ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
トイレット


みんな、ホントウの自分でおやんなさい

c0237163_14481226.jpg



コメディ★★★★
色合い★★★★★
ストーリー★★★★
荻度★★★★★



テーマは家族


カナダの田舎街に住むとある家族

おそらくカナダ人と結婚したであろう日本人の母親をもつ3兄弟妹+ばーちゃん
ばーちゃんは母方のばーちゃんで
母親が亡くなる直前に日本から呼び寄せた生粋の日本人

英語は一言もしゃべらない
孫3人は日本語をしゃべらない

でもばーちゃんのことは「Ba-Chan ばーちゃん」と呼ぶ

それぞれ問題だらけで変わり者

心の病で4年間引きこもりの長男モーリー
c0237163_1449472.jpg



他人とのコミュニケーションは取らず独自の世界観をもつプラモオタクの次男レイ
c0237163_14495894.jpg



人を小馬鹿にした目でみる妹リサ
c0237163_14525942.jpg



そしてセンセーという名の猫


母親が亡くなったあと、一度は同居を拒んだ弟レイだったが
アパートが火事になり、大事なプラモを持って仕方なく実家へもどる


そして奇妙な4人の共同生活が始まる

言葉のまったく通じない祖母と孫 言い換えれば外国人と日本人
変わり者ぞろいの孫の個性を受け入れながら
ちょっとずつユーモラスに縮まる距離感ががなんともいえない
c0237163_14533857.jpg

c0237163_14535142.jpg

c0237163_145413100.jpg


そしてこの監督作品ではかかせない「食」
c0237163_14542566.jpg



それが 家族 というテーマを支えるキーワードだと思う


「かもめ食堂」「めがね」の荻上ワールド
だいぶ前に紹介した「バーバー吉野」もそう

今回私はこれが一番好きになりました


公開時は観なかったんですが、これがなかなかCSでもやらずにやっと観れました

物語は弟レイが中心で進むけれど、モーリー、サラ、ばーちゃんはもちろん
同僚のインド人アグニもまた外せない脇役となっている

ちょいちょい活躍する猫のセンセーが「やっぱり猫がすき」を彷彿とさせます


観終わったあとは
兄弟もっと欲しかったな
おばあちゃん とか おじいちゃん とか欲しいなぁ と思わずにはいられない

c0237163_14544775.jpg





■ 原題:トイレット
■ 監督、脚本:荻上直子
■ 出演:アレックス・ハウス(次男レイ)/タチアナ・マズラニー(長女リサ)/デヴィッド・レンドル(長男モーリー)/
サチ・パーカー(謎の女性)/もたいまさこ(ばーちゃん) 他
■ 2010年 日本/カナダ
■ 言語:英語 
■ 109min 
■ BS放送にて鑑賞



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-12 19:47 | ヒューマンドラマ
<< チャイルドコール 呼声 ザ・フューチャー >>


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧