ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
ドライヴ
心臓の悪い方は見ないでください。
c0237163_22312877.jpg


ダーティー度★★★★★
バイオレンス度★★★★★
ロマンス度★★★
音楽★★★★★
映像★★★★
総合点★★★★★
女子度ゼロ


久々にキターーーーー!!
これはカッコ良すぎるっ!!!


ずっと気になっていた一本、見てきました・・
エンドロール終わっても、なんだかすぐに帰る気がしなかった。

あのね、悪いことをしているんだけどもアニメのスーパーヒーロー並にかっこいいのです、この主人公。
(例えが安っぽくてすみません・・・)

主人公のDriver、昼間は映画のスタントマン、修理工として働き、
c0237163_22421338.jpg


夜はその天才的ドライブテクニックを駆使して強盗の逃走を請け負うという二面性を持つ。
c0237163_2243047.jpg


冒頭からすでにカッコ良い度K点越えです。
強盗を待つ時間はきっかり5分。

「何があっても5分は待つ。それ以上は待ってると思うな。Do you understand?」

この Do you understand? (わかったか?)が決めゼリフなんだけど、
カッコいいんだなぁ~これが。


強盗を待つこの5分だけでも、心臓バクバクしちゃうよっ。
そしてギリギリで逃走しても、なんなく警察の包囲網をくぐりぬけ、人混みに車を止めて無言で立ち去るDriver。
名前がないのもいいぢゃない?

孤高、無口、ニヒル、でも子供には優しい。
普段は眉間にしわを寄せているか、無表情でろくに挨拶もしない。
でも好きな女性に対しては、とても親切だし、優しいまなざしを向ける。
c0237163_22373839.jpg

これは反則でしょ。。

普段愛そうがないだけに笑ったときの the GAP!
c0237163_2240846.jpg


しかもケンカ(実際命がけなんだけど)も超強い!!
一瞬にして悪い奴をボッコボコ。


物語は終始 緊張感しっぱなし。
でもその中で主人公と彼が唯一心を許した女性、アイリーンとの繊細な感情の機微が描かれています。

この背中に胸キュンのアイリーン。(気持ちはわかる)
c0237163_22553250.jpg


しかし、服役中のアイリーンの夫が出所することから状況は急変。
コイツさえいなければっ!っていうもどかしさ。


映画館での宣伝文句が
「人がバンバン死ぬ X 巨乳 X 車が横転 =最高!」

「クールなカーアクションとストーリーで魅せる、全男子必見のクライム・サスペンス・ムービー!」
c0237163_22485691.jpg

ってアレ?全男子??

あー、と思って見渡すと客席ほぼ男性・・・いてもカップル数組。
女子一人で見に来てるの私だけでした・・・

しかも、クライム・サスペンスというよりもバイオレンス・アクションだいぶ入ってるよっ!
なんで R15+ なのかしらねぇ?なんて思いながら前半見てたけど、
はい、R15+ で正解。

後半から、色んな体液が飛び散り、びゃぁびゃぁ血が出ます。
かなりリアルなので、苦手は人は要注意。

しかし、ちゃんとロマンスの要素あり。
c0237163_225036100.jpg

このために闇社会を敵に回すことになるのですから・・・

アイリーン役のキャリー・マリガンは先日の「SHAME」で自殺壁のある妹役で出てました。
c0237163_22505319.jpg

でも今回はとってもキュート。
女優さんてやっぱりすごい。

でも何がすごいって、カースタントの人が一番すごぉ~~~い!!

(どうでもいい情報)
Driverが仮面をかぶって悪い奴を殺しに行く場面があるんだけど、
見終わった後 4人組の高校生らしき男子達が「あれ、恐かったな-。でもウケた。スケキヨかよっ!」
って、確かに犬神家をちょっと彷彿とさせます・・・


ストーリー、音楽、暗めの映像、俳優、全てにおいて
”COOL”ってこういうこと言うんだな。

もっかい見に行こう~っと♪
c0237163_23344793.jpg



ただいま公開中↓



ストーリー:
天才的なドライビングテクニックを持つ寡黙な“ドライバー”(ライアン・ゴズリング)は、昼は映画のカースタントマン、
夜は強盗の逃走を請け負う運転手というふたつの顔を持っていた。
ある晩、同じアパートに暮らすアイリーン(キャリー・マリガン)と偶然エレベーターで乗り合わせ、一恋に落ちる。
しかしアイリーンの夫の出所後、次第に裏社会の抗争に巻き込まれていく・・・。
デンマーク出身の新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン監督が手がけ、2011年・第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。

■ 原題:DRIVE
■ 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
■ 脚本:ホセイン・アミー
■ 出演:ライアン・ゴズリング/キャリーマリガン/ブライアン・クラストン 他
■ 2010年 アメリカ ■ 100min 
■ 言語:英語
■ R15+

【受賞】
2011年 第64回カンヌ国際映画祭で監督賞受賞
[PR]
by oto_ichi | 2012-04-07 20:22 | バイオレンス・アクション
<< 家庭の庭 あしたのパスタはアルデンテ >>


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧