ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ラブリー・ボーン


逝くものと残されるもの


c0237163_144456.jpg



ファンタジー★★★★★
映像★★★
スリル★★★



なんとなくニュージーランドというのに惹かれて観てみた
※結末が書いてあります


んー つまんないところとおもしろいところとあって でもちょっと飽きちゃった

最初が長すぎで何回も 
(もうやめようかな~ CSI観ようかな~)とリモコンを何度も手にしつつ観た
ブログも書こうかどうしようか迷った


基本的に、CG映像ガッツリのファンタジーは観ないけれど
この映画はサスペンスの要素も含んでいたのでそこだけは楽しめた
ぶーぶー言ってる割にはドキドキした


ストーリーは
愛情深い両親と可愛い妹弟
大好きな家族に囲まれ楽しい毎日を送っていた14歳の少女 スージー・サーモン

c0237163_1422552.jpg

c0237163_142153.jpg



好きな上級生からデートの申し込みに胸をときめかせていた冬のある日
彼女は近所に住む小児性愛社の男によって命を奪われてしまう
c0237163_1423671.jpg



この犯人のおっさんがまたキモイ
c0237163_143256.jpg



自分の死に気づかない彼女だったが、少しずつ自分のおかれている状況を理解し、残され苦しんでいる家族を見守っていく
c0237163_15282544.png



一方 愛娘を失った家族は悲しみに暮れ次第にバラバラになってしまう

父親は犯人捜しに執拗になり、母親は自責の念かから出て行ってしまう
c0237163_15283945.jpg

c0237163_15285082.jpg



この様な展開で毎回思うことは
子供を一人失ったとはいえ、まだ二人の子供が居る
しかも弟の方はまだまだ幼い

私は母親になったことがないからその辺は理解しようがないが
他の子ども達を残して、自分独り出て行くことは出来るものだろうか?
苦しんでいるのは子供も同じだ

あの世から見守るだけのスージーには何も出来ない

そして彼女はまた 犯人の男の様子も見ることが出来る
彼女を通して事件の真相が明らかにされていくが
ファンタジーとは思えないような どす黒い大量の血から
恐らく残忍な殺され方をしたであろうことが伺える

犯人に反省の色はなく、しかもスージーの他にも何人もの少女が犠牲となっていた

未だにその男は野放し状態で、彼の行動を怪しみ始めたスージーの妹にも手にかけようとしていた

その辺のやりとりはスリリングでファンタジー映画ということを一瞬忘れてしまう程

スージーの遺体は、男の家の小さな金庫に入れられており
男はそれを毎日地下室で眺めては妄想にふけっていた


父親は近所の男が気になり始め、庭仕事を手伝う口実で近づいた
そして男が縄で枝をきつく締める際に見せた 恍惚の表情 を見逃さなかった

(こいつ もしや・・・)と思い始めるが何せ証拠がない
c0237163_15311792.jpg



命の危険を冒しながらもスージーの妹は証拠を掴かみ、警察がかけつけるも間に合わず
男は寸でのところで逃げてしまい
すでに埋め立てが決まったゴミ処理場に駆け込み
スージーの入った金庫を投げ棄てる

そして彼女の遺体は永遠に発見されないこととなる

男はまんまと逃げ
新天地で新たな標的となる少女を見つけるものの
誘拐は失敗に終わったところで
崖から足をすべらしあっけなく死んでしまうのである


この物語の焦点は犯人への制裁、遺体の発見など
クライムサスペンス的な要素ではなく 
あくまでも残されたものたちへのメッセージ性が隠されているようである


しかし、135分という長さと テーマがもちゃっとしており
スージーは永遠に見つからない
犯人は勝手に死んでしまう で

見終わったあとは
なんとなく消化不良の残る結末であった




■ 原題:The Lovely Bones
■ 監督:ピーター・ジャクソン
■ 出演:マーク・ウォールバーグ(ジャック・サーモン)/レイチェル・ワイズ(アビゲイル)
スーザン・サランドン(リン)/シアーシャ・ローナン(スージー) 他
■ 2010年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド
■言語:英語 
■ 135min 
■ CS放送にて鑑賞



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2012-11-21 19:35 | ヒューマンファンタジー
白夜


70年代パリ 
恋なのか,愛なのか 
たった四夜の物語


c0237163_1435626.jpg



ロマンス★★★★★
不思議★★★★★
映像★★★★
衣装★★★★★
学習効果★★★★


あー、日本では考えられないような恋愛模様でした・・・
愛に生きる国  
フランス 万歳


時代が時代というのもあって、ところどころ ん?と思うところはあったけど
全体的にしっとりした映画

今回、映像はデジタルでなく35mmフィルムということでとても素敵
70年代の美しいパリ
マルトのモダンかつクラシカルな可愛らしい装い
街にあふれる恋人たち
音楽


セリフはセンテンスが短く、淡々と発せられるフランス語は
大変聞き取りやすかった
ということで学習効果★4つとしました


ところが2つ程離れた席で男性一人
けっこうな頻度で フフフ ククク・・・と笑う場面じゃないところで笑う
少々耳障り 他行っとくれ

まぁつっこみどころは多々あるが、みんな静かに観てるんだから
考えろ ボケー


さて、ストーリー

ドフトエフスキーの小説を元に舞台をパリに移し
セーヌ河畔とボンヌフを背景に若き二人の男女が出会う

c0237163_1445657.jpg



la premième nuit
(第一夜)

画家のジャックはある晩、ボンヌフで思い詰めた表情のマルトを見かける
彼女はセーヌ川に身投げしようとしていた
それを止めたジャック

手を貸して 送ってあげる

今出会ったばかりの二人
手を繋いでまるで恋人同士のように夜のパリを歩く 

c0237163_1453935.jpg


へぇ~へぇ~ さすがスキンシップ大好きフランス人
挨拶でビズするだけのことはある
 
しかもマルトは自分のアパルトマンの前まで送ってもらうんだから
変な人だったら危ないぞ

別れ際ジャックは言う

明日の○○時に○○の銅像の下にいる
何があっても待ってるから



la deuxième nuit
(第二夜)

翌晩、お互いの素性を語り合う二人


ジャックは孤独で少々変わり者

僕はすぐに恋に落ちるんだ

描くのに理想的な美しい女性を見かけては一瞬にして恋に落ち
その出会いを妄想してはテープレコーダーに吹き込む毎日

c0237163_146139.png


美しい女性を見つけ、露骨にじぃ~~~っと見つめ、周りをウロウロしたりして
少々不気味・・・



一方マルト
一年前恋した男性に
結婚できる身分になったら一年後に同じ場所同じ時間に会おう と言われ
彼は海外へ留学した

c0237163_1465469.jpg


そして今がちょうどその一年後
連絡が来ないことにマルトは絶望し、セーヌに身を投げようとしていたのである


恋に落ちた といっても
母と同居しているアパルトマンに下宿していた男で
顔もよく知らずに生活し、最初のデートの誘いを断ったと思ったら
私をこの家から連れ出して
そしてキス+α


ええええーーーー
それはありなんですか・・・?


マルトに即落ちしてしまったジャックは、彼女への熱い気持ちを抱きながらも
その元下宿人と会えるように尽くす
ジャックはマルトの手紙を男の友達に届けたり、返事を聞きに行ったり献身する

c0237163_1481316.jpg




la troisième nuit
(第三夜)

待ち人来たらずのマルト 
がっかりしながら一言

もうどうでもいいの

かと思えば 泣き始め

この涙はあなたのせいよ
私が結婚しても私たち兄妹よ


意味がわかんない

そんなマルトも少しずつジャックに惹かれ始めていた
しかし、ジャックは でも彼のことを愛してるでしょ とすねてしまい
別れを切り出す

君が愛の話しなんかするからいけないんだ

はて、現代のフランス男子もこんなこと言うんだろうか?
自分は愛について語ったことなんて今までの人生であるだろうか??



la quatrième nuit
(運命の第四夜)

男を諦め、ジャックとの愛を深めていこうと決めたマルトの目の前に
キターーー!

あの下宿人
たいしてかっこよくもない男である

あれだれ?
彼よ 



するとマルトは彼の元に駆け寄りキス
それを見つめるジャック

そしてジャックの元ににマルトは駆け戻りキス
それを見つめる男

え?えええ?
ちょっと?

アメリカ映画だったら間違いなく殴り合いの喧嘩である


そしてマルトは男の元へ再び戻り
振り返ることなくジャックの元を去っていった

ジャックは部屋に戻り再びテープレコーダーに向き合い
マルトが自分の元へ返る妄想を吹き込みながら
ベッドに横になり 四日間の恋物語は終わる



しかしお互い最初から最後まで vous で呼び合っていたので、まだ微妙な距離感だったのが伺える
*親しい人はTu(君) 初対面や目上の人はVous(あなた)


原題 Quatre Nuits d'un Réveur を英語にすると 
Four Nights of Dreamer (夢想家の四夜)

まさに夢だったと思うしかない



最後に
実生活で使ってみたい
使えそうでたぶん使えないセリフ行ってみよう

私がなんであなたを好きかわかる?
私に恋してないからよ

Vous savez pourquoi je vous aime?
Parce que vous ne m'aimez pas.




あらー
なんか男心をくすぐりそうな感じ(〃 ̄m ̄)
しかし、かなり恋愛上級テクであることまちがいない




c0237163_14123244.jpg




■ 原題:Quatre Nuits d'un Réveur 
■ 監督、脚本:ロベール・ブレッソン
■ 原作:ドフトエフスキー
■ 出演:ギョーム・デ・フォレ(ジャック)/イザベル・ヴァンガルテン(マルト)他
■ 1978年 フランス
■ フランス語 
■ 83min 
■ユーロスペースにてリバイバル 35mm film上映




写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2012-11-17 19:51 | ロマンス
任侠ヘルパー

お前ら見捨てるほど落ちちゃいねえよ
きゃー!素敵☆


c0237163_15491784.jpg



ストーリー★★★★
バイオレンス度★★★★★
社会派★★★★
ツヨポン★★★★★


いいですねー かっこいいですねー
高倉健さんみたいですねー

コントの時もイイ味だすけど、ヤクザ役もけっこうよかったねー
ドラマは見てなかったけど、けっこう楽しめた

※公開されていないので観たい人はストーリーがちょっと分かっちゃう可能性があります!! 
気を付けて!
11月17日公開DEATH!!!

なめてんじゃねーぞ!てめぇ~~~!!
うるせぇ~!てめぇは黙ってろ このヤロ~!!


ツヨポンの滑舌があまり良ろしくなく、たまに

おめぇーら ×○※□!! 

みたいなとこもあったけど
言ったらスッキリするんだろうなー という罵倒がもりだくさん。


どうやらドラマの続きと思われる
ドラマ見てない!ひゃばい!
でも大丈夫

ドラマ見てないからって見捨てるほど落ちちゃいねーよ
きゃっ!


指定暴力団「隼会」を黒木メイサに譲り、堅気となった元極道 翼彦一
しかし背中の掘りものが邪魔をする

今はコンビニで働きながら生活をしている
こんな役を何ヶ月もやっていたらホントに根暗になってしまう と言うくらいの
愛想の無さである

ある日コンビニ強盗がやって来て、それを退治したツヨポン扮する彦一
覆面を取ってみるとそれは老人だった

「これやるから足洗え」 

ひゃだ!かっこいい!
レジのお金を小銭まで全部あげてしまい
その行為がバッチリ防犯カメラに写っていた

そして入った刑務所で偶然出会ったのが、強盗をした老人だった
その老人もまた元極道だった

出所後、老人のつてを頼って「極鵬会」を訪ねるツヨポン。

そこでツヨポンは老人相手の闇金と詐欺、闇金で破綻した老人たちを施設に追いやる仕事を任される

施設とは名ばかりの不衛生極まりない悪臭放つ小屋である

初めは無機質に言われた通りにするツヨポンだったが
次第に社会的弱者を喰いものにするやり方に我慢ならなくなっていく・・・

老人、子供に優しいツヨポン かっこいい
介護される老人キャストはオーディションによって選ばれた精鋭たち

監督の配役に対する熱意、
また現実世界の在宅介護、施設不足、家族の負担など社会的問題を背景においてはいるが、
ほっとする場面も多々あるところがおもしろい

タケシの バカヤロー!率90%の映画より
断然おもしろいと思うぞー




■ 監督:西谷 弘
■ 脚本:池上 純也
■ 出演:草なぎ剛(翼彦一)/安田成美(蔦井葉子)/夏帆(仙道茜)/風間俊介(山際成次)/杉本哲太/香川照之 他
■ 2012年 日本 ■ 134min 
■試写会にて



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2012-11-13 19:48 | ヒューマンドラマ
イラン式料理本
文化の違いにびっくり

c0237163_10125334.jpg



宗教度★★★★★
料理★★★
異文化★★★★



どんな料理が出てくるのかなぁと思って観てみましたが
コンセプトはそこじゃないのかな?

でも興味深い内容で、ドキュメンタリーなのでイスラム文化を見るにはおもしろかった。

監督が自分の家族や友人家庭の女性達に目を向け
彼女たちの台所仕事や家庭料理を記録したドキュメント。

あらゆる年代の女性が登場し、食事の支度をしながら語る本音トークがおもしろい。

国によるとは思うけれど、イスラム圏というと女性にとっては戒律が大変厳しいというイメージを持ちがちだ。
しかし、彼女たちは私たちが想像するよりもずっと自由だし明るい。

そしてどこの家庭でもかならずヨーグルトを食べていたのは新たな発見だった。


<監督の母親>
c0237163_10154559.jpg

旦那、男ばかり5人の子供、姑の食事の支度を毎日一人でする。
昔は親族11人分作っていたそうだ。

4時間も5時間もかけて伝統料理を手作りしても、現代の若い息子達は良い顔をしないし、料理もたいして減っていない。
「パスタやファーストフードの方が大喜びなのよ」と母親は呆れながら語る。

どこの国でも若者にファーストフードは人気なようだ。
この葉っぱでくるんで蒸したのなんて美味しそうだけどなぁ。
c0237163_1016303.jpg


この家庭では旦那さんも少しだけ支度を手伝っていて、
母親はお姑さんにも旦那にもハッキリとものをいう女性で快活明朗、イランの肝っ玉母ちゃんであった。


<監督の妹>
双子の男の子を持つお母さん。
大家族に嫁いだらしく毎日何人分?(わからない)の食事を作る。
c0237163_10221799.jpg


昼の11時くらいから作り始め、2時くらいには出来るわ と言ったものの出来上がったのは5時すぎだった。
横で双子が戯れて、その面倒を見ながらの大勢分の料理は大変だ。
c0237163_10233695.jpg


そして、食べ終わっても誰も片づけを手伝ってくれない家庭のようだった。
子供に手伝って と言っても父親が手伝わせないので子供も言うことをきかない。


<監督の友人の母親>
この女性は100歳近くでもう料理はしない。
タマネギスープの作り方は?と聞かれると
「忘れちゃった♪」
c0237163_1024512.jpg

おちゃめである。

驚くことに9歳で40歳の男性に嫁いできたそうだ。
お嫁にきた時はまったく何も出来なくて、姑に一から教えてもらうが
失敗したり不味かったりすると旦那にぶたれたりした と語った。
が、やはりこの年代の女性にとっては特にそれが何でもないことのようだった。


<監督の友人たち>
ラマダンの後はごちそうを食べるので、その支度をする女性達。
みんな楽しそうにおしゃべりしながら料理の説明や作り方を語る。
c0237163_10244199.jpg

たまにグチが入っておもしろい。
サフランライスみたいのが美味しそうだった。
やはりここでも5~6時間かけての料理を数十分で食べ終えてしまうのだからなんとも、あっけない。

ごちそうがいっぱい。
c0237163_10251662.jpg



<監督の妻>
c0237163_10253037.jpg

若くて美しい女性だった。

監督の母親の台所とは違い、物がなくてスッキリ。
何故かって料理をしないからだ。
食事はほぼ缶詰かインスタント。
夜の10時にお客を7人も連れてきた方が悪い と言って怒っていた。
ご飯を炊くのも炊飯器。「だってこの方が美味しいの」
c0237163_10255562.jpg


なんで男は何もしないで女性ばっかり・・・!と彼女はカメラの前で溜まった不満を夫にぶつけていた。
現代の働く女性達からしたら、うんうん、そうだそうだ!と言われることばかりである。

撮影時もパーティをやっていた様だが、料理はすべて缶詰で
終わった後の食器はそのままで部屋は暗くなった。
c0237163_10262661.jpg




文化は違えど、世代の違いと近代化というのはどこの国でも一緒のようだ。
あの全身を覆うベールのような長いものをまといながらの料理は大変そうだし、
火が付きそうで見ていて恐かった。
やはり若い女性達は年配のお母さん達に比べて軽装。


最後エンドロール

妻は僕と離婚。
妹も離婚。
会場爆笑。


離婚て出来るんだー。
と思ったのが素直な感想です。



写真ブログもやってるから見てね!
Sense of Wonder



■ 原題:IRANIAN COOKBOOK
■ 監督:モハマド・シルワーニ
■ 脚本:モハマド・シルワーニ
■ 出演:一般家庭イラン人女性達
■ 2012年 イラン ■ 72min 
■岩波ホール
[PR]
by oto_ichi | 2012-11-02 20:04 | ドキュメンタリー


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧