ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
シャッターアイランド
 


これは現実か非現実か


c0237163_14264151.jpg



サスペンス★★★★
ストーリー★★★
レオ★★★★★


はい、古い映画です
みなさん観ましたか?

私はお正月にCSでやってたので今回初めて観ました
年始にしては暗い映画だったな・・・
なんでこれお正月のイチオシ映画にしたんだろ ザ・シネマの人


さて、ストーリー

時代背景は1950年代半ば
服装などレトロ感は楽しめますが、この時代の独特の陰鬱さもありますね・・
でもCG率が高いので、そのいい感じの古さが壊れちゃうんだよなぁ

レオのネクタイすごいですね
c0237163_14323822.jpg




舞台はボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島 “シャッターアイランド”

ここには精神を患った犯罪者を収容する病院があり、ものすごく厳重な監視の元 患者たちは生活している

ある日、レイチェルという女性患者が姿を消し その真相を探るべく
連邦保安官テディ(レオ)と相棒チャックは島に渡る
c0237163_1433222.jpg


怪しい医者
c0237163_14392423.jpg




嵐の中 島に着き、患者たちへ聞き込みをするが患者たちは口を割らない
そして”レディス”という名の男が浮上する
c0237163_14331749.jpg


暴風雨の中捜査
c0237163_14391051.jpg


レオの奥さん役は テイク・ディス・ワルツのミシェル・ウイリアムズ
昔からカワイイわ~
c0237163_14382298.jpg



巷では評価が悪いみたいだけど、
個人的にはレオが好き、サスペンスが好きだからかも私は嫌いじゃない
ちょいちょい前後関係がわからなくなり???となるものの
誰が見方で誰が敵なのか?みたいなスリルあり

レオったら 大人になったわ~ となんだか微笑ましくなります



ストーリーは途中で (もしやこの展開はアレだな?) と予想がつき
謎解きというよりも うーん ドラマ?として観る方がおもしろいんじゃないかしら

あえて言えば、あの ニャンコパンーチ のミッキー・ローク主演「エンゼルハート」(1987年)ぽいかな


レオの最後の言葉

モンスターとして生きるか 善人として死ぬか

がちょっと侍っぽいですね


あ、レオばっかりで映画がつまんない感じの紹介になっちゃった
のでサービスショット

行進中で手がちょっとカワイイレオ
c0237163_14435658.jpg


ご機嫌でイエーイなレオ
c0237163_14443195.jpg


歩きながらパスタを食べるレオ
カレーうどんに見えるけどこれパスタ
c0237163_14431265.jpg





最後大サービス!!

裸のレオ
c0237163_14395940.png



以上
off写真は、レオちゃんニュースより掲載しました





■ 原題:SHUTTER ISLAND
■ 監督:マーティン・スコセッシ
■ 出演:レオナルド・ディカプリオ(テディ・ダニエルズ)/マーク・ラファロ(チャック・オール)/
ベン・キングズレー(ジョン・コーリー医師)/ 他
■ 2010年 アメリカ
■ 言語:英語 
■ 138min 
■ PG12
■ CS放送にて鑑賞



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-01-31 20:27 | サスペンス
シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~



いろいろあるけど人生は三ツ星


c0237163_11485011.jpg



コメディ★★★★★
映像★★★★
ストーリー★★★★★
学習効果★★★★
食欲★★★



三ツ星を掲げるパリ有数の超高級フレンチレストラン “カルゴ・ラガルド”
ジャン・レノ扮するシェフのアレクサンドルは20年間三ツ星を守り続けていた
c0237163_1151395.jpg



がしかし、伝統にこだわりあまり冒険しない彼は
次回、春の新作メニューで成功しなければ クビになってしまうというピンチに立たされる

それなのに 最近はスランプで新しいレシピがまったく浮かばない
c0237163_11512112.jpg



レストランの若手社長からは
伝統料理をゆっくり作れる田舎のレストランを進められる始末

行き詰まっていたアレクサンドルの元に、天才的な才能を持つ人物が現れる
いわゆる「絶対舌感」を持つジャッキー・ボノだった


味見はもちろん、匂いを嗅いだだけで材料をピタリと当てるジャッキー
c0237163_1154965.jpg



彼は腕はいいが自分のレシピへの情熱とこだわりが強すぎて
お客様の食べ方に文句を付けたり、厨房でも生意気で数々のレストランをクビになっていた

妊娠中の恋人ベアトリスはそんな不安定なジャッキーに腹を立て
「君とベベ(赤ちゃん)のためなら何でもするよ」という恋人に
老人施設のペンキ塗りの仕事を紹介する
c0237163_11532949.jpg



仕方なくペンキを塗るジャッキーだったが、そこでも施設の厨房が気になって仕方ない
働く素人料理人に文句を付け指示を出し、生まれ変わった施設の料理は老人たちの間でもたちまち人気に

施設に入居していたカルゴ・ラガルド のオーナーはジャッキーが作ったスープを
たまたま施設を訪れていたアレクサンドルに試食させる

それは1997年に彼本人が作ったレシピそのものだった
驚いたアレクサンドルはジャッキーをアシスタントにスカウトする
c0237163_11545370.jpg



三ツ星★★★死守のため
ここからジャッキーとアレクサンドル、そして仲間たちのちょっとドタバタな
新作メニュー作りが始まるのだった
c0237163_1155974.jpg



ずっと狙っていた映画をやっと観てきました
ズバリ!
笑える!!!

普通の「この映画いいよ」のおもしろさではなく コメディタッチではなく
「笑い」が盛り沢山

フランス映画でこんなに笑ったのはけっこう初めてかも

フランス語も聞き取りやすく学習効果も高かった
DVD買っちゃうかも候補ですね

バラエティに富んだ周りの変わり者や
貫録を増したジャン・レノ、天才シェフのミカエル・ユーンのコンビが最高


高級そうすぎて Ca a l'air bon !!(美味しそう!!) とはならなかったけど
いっちばん笑ったシーンは





ナイショ


いやー、実際★を守っていくのって大変なんだろうなぁ

ジャッキーのスニーカーが可愛いからチェックしてみて



Bon Áppétit!!
c0237163_11573591.jpg






■ 原題:COMME UN CHEF
■ 監督:ダニエル・コーエン
■ 出演:ジャン・レノ(アレクサンドル・ラガルド)/ミカエル・ユーン(ジャッキー・ボノ)/ラファエル・アゴゲ(ベアトリス) 他
■ 2012年 フランス
■言語:フランス語 
■ 84min 
■ 銀座テアトルシマナにて



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-01-25 19:47 | コメディ
恋のロンドン狂騒曲

それぞれの男女 恋の行方は?


c0237163_16455212.jpg



コメディ★★★★
映像★★★


最初は2組それがいつのまにか4つの恋へ分かれ・・・
ストーリーはシニカルにコミカルにどんどん進んでいく


アルフィとヘレナ
c0237163_16465551.jpg

40年連れ添った夫婦だったが、ある日突然夫アルフィは夜中に目覚める

死の恐怖におののいたアルフィは若返りを目指し、妻を捨て
半分以上年下のイケイケコールガールに入れあげる

新妻↓
c0237163_16476100.jpg


c0237163_16472572.jpg



そのショックでヘレナは自殺未遂を起こし、精神不安定になる
そしてインチキ占い師の元へ救いを求め通うようになる

そこでの収穫を毎回娘サリーの元へ持ち帰り、義理の息子ロイにもうんざりされている
c0237163_1648869.jpg



しかしヘレナもスピリチュアルな会でちょっとした出会いが・・・
c0237163_16482586.jpg




サリーとロイ
一人娘のサリーはそんな占いにかぶれた母を心配しつつも、気が休まるならと見守っている
c0237163_1650246.jpg



夫のロイは医学部を出たものの 医者にはならず
処女小説で一躍脚光をあびたのをいいことに自称小説家となる

それ以降はぱったりで 今ではただの一発屋

そんな夫に愛想を尽かしていたサリーが、新しい職場のギャラリーで出会った
セクシーオーナー、グレッグに密かな恋心を抱き始める

濃い・・・
c0237163_16514552.jpg



一方、毎日出版社からの宛のない電話を待つロイは
自宅の窓から見える向いのアパートに、エキゾチックな美しい女性ディアを見かけ
次第に夢中になっていく・・・

隣のアパートの部屋を覗くロイ
c0237163_16502168.jpg



彼女をうまくお茶に誘い出し口説くロイ
はたから見るとけっこうな気色悪さだが、ディアはまんざらでもない様子
男と女はわからんもんだ
c0237163_16505718.jpg



幸せになりたいだけなのに
懲りないダメ可愛い大人達が繰り広げる協奏曲に思わず苦笑


公開初日に観たのにUPはずいぶん遅くなっちゃった

賛否両論あるけど私はけっこう好き
浮気、不倫、年の差婚、スピリチュアル
悲劇なのか喜劇なのがよくわかんない大人のラブコメ

ユーモアとブラックユーモアがちょうどいい感じ

ナオミ・ワッツが素敵





■ 原題:You will Meet A Tall Dark Stranger
■ 監督:ウディ・アレン
■ 出演:アントニオ・バンデラス(グレッグ)/ロジャー・アシュトン・グリフィス(ジョナサン)/ジョシュ・ブローリン(ロイ)/ポーリーン・コリンズ(クリスタル)
アンソニー・ホプキンス(アルフィ)/ジョマ・ジョーンズ(ヘレナ)/フリーダ・ピント(ディア)/ルーシー・パンチ(シャーメイン)/ナオミ・ワッツ(サリー)他
■ 2012年 アメリカ/スペイン
■言語:英語 
■ 98min 
■ 日比谷シャンテにて


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/

[PR]
by oto_ichi | 2013-01-20 19:57 | コメディ
96時間 リベンジ

こんなつおいオヤジは見たことない!


c0237163_1433747.jpg



バイオレンス★★★★★
スピード感★★★★
スリリング★★★★★
ダーティ度★★★★
なんでもあり★★★★★


久々の更新です
何本か観ましたが記事にできてなーい
ということで
まぁいっか


先日大雪の中、映画の日でチケットを撮っちゃったので観てきました
特に観たいと思っていた映画じゃなかったけど、友達と遊ぶ約束が雪でダメだこりゃとなり
じゃぁ映画でも観るかということで、選んだのがこちら

あ、完全ネタバレしますのでこれから観たい方はご注意ください



2008年公開の「96時間」の続編だとは二人ともつゆ知らず
どれどれと観に行ったら、これがすごいおもしろかった!!

あとから気づいた ひゃだ!リュック・ベッソン!
やっぱおもしろいね リュック師匠


全編を軽くご紹介
(※ほぼコピペ)

c0237163_1462091.jpg

アメリカ政府の秘密工作員として家庭を顧みずに幾多のミッションをこなしてきたブライアン・ミルズ。
現在は一線を退き、ボディガードのバイトなどで小銭を稼ぎながらカリフォルニアで孤独な日々を過ごしていた。
そんなある日、別れた妻レノーアと一緒にひとり娘キムの17歳の誕生パーティーが開かれ、ブライアンもお祝いに訪れる。
やがて、親友アマンダと海外旅行へ行きたいというキムに押し切られ、不安ながらもパリ行きを承諾するブライアン。
しかし、彼女たちの滞在するアパルトマンに突然謎の一味が乱入し、アマンダが拉致された。
さらには、愛娘キムも一味に連れ去られてしまう事態に。
ブライアンはかつての自分を甦らせ、キムの奪還と犯人への復讐を決意。
事件発生から96時間を過ぎると被害者の救出が不可能という事例データを念頭に
単身パリへ飛び、長年培ったスキルを活用しながら捜索を開始する。
そして、キムたちをさらったアルバニア系の人身売買組織の中枢へ怒濤のごとく踏み込んでいく…


というお話の続編が今回の内容です


冒頭、マフィアの一員みたいな男たちが7、8人殺される映像で始まり(たぶん前回のやつ)
お葬式in アルメニア
どうやら息子を殺された父親らしいジジイ(ムラド)が家族に復讐を誓う

ジジイ↓
c0237163_1464724.jpg


いや待てよ?
もともと息子がブライアンの娘を拉致したからやられ(殺られ)ちゃったわけで
そこは棚に上げて復讐するのはちょっと筋が違う

一方ブライアンはボディーガードの仕事でイスタンブールへ来ていた
そして仕事を終えた彼は、別れた妻レノーアと娘キムも呼び寄せてしばしのバカンスを楽しむ予定だった
c0237163_1473248.jpg



しかしムラドのジジイはまんまとブライアンを見つけ出し、レノーアも一緒に男たちに拉致されてしまう
捕まったブライアンはジジイに尋ねる

c0237163_1475396.jpg


なんで俺を追う?
-お前は俺の息子を殺した

お前の息子が俺の娘を誘拐しようとしたからだ
お前の息子は少女を何人も誘拐して破滅させた最悪の奴だ

-お前の娘は生きている。俺の息子は死んだ、もう声も聴けない



このジジイ どうしようもないアホじゃないだろうか


知らずに一人ホテルに残されたキム
捕まる直前にブライアンはキムに電話をし、米国大使館へ避難するように指示するが
さすが元CIA秘密工作員の娘、勇敢で頭がよろしい

c0237163_1483318.jpg


パパとママを助けるべく駆け回る

c0237163_1485586.jpg

c0237163_14956.jpg

とうとうキムも追い詰められ悪党に殺されそうになったとき・・・

パパ キターーー!

アメリカ式ナイスタイミングで
見事2発 悪い奴はやられ(殺やれ)ました

たぶん見どころの一つと思われるすごいカーチェイスのあと
キムは無事に大使館へ保護

そしてブライアンは前妻レノーアを助けるため単独で悪のアジトへ乗り込んでいく
c0237163_14102928.jpg


このオヤジめちゃんこ(死語)つおい
ドキドキハラハラはするものの、降りかかる敵を次々ボコり
ばったばったと倒していく


怖いお兄さんも半べそ
c0237163_14105130.jpg


兄ちゃんに何するんだー!(速攻でやられます)
c0237163_141126.jpg


ゴキッ!
c0237163_14111847.jpg


あっちゃこっちゃに撃ちまくる
c0237163_14113439.jpg



最後までジジイの護衛をしていた悪党と戦うときは拳銃なし
カンフーなみのアクションで大人のマジゲンカ

その悪い奴もとうとう倒して、ビビるジジイ

さて次はお前だジジイ覚悟しろ

c0237163_1413357.jpg



すでにブライアンの手中にあるジジイ
しかしブライアンはジジイに協定を申し出る

ここでジジイを殺すとその息子がまた復讐しにやってくる
そんな生活は金輪際お断り
そこで、もう自分と家族に手出しはしないと約束すればジジイの命だけは助けてやる
と拳銃を置きジジイに背中を向けて去ろうとする

しかしジジイは最後まで卑怯なジジイであった

後ろを向いたブライアンに銃口を向けて放った一発


カチッ


弾は装填されていなかった

せっかく命拾いできたのに見事に裏切ったアホなジジイ
やっぱりな的なドヤ顔で振り返るブライアンに
いとも簡単にやられ(殺られ)ちまいました

悪い奴は全滅し、観終わったあとは何となく爽快感♪



という女子及びデートには向かないかもしれない一本をご紹介しました

パート1も是非観たいね
あえてお金払ってDVDとか観ないけどね
やっぱCSよね

今回学習したこと
怖い人たちは世界共通でメル●デスに乗っている


海外刑事ドラマの観すぎで
拳銃の種類を少しずつ見分けられるようになった今日この頃です



■ 原題:TAKEN 2
■ 監督:オリヴィエ・メガトン
■ 制作、脚本:リュック・ベッソン
■ 出演:リーアム・ニーソン(ブライアン)/マギー・グレイス(キム)/
ファムケ・ヤンセン(レノーア)/ラデ・シャルベッジア(ムラド) 他
■ 2012年 アメリカ
■言語:英語 
■ 92min 
■ TOHOシネマズ六本木にて



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-01-15 20:03 | バイオレンス・アクション


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧