

「来週の木曜日に7歳になる娘がいます。父親に会いに一人で行かせます。
○時×分の飛行機です。」


青天の霹靂で友達に相談したり、DNAを調べに病院に行ったりのJarle。
友達も わーい!みたいなノリでなんだか楽しそう。

しぶしぶ迎えに行って、やって来たのは可愛らしい女の子Lotta。
c0237163_16363390.jpg

この子がまた、子供らしくて愛くるしい。


一人で勝手気ままに生活していたJarleの生活は一変し、
実は子持ちだったということもガールフレンドにばれてしまうが、幸い彼女は子供好き。
しかし実のところ彼女は大学の教授と浮気・・・ あ~ぁ。
c0237163_16365364.jpg


ぎこちない新米パパと戸惑いながらも人なつこいLottaがほほえましい。
c0237163_16371950.jpg

c0237163_16372974.jpg

日が経つにつれ、二人の間に友情というか愛情が沸き始めたころ
母親が迎えにくる・・・

そしてLottaのBDパーティー!
なんで仮装するのかよくわかんないけど、とにかく楽しそう♪
c0237163_16374181.jpg



最後はやっぱりホロリとして、心温まるお話しです。

日本でもおなじみの、たまごっち とか ポケモン とか ダイアナ妃(元)が
出てきて へぇ~ やっぱりダイアナさんて世界中に愛されてたのね~☆
みたいなところもありますよ。
インテリアや小物も北欧らしくてとっても可愛い。


ストーリー:
Jarle Klepp (25) is a talented student, spending his time on music, sex and Marcel Proust, who is about to find out he has a daughter from a one night stand seven years ago.
And now she is coming to visit. An atomic bomb of Tamagochis and Princess Diana is going to explode in his face. I Travel Alone is acomedy about a young man who doesnt want to grow up and a touching story about a small girl discovering her father.





■ 原題:Jeg Reiser Alene
■ 監督:Stian Kristiansen
■ 脚本:Tore Renberg
■ 出演:Rolf Kristian Larsen/Amina eleonora Bergrem/Pål sverre Valheim Hagen 他
■ 2011年 ノルウェー ■ 94min 
※英語字幕で鑑賞
[PR]
by oto_ichi | 2012-06-01 19:34 | コメディ
孤島の王
緊張の117分


c0237163_1891686.jpg



映像★★★★★
サスペンス度★★★★


【監督のコメント】
14年前、バストイ島の矯正施設で少年時代を過ごしたという男性との出会いが本作のきっかけとなっています。
これはノルウェー本国でもあまり知られていない歴史の一部なのですが、バストイ島で何があったか、
そこで過ごした少年たちの運命を伝えなければならないという思いに私は長い間取りつかれていました。
実話をもとにしたこの作品は、それほど遠い昔の話ではありません。
『孤島の王』は今の時代もなお世界のいたる場所で起こっているが、
大半の人々は知る由もない、不条理な現実を描いた作品なのです。


非行少年。
どこの国にもいるけれど、暴力や支配によって人を矯正することは不可能であろう。
この映画では、どこまでも続く美しい雪原に大自然の感動と共に脅威をも覚えた。

1915年、ノルウェー バストイ島にはかつて、11歳~18歳の非行少年の矯正施設があった。
彼らは寒い部屋、少ない食事、過重労働によって抑圧されていた。
c0237163_18385240.jpg


そこへエーリングという少年が送られてくる。
院長や寮長が与える理不尽な懲罰や性的虐待に無言で耐えてきた少年達も、
ことあるごとに反発するエーリングの孤独な戦いに、次第に心を動かされていく。
c0237163_18134553.jpg



極寒の地で今にも飲み込まれそうな冷たい海と、少年達の暗く冷たい眼差しが重なった。
c0237163_1814511.jpg


しかし同時に、軍隊が鎮圧に出るほどの暴動を起こした
彼らの決死の覚悟にみずみずしささえ感じ取れる。
c0237163_18373013.jpg



実際の写真を見ると、映画の中の、青年に近い年頃の若者達よりもずっと幼く見える。
c0237163_18471277.jpg



彼らはみんな薄着で、部屋の中でさえ白い息が出るほどの寒さに
見ているこちらまで冷えてきそうな気がした。
c0237163_18435241.jpg

この寮長さん、「隣人」で妹に誘惑されるヤンネさん役のクリストファー・ヨーネルさんです。
隣人でも神経質っぽい役どころでしたが、今回もちょっとそんな感じです。

ちなみに、院長のステラン・スカルスガルドさんはスウェーデン人で話しているのはスウェーデン語だそうです。
語学好きならノルウェー語とスウェーデン語、両方聞けちゃうお得な気分が味わえます。
スウェーデン語とノルウェー語で会話が出来るってすごーい。



ただいま公開中


ストーリー:
1915年、罪を犯した元船乗りの少年エーリング(ベンヤミン・ヘールスター)が、ノルウェー本土からバストイ島に送り込まれてくる。
外界から隔絶されたその島には、11歳から18歳までの非行少年を更生させる施設があり、少年たちは過酷な重労働を課せられていた。
かなり高圧的な院長(ステラン・スカルスガルド)や寮長(クリストッフェル・ヨーネル)への反発と脱走を繰り返すエーリングの姿は、抑圧された少年たちの心を突き動かしていく。


■ 原題:KONGEN AV BASTØY
■ 英題:King of Devil's Island
■ 監督:マリウス・ホルスト
■ 出演:ステラン・スカルスガルド/ベンヤミン・ヘールスター/クリストッフェル・ヨーネル/トロン・ニルセン 他
■ 2010年 ノルウェ-/フランス/スウェーデン/ポーランド ■ 117min 
■ 言語:ノルウェー語



【受賞】
ノルウェーAMANDA AWARDS 4部門受賞
ドイツNORDIC FILM DAYS LUBECK 2部門受賞
ロッテルダム国際映画祭 観客投票第4位
スペイン・バレンシア国際映画祭 金賞受賞
スウェーデン・ヨーテポリ国際映画祭 オープニング作品
    
※映画賞概要はコチラ
[PR]
by oto_ichi | 2012-05-05 19:59 | 社会派ドラマ
Hawaii, Oslo
デジャヴって見たことありますか?

c0237163_13275022.jpg


もどかしさ★★★★★
引き込まれ度★★★★


この映画のテーマは何だろう?と考えてみた。
信頼・想い・愛 ・・・

自分はどこで誰と、どういう風につながっているのかな、とか。



何の関係もない複数の物語が同時進行で進んで行く。
ストーリーが進むにつれ、すべてがシンクロしていくという 個人的には好きな展開。
124分という長さはあまり感じなかった。

<登場人物紹介>
Leon
-精神障害を患い施設で生活している。
c0237163_13282764.jpg

「25歳になる時に会おう」と10年前に結婚を約束した恋人Åsa(オーサ)を待ち続け、
街や施設中に"ÅSA HUSKER DU MEG?"(オーサ、僕のこと覚えてる?)
という張り紙を張っている。
そして今日が彼の誕生日。
c0237163_13284698.jpg



Åsa
-約束通りレオンに逢いにオスロにやってくる。
Leonの誕生日を忘れたことはなかった。
c0237163_13301445.jpg


Trygve
-Leon の兄。ただいま窃盗で服役中。
c0237163_13303177.jpg

しかし模範囚のため、看守の温情で弟の誕生日に一日釈放。
この隙に強盗して逃亡を計画中。
レオンには「ハワイでレイの花を輸入する仕事をしている」と言っている。
この人どっかで見たことある と思っていたら先日の”Throurh the lass Darkly"のボウズ天使でした。


Frode と 妻Milla
この日に息子が生まれ、親になる。メインは父親のFrode。
ちょっとこの写真オカマちゃんぽいけど、これしかなかったんです。
c0237163_13333219.jpg



Viggo
救命士(救急車の運転もする)
c0237163_13364342.jpg



Mikkel と 弟のMagne
父が亡くなり、母親にネグレクトされた兄弟。
家の中はひどい状態で、毎晩外をふらついてはスプレーで落書きしたりしている。
兄はソーシャルワーカーに反抗的だが、弟は大人しい。
c0237163_1334329.jpg



Tina
MikkelとMagneの母親。息子達には11年会っていない。
自殺壁がある。
c0237163_13342562.jpg



新聞配達の少女
町中の住民を知っているため、Magneは亡くなった父親の葬儀の時間と場所を書いた
手紙を母親に届けてくれるように託す。


そして、
Vidar(ヴィダール)
-LEONの身の回りの世話をしている施設の人。
c0237163_133511100.jpg

LEONはVidarを信頼しており "my gardian angel" と呼ぶ。
心のケアも怠らない、とても優しい人柄。
Åsaに会ったら「あの3つの単語を言え」と毎日教えている。



登場人物はこの人達です。
ちょっとMillaとTinaがどっちかどっちだかうろ覚えです。。たぶん合ってると思う。

冒頭、LEONが夜の街を疾走している場面から始まり
それぞれの登場人物とあらゆる場所ですれ違っていく。

夜の街に逃げ出したレオンをバイクで追いかけるVidar。
サイレンを鳴らして走る救急車、路上にたたずむ少年二人。
走るレオンに追い越されるTina。

いきなり車道に飛び出してきたレオンはViggoの運転する救急車に惹かれて死んでしまう。
目の前で事故を目撃したVidar。
搬送されていたFrode夫婦。
駆けつけるÅsa 、少女と少年達、母親。
ここでみんな揃う。

しかし、すべてはVidarの夢だった。
そして、彼は次第にそれが予知夢であると確認するようなり 
レオンの死を防ごうと彼を捜しに出る。

全員の関係性:(順不同)
Magneに手紙を頼まれた少女は母親に届けるが、その場で自殺を図っているTinaを発見し通報。
Viggo達が救命にやってくる。

一方二人の少年は、恋人に会いに来たオーソのカバンをひったくり、その場で弟のMagneがÅsaに捕まってしまう。
c0237163_13355185.jpg

家までいったÅsaは、少年が二人だけでひどい家の中で暮らしていたことを知る。

翌日は亡くなった父親の葬儀の日で、ケースワーカーと共に少年達は参列する。
一命を取り留めた母親Tinaは、Magneの手紙で葬儀を知り教会へ足を運び、息子達と再会する。

レオンの兄Trygveはアロハシャツを着込み(何故かみんなアロハ)弟に会いにやってくる。
弟は「Åsaを待っている」と兄との外出を拒むが結局、アロハを着せられ連れ出されてしまう。
c0237163_1336254.jpg


ヴィダールの夢の中でレオンを轢いた救急車に乗っていた夫婦(フローデとミラ)は、初めての子供が重い心臓病を患い
莫大な費用がかかる手術を受けない限り助からないと宣告される。
財産を売ったり銀行に掛け合ったりしてお金を工面しようとするが、絶望的だ。
覚悟を決めて、銀行強盗を試みようとした瞬間に、Trygveが押し入ってきて目の前で大金を奪っていった。

兄の計画を知らなかったLEONは、国外(Hawaii)へ逃亡しようとする兄の隙をついて逃げ出す。
盗んだ大金を持って。
LEONはÅsaに会いにオスロにある”Hawaii”というレストランへ向かったのだった。
そして立ち寄った公園のゴミ箱にそのお金を投げ捨てる。

子供の命が助からないと、公園で途方に暮れていたFrodeを見かけたLEONは
”Hawaii"はどこにある?”と彼に訪ねる。
店の場所を聞いたLEONはまた全力で走り去り、Frodeがふと目にしたものは
LEONが捨てた大金だった。
それがあれば、子供の手術が出来るのだった。

Hawaiiを見つけたLEONは、そこでやっと恋人Åsaと再会する。
どうしていいかわからないLEONはすぐにレストランを去ろうとするが
駆けつけたVidarに止められ、Åsaとの時間を過ごすのだった。

そこへ兄がやって来てお金を要求するが、結局警察に捕まってしまう。
釈放されたLEONは再び夜の街へ逃げだし、それを追いかけるVidarとÅsa。
すれ違う登場人物。
次第にすべてが夢と同じになっていく・・・

しかし跳ねられたのはLeonではなくVidarだった。
息を引き取る前にLeonを呼び寄せVidarは言う。

「あの3つの単語を彼女に言うんだ」


それは

”Jeg elsker deg.” 

c0237163_1339263.jpg



means 

”I love you.”





ストーリー:
Hawaii, Oslo is the story of a handful of people who cross each other's path without necessarily knowing each other, during the hottest day of the year, in Oslo. We follow Frode and Milla. They are having their first child, who they are told will not live long. We follow Bobbie-Pop, a faded singer who tries to commit suicide. We follow Leon, an institutionalized kleptomaniac who is loking for Åsa, to whom he has a ten year old deal to get married. We meet Leon's brother, Trygve, who fetches Leon at the institution to celebrate his birthday, but who himself has plans to use his leave from prison to run away. And most of all we meet the angel Vidar, Leon's best buddy at the institution, who sees things no one else can see, and who may be able to save everyone - except himself?


■ 原題:Hawaii, Oslo
■ 監督:Erik Poppe
■ 脚本:Erik Poppe/ Harald Rosenløw+Eeg
■ 出演:Trond Esspen Seim, Jan gunnar røise, Evy Kasseth Røsen他
■ 2004年 ノルウェー/デンマーク/スウェーデン ■ 125min 
■ 言語:ノルウェー語
■ 日本未公開
(英語字幕で鑑賞のため、解釈が違ってたらすみません)

【受賞】
2005年 Amand Award Norway
Best Film賞受賞
Best screenplay賞受賞
Best Actor(Stig Henrik Hoff) ノミネート
Best Direction(Erik Poppe)ノミネート





    
[PR]
by oto_ichi | 2012-04-26 19:26 | ヒューマンドラマ
Through a Glass, Darkly
天使の存在は信じますか?
c0237163_14243859.jpg



ピュア度★★★★★
映像美★★★★


クリスマスが近づく雪深いノルウェーの郊外。
12歳(のセシーリエは、重い病を患いほとんどの日をベッドの上で過ごしていた。
c0237163_14262119.jpg


まだ元気だった夏、
家族で訪れたスペインで出会った少年セバスチャンを想いながら。


物語の中では、過去と現実の時空が交錯しながら進行する。
つらい治療と、病気で身体が思うようにならないセシーリエの記憶の中で
美しい音楽と夏の思い出がフラッシュバックして進んでいくところが、とても切ない。


二人の出会いは、彼を偶然見つけたセシーリエが
バルコニーからわざとタオルを投げ落としてきっかけを作ったことだった。
c0237163_1429998.jpg


セシーリエとセバスチャンは、短い夏の間に恋に落ちる。
c0237163_14292149.jpg


すれ違いながらも、やっと会えた翌日
セシーリエの家族はスペインを後にする。

そして最後に一緒に泳いだ海で、セシーリエは祖母からもらった真珠のネックレスを無くしてしまうのだった。
c0237163_14295678.jpg


別れ際 セバスチャンは彼女に手紙を送ることを約束する。


*   *   *   *   *

場面は変わってノルウェーでのクリスマスイブ。
ツリーのてっぺんに飾る星が気に入らないセシーリエ。
去年の「お気に入り」がどこかへ行ってしまったため、必死で探す父親。

プレゼントにスキー板をもらっても、母親はセシーリエにスキーをさせたがらない。
薬を強要したり好きなことをさせてくれない母親にセシーリエは反抗している。

イブのお祝いが終わり、ベッドに入ったセシーリエの元に
天使(アリエル)が突然現れる。
c0237163_1430527.jpg



最初は驚いていたセシーリエも、しだいに心を開いていき
天使は毎晩セシーリエのベッド脇に現れては、
真夜中ベッドで空を散歩したり、
人生や宇宙の神秘について話しをする。
c0237163_1431630.jpg


しかしセシーリエの病気はますます悪くなり、薬も治療法ももはやなく
あとは時間の問題だった。

自分の死を受け入れようとするセシーリエ。

手紙が来ないことをアリエルに相談するも
「男の子は男の子だ。全部忘れてるさ」と言われ、
いらだったセシーリエは、アリエルを追い出してしまう。

それでもアリエルはまた彼女の元に現れ、
動けないほど具合の悪かったセシーリエは、すこぶる体調が良くなり
誰もいないスキー場で思い切り遊ぶ。
c0237163_1432530.jpg


そして無くしたはずの「お気に入りの星」を見つけるのだった。

翌日、瀕死の状態になったセシーリエの元に届いたものは
無くした真珠のネックレスと、セバスチャンからの手紙だった。

"あのネックレスを必死で探していた。
君のためならどこまででも探しに行く。


そして、セシーリエはアリエルと共に旅立っていく。


英語字幕で鑑賞したため、解釈が違う部分があるかもしれませんが、
スペインの美しい海と、ノルウェーの幻想的な雪原の映像が美しい
とてもピュアな物語でした。




ストーリー:
It is close to Christmas. In a snow covered landscape in the countryside of Norway we meet 12 year old CECILIE , her friend KLARA and Cecilie's family . They are all preparing for Christmas Eve. Cecilie, however, is seriously ill and spends most of her time in bed, daydreaming about the Spanish boy SEBASTIAN who she met on holiday last summer. One night ARIEL shows up in Cecilie's bedroom, a small strange looking fellow who claims he is an angel and starts talking to Cecilie about the wonders of life. Cecilie finds Ariel quite irritating, but they agree that if Cecilie tells Ariel how it feels to be a human being, Ariel will tell Cecilie about angels and the mysteries of the universe. "Through a Glass, Darkly" is a moving, magic and playful story about a young girl who, at the end of her life, learns to accept death and understands how wonderful life really is. The script is based on the novel "Through a Glass, Darkly" by world famous Norwegian author Jostein Gaarder ("Sophie's World"). Written by Turid Øversveen


■ 原題:I et speil i en gåte
■ 英題:THROUGH A GLASS, DARKLY
■ 監督:jestein gaarder (novel) Jesper W. Neilsen
■ 脚本:Jostein Gaarder
■ 出演:Marie Haagenrud/Aksel Hennie/ trine wiggen 他
■ 2008年 ノルウェー ■ 100min 
■ 言語:ノルウェー語
[PR]
by oto_ichi | 2012-03-30 19:23 | ファンタジー
トロール・ハンター
得体の知れない未知の生物大好き。
なのでコレ。

トロール・ハンター
c0237163_142091.jpg


おもしろ度★★★★
スリル度★★★★

ズバリ!これはおもしろかった。
(※内容もさることながら、笑いのツボ多し)

トロールとは北欧の国々で伝承されている伝説の生物で、
『となりのトトロ』に登場する“トトロ“のモデルとして知られている。

ということは この映画を見て知りました。。

トトロ
c0237163_14283973.jpg


トロール
c0237163_14291146.jpg

(ちなみにこれは「爆笑トロール」という名前で載ってました)
うーん・・・お世辞にもカワイイとは言えない。。(これでもカワイイ方の写真を選んだの)

日本でいうところの小人?
モノが無くなった時とか「また小人の仕業か~」とつぶやくよね(私だけ?)


そんな摩訶不思議の生物を追うハンターを学生3人が取材するうちに
偶然 トロールの撮影に成功してしまうという臨場感あふれるスリリングなダーク・ファンタジー。

主人公トーマス君、突撃取材の図↓
c0237163_0341026.jpg


トーマスチームは夜中も動向↓ いつ寝てるんですか?
c0237163_0344082.jpg


昔見た「ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999)」↓みたいな感じかしら?と思って見てみました。
キャッチコピーは「恐くて目をつぶれない」 
※これはホントに恐かった・・・特に最後。

んでトロール・ハンター見た。


違った。

いい意味で裏切られました。

だってさ



ど~ん!トロールでかっ!
c0237163_045571.jpg



しかも、おじいちゃん?(上と下は違うトロールです、こちら やや小さめ)
c0237163_046472.jpg



なんか、突っ込みどころ満載でとても楽しい映画です。
ご家族でどうぞ(子供泣くと思うよ)。


日本では2012年3月24日公開 レイトショーだそうです。
予告編はこちら↓



ストーリー:
ノルウェイの学生3人は、地元で起きる熊の変死事件を追っていた。
彼らはその過程で不思議な男・ハンスと出会う。ハンスは夜に一人で森の中へと消えていき、学生たちは彼をおって森の奥へ。
すると、そこにはおとぎ話の中でしか存在しないはずのトロールがいて……

■ 原題:TROLLJEGERE
■ 監督:アンドレ・オヴレダル
■脚本&原案 アンドレ・オヴレダル
■製作 マーカス・B・ブロダーセン/スベナン・ゴルモー/ジョン・M・ジェイコブセン 
     トロンド・G・ロッカーセン/ラース・R・マーロイ
■ 出演:オットー・イェスペルセン/トーマス・アルフ・ラーセン/ハンス・モルテン・ハンセン 
     ロバート・シュトルテンベルク
■ 2010年 ノルウェー ■ 103min ■ 言語:Norwegian
[PR]
by oto_ichi | 2012-02-19 19:17 | ダークファンタジー
隣人

穏やかな雪国 北欧ノルウェーで2005年公開のこの映画。

これは恐い・・・恐かった。

いや、だってコレ見て。
ポスターからして恐いですから。。

c0237163_20235328.jpg


サイコ度 ★★★★★
映像美  ★

ジャパン・プレミアってことは近日公開予定?
(※ジャパンプレミアって日本初公開って意味で公開予定というわけではないそうです)

しかし日本ではR18も危ぶまれ、本国ノルウェーでも17年ぶりにR指定を受けたという、この内容。
うなづけます。。

概要は、平凡?なサラリーマンらしき男性が隣の美人姉妹に誘惑されて
そしたら大変な事になっちゃうっていう 「美人に注意!」なサイコ・スリラー。

主人公ヨーンさん(右)、妹に誘惑されるの図↓
c0237163_20331248.jpg


そして いったい何部屋あるんですか?ってくらい広いアパートメント。
それだけでも恐いわ。

ちょっと最初は(なぬ?え?なにが?)って意味が理解出来なかったんだけど
後々 ほほぉ~という展開に。(全く伝わらないと思います、すいません)

いきなり綺麗な女性に「隣に住んでるんだけど、重いもの運んでもらえます?」って言われたら
それは男子なら行っちゃうかもしれないですわね。
でもこの美人が「どうせやる事ないでしょ」とか言っちゃって、高飛車なところで考え直した方がいいと思うよ。

一回痛い目にあっても(おいおい!また行くんかい!)って
3回くらいお部屋に行っては都度閉じ込められて恐い思いするヨーンさん。

でも妹のお部屋(汚ギャル?)ってくらいグチャグチャですから。

ひやぁ~・・恐っ・・・って思いながら見てた中盤、
知ってるオジサマ俳優登場!(ほら、私 名前覚えられないから)

まるで、迷子になった知らない土地で 偶然にも知り合いじゃないけど商店街のオジサンがいて
すごいホッとしちゃった感じの安心感を覚えてしまった。。(でもこの人も恐い人だった)
そしてちょっと若かった。

それがこのオジサマ ミカエル・ニクヴィスト、スウェーデンの俳優さん。
c0237163_20471713.jpg



今話題の「ドラゴンタトゥーの女」、原作 スウェーデン版ミレニアム 3部作で主役のライターやってたから覚えてた。

ちなみにアメリカ版は見てないけど、絶対スウェーデン版の方が恐いと思っている。。
ミレニアム3部作あったけど、第1部があまりに恐くて続き見るの止めたもんね。
見る機会があったらアメリカ版も見てみます。
このオジサマ、「北京から来た男」にも出てました。有名なんだろうな。

本題の作品のストーリーは意外な結末なんだけども、
恐いながらも最後はヨーンさんの繊細さにちょっと同情してしまいました。
そしてあの姉妹はいったい誰なんだ・・・

興味があったら見てみてください。
ドアベルが恐くなるよ・・・

(ノーザンライツフェスティバル2012 にて)



ストーリー:
恋人にフラれて傷心中のヨーンは、ある日“隣人”だという女性アンネに、部屋の家具を動かしてほしいと頼まれる。部屋に行くと、彼女の妹だというキムがおり、2人は別れ話の一部始終を壁越しに聞いていたという。まるで自分を試すかのように、傷口に塩を塗るようなことを容赦なく言ってくる謎の姉妹。それを機に、ヨーンの日常は少しずつ歪み始める……。

■ 原題:Naboer/英題:Next Door
■ 監督:ポール・シュレットアウネ(Pål Sletaune)
■ 出演:クリストファー・ヨーネル/セシリー・A・モスリ/ジュリア・シャハト/ミカエル・ニクヴィスト
■ 2005年 ノルウェー/デンマーク/スウェーデン ■ 75min ■ 言語:Norwegian
【受賞】 2005年アマンダ賞最優秀主演男優賞
(ジャパンプレミア)
未成年者の観覧に適さない暴力的・性的な描写があります。

詳しくはこちらをクリック
[PR]
by oto_ichi | 2012-02-12 21:36 | サイコ・スリラー


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧