ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
アベンジャーズ
スーパーヒーローのドリームマッチ
c0237163_165315.jpg



非現実度★★★★★
人間味★★★★
映像★★★★
まっちょ度★★★★
ユーモア度★★★★★
バイオレンス度★★★★★




濃いい・・・です。

まずは、個性的な各キャラ紹介から行きましょう~。
ヒーローや神でもそれぞれ、過去や悩みをかかえてる。

アイアンマン
c0237163_166429.jpg

女好き、億万長者、自己中
チームの中心人物。戦う実業家と言われ、アメリカ政府と契約を結ぶ巨大軍事企業のCEO。発明家。
鋼鉄製のパワードスーツを装着し、アイアンマンに変身する。
自由自在に飛び回り、攻撃もスマートで見ていて気持ちいいくらいスッキリする。
軍事企業として兵器を販売することで新たな戦争を生み出すことを知り、武器製造から撤退。



キャプテン・アメリカ
c0237163_1671581.jpg

ザ・真面目!熱い男。
ルーツは強い愛国心を持ちながらも虚弱な肉体で何度も軍への入隊を拒否されてきた青年、スティーブ・ロジャーが、
米戦略科学予備軍の”スーパーソルジャー計画”の被験者となったことがきっかけ。
星条旗をモチーフにしたパワードスーツを「オールドファッション」とちょっと小バカにされることもある。
もともと1940年代前半の実験でキャプテン・アメリカになり、70年間氷付けで冷凍保存されていたため
現在は恐らく90歳くらいのおじいちゃんかと思われる。



ハルク
苦悩の科学者、ブルース・バナー。
虐待された薄幸な幼少時代を経て、性格は内気で非社交的。その一方天才的頭脳を生かし科学者になる。
c0237163_1694990.jpg

実験中の事故により 怒りや悲しみの感情を抱くと怪力の緑色のモンスターハルクへと変身し、コントロールが聞かなくなる。
変身するときにシャツは破けるが、ズボンは伸びるので全裸になることはない。
人間に戻るときにズボンもちゃんと縮む。
c0237163_16101822.jpg



ソー
家族の問題を抱える神。
c0237163_1612409.jpg

ルーツはノルウェーの北欧神話ソー(ノルウェー語はトロール)から来ている。
王位継承問題で、傲慢な性格だったソーは神の世界を戦乱に巻き込んだため、地球へ追放。
改心した彼は、義弟のロキから地球征服を守るために戦う。
心を入れ替えたのはいいが、少々センチメンタルな面があるためロキに騙されるが多々ある。
神のためパワードスーツはなし。武器はソーにしか操れない四角いハンマー。



ホークアイ
人間。弓の名人、銃に興味なし。「ホークアイ」はコードネーム。
ロキに暗示をかけられ一時的に敵側に付いてしまうが、ブラック・ウィドウにぶんなぐられ正気に戻る。
c0237163_16133222.jpg





ブラック・ウィドウ
c0237163_16135194.jpg

並はずれた身体能力を持つ、魔性のスパイ。現在はトニー・スターク(アイアンマン)の秘書。
今回ロキの世界征服による地球の危機を救うため最強のスーパーヒーロー軍団「アベンジャーズ」を結成するべく招集する。


c0237163_16141431.jpg

以上が、アベンジャーズメンバー。


ストーリーは、ざっくり説明しますと
国際平和維持組織シールドである研究が行われていた。
がしかし、四次元キューブ」という世界を破壊する力をもった四角い物体を地球征服をたくらむ邪神ロキによって奪われてしまう。
その侵略を阻止するべくみんなで力を合わせてアベンジャーズが戦う。
c0237163_1615276.jpg

c0237163_16315817.jpg


ちなみに、ロキに操られてキューブの強奪に荷担してしまうセルヴィグ博士にステラン・スカルスガルドおじさん。
スウェーデン人俳優で「孤島の王」なんかにも出てましたよ。

全体的にユーモアたっぷり、アクション盛りだくさん、イケメン度も高くストーリーは単純。
ただ、全キャラの過去の作品も見ているとさらに120%楽しめるんではないでしょ-か?

戦う前?の打合せ↓
c0237163_1618848.jpg


大仕事の後の打ち上げ↓
c0237163_16184279.jpg




どれになりたい?って聞かれたら んーと・・・

アイアンマン!と言いたいところだけど機械に弱いので



ソー にします!

c0237163_16172419.jpg





■ 原題:THE AVENERS
■ 監督:ジェス・ウェドン
■ 脚本:ジェス・ウェドン
■ 出演:ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン)/クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)/マーク・ラファロ(ハルク)/クリス・ヘムズワース(ソー)/スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ)/ジェレミー・レナー(ホークアイ)/トム・ヒドルストン(ロキ) 他
■ 2012年 アメリカ 
■ 144min 
※2Dにて鑑賞
[PR]
by oto_ichi | 2012-09-11 19:43 | SFアクション
<< 最強のふたり るろうに剣心 >>


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧