ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
ウインターズ・ボーン
社会派ドラマとでもいいましょうか。
c0237163_12495874.jpg


シリアス度★★★★


物語は限りなく暗い・・・
ミニシアターで2本立てじゃなかったら見なかっただろうな と思う一本。

17歳のリーは精神疾患を抱えた母親と、幼い弟妹の生活を見ている。
c0237163_13144334.jpg



父親は薬物による罪に問われ、裁判出廷を命じられているが消息不明。
父親の保釈で担保となっている土地家屋が没収の危機・・・

不幸すぎる・・・
薬物、貧困、閉鎖的な環境、犯罪の連鎖 

こういうのを「社会の闇」と呼ぶのでしょうか。

この飽食の日本でも餓死者が出る世の中で
う~ん、世界のどこかでこういうことは起こっているんだろうな 
と考えると感慨深い作品。

出てくる女性陣がみんなすごくタフ(心身共に)で恐い・・・
この主人公リーも負けずに勇敢な少女である。


幼い妹に銃の扱いを教えるリー
c0237163_12503566.jpg

一人っ子じゃなかったのがせめてもの救いだよね。


ズバリ、後味悪いです。
好きか嫌いかはパックリ別れる作品じゃないでしょうか。
でも、最後は少しホっとします。

c0237163_12504749.jpg

この3人が強く生きて、幸せになることを願わずにはいられない。


ストーリー:
米国中西部のオザーク高原。女子高生リーは家事と弟妹の世話を一手に引き受ける孝行娘。
しかし、父親が裁判を放棄し行方をくらましたことで、担保として自宅が差し押さえられてしまう。
リーは親族に父の消息を尋ねるも手掛かりはなく、厳しい選択を迫られる。
残された家族を守るため、失踪した父親捜しの旅に出た少女の姿を描く人間ドラマ。

■ 原題:WINTER'S BONE
■ 監督:デブラ・グラニック
■脚本:デブラ・グラニック/アン・ロッセリーニ
■ 出演:ジェニファーローレンス/ジョン・ホークス/デイル・ディッキー
■ 2010年 アメリカ ■ 100min ■ 言語:English 
【受賞】
2010年サンダンス映画再 ドラマ部門 グランプリ受賞
第83回アカデミー賞 作品賞、脚色賞、主演女優賞、助演男優賞ノミネート
[PR]
by oto_ichi | 2012-03-06 19:49 | ヒューマンドラマ
<< マーガレットと素敵な何か ヘアスプレー >>


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧