ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
タグ:ベルギー ( 3 ) タグの人気記事
はちみつ色のユン

肌の色って?家族って?
そして、ぼくは誰?


c0237163_1552046.jpg



映像★★★★★


1960年代から70年代、朝鮮戦争後の韓国
親を失った20万人の孤児たちは国際養子としてヨーロッパへ養子に出されていた

戦争で親を失ったり、私生児を嫌うという風習から捨てたれた子供たちである
c0237163_15543291.jpg



アジアからヨーロッパ
顔だちも、髪の色、瞳の色もまったく違う家族の元へ子供たちは養子に出されていった


推定5歳
肌の色:はちみつ色


ベルギーの一家に引き取られたユン
その家はすでに4人の子供がいたが、父と母はユンを我が子と同じように育てる
外見の全く違う兄妹たちもユンを可愛がってくれる
c0237163_1555366.jpg

c0237163_15551952.jpg


ユンは戸惑いながらも
お腹いっぱい食べられる
温かい布団で寝られる
おもちゃがある

そんな幸せを生れて初めて味わい
次第に母国語を忘れフランス語を覚えていった
c0237163_15553332.jpg


しかし、生母への慕情は消えることはなく
幻影を絵に描くことによって才能を開花させていく
c0237163_15562754.jpg



そして、家族は新たな韓国からの女の子ヴァレリーを迎え入れる 
今でも自分の居場所を探し、母の愛が欲しい
それなのに幼いヴァレリーは母を独り占めしてしまう
c0237163_15564018.jpg



思春期に差し掛かったことをきっかけに
ユンは自分のアイデンティティを探し求め始める
c0237163_155751.jpg




* * * * *


毎週「テレビでフランス語」という番組を見ていたら紹介された一本
ちょうど下北でやってたので観てきた

シアターはミニのミニで学校の視聴覚室みたいなところ
でもそんなマイナーな感じがけっこう好き
お客さんは私含め7人だった
c0237163_1621736.jpg



当時養子に出された子供たちは今、30代から50代
自分はいったい誰なのか?

監督はこう語る
僕は半分アジア人でヨーロッパ人
どこへ行っても外国に来たような気がする
ヨーロッパではアジア人に見られ、韓国では韓国人なのか?と

アイデンティティの喪失によって精神を病んでしまったり
自暴自棄になってしまった人も多いという


長い間、自分を捨てた国に怒りの感情を持っていた
韓国人であることを否定したくて
日本人になりたいとさえ思った
(インタビュー記事より)



重いテーマではあるが、アニメーション、8mmフィルム、現代
3種類の映像が組み合わさっており
暗い時代背景などは緩和され
最後は心温かくなるドキュメンタリー
c0237163_1632714.jpg


映画館に飾られていた絵コンテ
c0237163_1673669.jpg



番組インタビューでは素敵な言葉があったので
それは写真ブログの方で今度紹介したいと思います

c0237163_1672238.jpg





■ 原題:Couleur de peau:Miel
■ 監督:ユング・エナン/ローラン・ボワロー
■ 2012年 フランス/ベルギー/韓国/スイス
■ 言語:フランス語 
■ 75min 
■ 下北沢Tollywoodにて鑑賞

【受賞】
・36回 アヌシー国際アニメーションフェスティバル 観客賞&ユニセフ賞


  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-25 19:51 | ドキュメンタリー
チキンとプラム~あるバイオリン弾き 最後の夢~

死を決意した男の8日間

c0237163_11381179.jpg



ファンタジー★★★★★
ストーリー★★★
コメディ★★★
映像★★★★


1950年代 テヘラン
天才音楽家、ナセル・アリは20年間世界的バイオリニストとして活躍してきた

c0237163_11383732.jpg



しかし、家庭を顧みないことで激怒した妻にバイオリンを壊されてしまう
c0237163_11385481.jpg



同じ音色を奏でるバイオリンは見つからない
もう演奏は出来ないと悟ったナセル・アリは死を決意する

そして、死の床につくまでの最期の8日間で振り返った彼の人生が
叙情的、ファンタスティックに描き出されていく

c0237163_11415446.jpg


愛のない結婚

世界中を飛び回った演奏旅行

師匠から「テクニックはあるが空っぽな音」と言われた修業時代

しかし若き無名時代に出会った美しき女性イラーヌとの恋が
空っぽな音に息吹を吹き込んだのだった

c0237163_1140274.jpg



と、宣伝や文章を読むとロマンチックな匂いがぷんぷんするが
内容はけっこうシュール、奇想天外、コミカル



叶わない恋に傷心しながらも気の進まない親の進める結婚をし
子育てに追われる妻ファランギーズからは毎日怒鳴られる

c0237163_11404722.jpg

しかし彼は言う

君は芸術家と結婚したんだ


うーむ・・・

ナセル・アリは自己中心的で我が儘な性格
最初から結婚には不向きだ

それを承知で彼の帰りを一途に待ち結婚した妻
しかし喧嘩となるとフランス女性というのは強そうだ


孫を連れ、思秋期を迎えたイラーヌと 街中で偶然すれ違うナセル・アリ

どこかでお会いしませんでしたか?

いいえ、まったく覚えていません


しかしイラーヌもまたナセル・アリを忘れたことはなかった
気づかれることなくイラーヌは一人涙を流すラストは切ない



ちなみにナセル・アリの母親役イザベル・ロッセリーニ(写真中央)
c0237163_11424478.jpg


父親が映画監督ロベルト・ロッセリーニ、
母親があのイングリッド・バーグマン↓
c0237163_11432775.jpg


イザベラ・ロッセリーニ(過去)↓
c0237163_11441878.jpg


お母さんに似てますねー美人ですねー
美人は3日で飽きるというけど写真見てるだけじゃ飽きないですねー
ちなみに私は知的美人バーグマン派で!

バーグマンはスウェーデン、イザベルはやっぱり+イタリアって感じですかね

他の映画でもそうだけど
オリエンタルな国の女性というのもとても神秘的で魅力的
一目惚れしても仕方ないですね

北欧、東欧は美人の宝石箱やー!

c0237163_11451945.jpg



それに比べるとアジア人てやっぱり不利じゃない?・・・(¬3¬)
ミスユニバース日本代表とかも個人的には それほどでもなくない?という感じがする
日本は日本的な和美人で勝負出来ないもんなんでしょうかね、やっぱ世界レベルになると


あ、こんな感じで終わらせるはずじゃなかったのに!
ブスユニバースとかないといいな



■ 原題:POULET AUX PRUNES(CHICKEN WITH PLUMS)
■ 監督:マルジャン・サトラピ
■ 出演:マチュー・アマルリック(ナセル・アリ)/エドゥアール・ベール(アズラエル)/マリカ・デ・メディロス(ファランギーズ)/
ゴルシフテ・ファラハニ(イラーヌ)/イザベラ・ロッセリーニ(パルヴィーン)他
■ 2012年 フランス/ドイツ/ベルギー
■言語:フランス語 
■ 92min 
■ 映倫:PG12
■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2012-12-05 19:37 | ファンタジー
少年と自転車
日本から生まれた物語。
c0237163_163003.jpg




切ない度★★★★★
映像★★★★★
ハートウォーミング度★★★★★




ベルギーを代表する映画監督ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ兄弟が、
日本で開催された少年犯罪のシンポジウムで耳にした
“育児放棄された子ども”の話に着想を得て作り上げた作品。
本作で、カンヌ国際映画祭5作品連続主要賞獲得の快挙を成し遂げた
ダルデンヌ兄弟の実力に舌を巻く。
-映画情報より-


反抗的な態度の中に純粋な子供らしさ、少年らしさを感じました。


父親に捨てられ、施設で暮らすシリル 12歳。
c0237163_16313836.jpg


この少年、逃げ足がとても速く身軽ですばしっこい。
父親を捜すため、何度も脱走を試みては捕まるけれど、あきらめずにまた逃げる。

自分を捨てて、お金のために大切な自転車まで売り払ってしまった行方のわからない父親を最後まで信じ、
一生懸命探す姿がいじらしく、胸が痛む。

たまたま逃げ込んだ診療所で出会った女性サマンサ。
彼女は少年から聞いていた自転車を持ち主から買い戻し、施設に届けてくれる。

「週末だけ里親になってくれない?」
c0237163_16321125.jpg


こんなに簡単に里親ってなれるのか?と思うほどすんなり事は進んで行くのだが、
子供に直接そんなことをお願いされたら、むげには断れないと思う。。

二人で父親を捜し出し、会いにいく。
c0237163_16334820.jpg


なんと無責任なっ!と思うような父親ではあるが、シリルにとっては会いたくてたまらないパパなのだ。
パパの仕事をけなげに手伝うシリル
c0237163_16341819.jpg


「土曜には電話する」という父親の言葉を信じる息子。

しかし、父親はサマンサに
「あの子が負担だ。面倒見切れないから任せる。と、あの子に伝えてくれ。」
まったくあきれる発言に、サマンサキレる。(そりゃそうだ)

「自分で言いなさいよ!はっきり!」


「もう会いに来るな」

-電話してくれるでしょ?

「わからない。いや、しない。」


自分の子供にこんな残酷な仕打ちって出来るのだろうか・・・?


深く傷ついたシリルは、サマンサに反抗的な態度を取るようになる。
サマンサはそれでもシリルを愛情深く見守るが、それによって恋人との仲もぎくしゃくしてしまう。

「もう里親を断れよ。オレとこの子どっちを選ぶんだ?」 

って大人げないよ・・・彼氏。。

ためらいなくシリルを選ぶサマンサの選択に、拍手。
そんなこと言う彼氏なんか別れちゃっていいよ。


ある日シリルはあまり素行の宜しくない少年に目を付けられ、盗みを教えられてしまう。
悪い友達↓
c0237163_16371159.jpg


盗んだお金を父親の元へ届けるシリル。
c0237163_16381528.jpg

父親は怒り、シリルを追い返す。

問題を起こしたシリルを支え、守り続けるサマンサ。
c0237163_1639716.jpg

私だったらどうするかなぁ とこれまた考えて、サマンサみたいに出来るかなぁ とかいろいろ。

最後までいろいろハプニングは続きますが、
いいお友達も出来そうだし
シリルとサマンサ、お互いに心を開きつつ少しずつ家族になっていくんだろうなと想像出来る。
c0237163_16401677.jpg


シリル病院行ってね(何でだかは内緒・・・)

c0237163_16412071.jpg



ただいま公開中↓




ストーリー:
児童相談所に預けられたまま12歳になろうとしていた少年シリル(トマス・ドレ)は、
いつか父親を見つけて一緒に暮らしたいと願っていた。
ある日、彼は美容院を営むサマンサ(セシル・ドゥ・フランス)と出会い、
ごく自然に彼女と共に週末を過ごすようになる。
二人は自転車に乗って街を走り回り、ようやくシリルの父親(ジェレミー・レニエ)を捜し出すが……


■ 原題:Le Gamin au Vélo
■ 監督:ジャン・ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ
■ 脚本:同上
■ 出演:セシル・ド・フランス/トマ・ドレ/ジェレミー・レニエ 他
■ 2011年 ベルギー/フランス/イタリア ■ 87min 
■ 言語:フランス語


【受賞】
第64回カンヌ国際映画祭グランプリ
第69第ゴールデングローブ賞 外国語映画賞ノミネート
第24回ヨーロッパ映画祭 最優秀脚本賞
[PR]
by oto_ichi | 2012-04-22 19:29 | ヒューマンドラマ


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧