ちょっくら       現実逃避してきます。                                                        
by otoichi
<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
はちみつ色のユン

肌の色って?家族って?
そして、ぼくは誰?


c0237163_1552046.jpg



映像★★★★★


1960年代から70年代、朝鮮戦争後の韓国
親を失った20万人の孤児たちは国際養子としてヨーロッパへ養子に出されていた

戦争で親を失ったり、私生児を嫌うという風習から捨てたれた子供たちである
c0237163_15543291.jpg



アジアからヨーロッパ
顔だちも、髪の色、瞳の色もまったく違う家族の元へ子供たちは養子に出されていった


推定5歳
肌の色:はちみつ色


ベルギーの一家に引き取られたユン
その家はすでに4人の子供がいたが、父と母はユンを我が子と同じように育てる
外見の全く違う兄妹たちもユンを可愛がってくれる
c0237163_1555366.jpg

c0237163_15551952.jpg


ユンは戸惑いながらも
お腹いっぱい食べられる
温かい布団で寝られる
おもちゃがある

そんな幸せを生れて初めて味わい
次第に母国語を忘れフランス語を覚えていった
c0237163_15553332.jpg


しかし、生母への慕情は消えることはなく
幻影を絵に描くことによって才能を開花させていく
c0237163_15562754.jpg



そして、家族は新たな韓国からの女の子ヴァレリーを迎え入れる 
今でも自分の居場所を探し、母の愛が欲しい
それなのに幼いヴァレリーは母を独り占めしてしまう
c0237163_15564018.jpg



思春期に差し掛かったことをきっかけに
ユンは自分のアイデンティティを探し求め始める
c0237163_155751.jpg




* * * * *


毎週「テレビでフランス語」という番組を見ていたら紹介された一本
ちょうど下北でやってたので観てきた

シアターはミニのミニで学校の視聴覚室みたいなところ
でもそんなマイナーな感じがけっこう好き
お客さんは私含め7人だった
c0237163_1621736.jpg



当時養子に出された子供たちは今、30代から50代
自分はいったい誰なのか?

監督はこう語る
僕は半分アジア人でヨーロッパ人
どこへ行っても外国に来たような気がする
ヨーロッパではアジア人に見られ、韓国では韓国人なのか?と

アイデンティティの喪失によって精神を病んでしまったり
自暴自棄になってしまった人も多いという


長い間、自分を捨てた国に怒りの感情を持っていた
韓国人であることを否定したくて
日本人になりたいとさえ思った
(インタビュー記事より)



重いテーマではあるが、アニメーション、8mmフィルム、現代
3種類の映像が組み合わさっており
暗い時代背景などは緩和され
最後は心温かくなるドキュメンタリー
c0237163_1632714.jpg


映画館に飾られていた絵コンテ
c0237163_1673669.jpg



番組インタビューでは素敵な言葉があったので
それは写真ブログの方で今度紹介したいと思います

c0237163_1672238.jpg





■ 原題:Couleur de peau:Miel
■ 監督:ユング・エナン/ローラン・ボワロー
■ 2012年 フランス/ベルギー/韓国/スイス
■ 言語:フランス語 
■ 75min 
■ 下北沢Tollywoodにて鑑賞

【受賞】
・36回 アヌシー国際アニメーションフェスティバル 観客賞&ユニセフ賞


  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-25 19:51 | ドキュメンタリー
ブロークバックマウンテン
こんなの好きなのに

c0237163_14271062.jpg



ストーリー★★★★★
映像★★★★★
音楽★★★★
抒情的★★★★★



保守的なアメリカ西部 
同性愛はご法度の時代

1963年 夏、イニスとジャックはブロークバックマウンテンで羊番の仕事を請け負う
二人きりで山に籠り、夜になると一人は別の場所で羊番をする
c0237163_14275410.jpg

c0237163_14273220.jpg



初めは寡黙な二人だったが次第に打ち解け
ある夜泥酔したイニスはそのまま外で寝てしまう
夏とはいえ夜は震えるほどの寒さに、ジャックはイニスをテントへ入れる
c0237163_1428299.jpg



明け方、二人は自分たちでも予想できない感情に突き動かされ
身体の関係を持ってしまう


自分はゲイじゃない 
わかっているものの、肌を合わせる度にお互いにかけがえのない存在となっていく


羊番の仕事が終わり、山を下り別れの時
何事もなかったように別れる二人
だが、ジャックのトラックが走り去った後、嗚咽しながら泣き崩れるイニスが印象的

その後4年の間、二人はそれぞれ家庭を持つ 夫 となっていた
イニスは婚約者のアルマと結婚 娘を2人持つ父親
c0237163_14304476.jpg



ジャックもまたラリーンと結婚し息子がいる
c0237163_14305595.jpg



ある日、ジャックから 会おう と葉書が届く
c0237163_14315828.jpg

胸高なるイニス
目の前に現れたジャックに抱擁し
気持ちを抑えれきれないイニスはその場で激しいキスをしてしまう
その光景を目撃してしまい愕然とするアルマ

この再会を機に毎年 釣り旅行という名目で大好きな山で逢瀬を重ねる二人
黙って見送る妻

どうしようもない感情と愛と葛藤
そして後ろにはそれを見守る美しい山々
お互いがお互いをあきらめきれず 
20年に渡って苦悩する禁断の愛の物語


* * * * *

観ましたか、これ?
ボーイズラブ♪ 
c0237163_14353554.jpg




録画予約してたら、プログラムを読んでいた母が後ろから
あなた好きねー、こういうの

いいじゃないか
これは純愛なんです 純愛


若い男二人、山の中、二人だけ・・・
二人っきり・・・・そうなっちゃうんだ
そういうこともあるのか


もともと生まれつきそうでない人も
その世界へ行ってしまうってのはよく聞きますね あ、聞かないですか?

でもこれって、やっぱり見た目がいい者同士だから絵になる訳だけどね
いやー役者さんてすごいですね

私のお気に入りに入っているゲイの人のブログを読むと
ものすごい美形なのにゲイかー!もったいない!って人はいっぱいいるらしい
ゲイは見た目命よっ!って
見た目8割どころの話じゃない10割増しよ!
やたらおしゃれとか、女性に対してまったく連絡先聞いてこないとかは
100%ゲイよっ!って

は!映画のブログだった

アン・ハサウェイって全部のパーツが大きすぎないですか?
なにこれ、変なあたま
c0237163_14332166.jpg



イニスの奥さん、アルマ役のミシェル・ウイリアムズ
でたー
また薄幸な役どころ
悩める奥様をやらせたらピカイチ☆
かわいい・・・
誰か幸せにしてあげて
c0237163_14334554.jpg





つまるところ、同性愛とは言っても 根底は愛であり
普通の恋愛と何一つ変わらないということ


c0237163_14351962.jpg





■ 原題:Brokeback Mountain
■ 監督:アン・リー
■ 出演:ヒース・レジャー(イニス・デル・マー)/ジェイク・キレンホール(ジャック・ツイスト)/
ミシェル・ウィリアムズ(アルマ)/アン・ハサウェイ(ラリーン・ニューサム)他
 
■ 2005年 アメリカ
■ 言語:英語 
■ 134min 
■ CS放送にて鑑賞

【受賞】
・2005年 アカデミー賞(監督賞、脚色賞、作曲賞)
・2005年 ゴールデン・グローブ賞(監督賞、脚本賞、歌曲賞)
 2005年 ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞
 2005年 NY批評家協会賞 (作品賞、男優賞、監督賞)
他多数
  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-22 19:22 | ヒューマンドラマ
キング・カーリング




なんでも一生懸命になるっていいね


c0237163_14424879.jpg



スポコン度★★★★★
キャラ★★★★★
下ネタ★★★★★
おしゃれ感 ゼロ


スポコンと言っても、
スポーツ+根性 ×
スポーツ+コメディ ○


強豪カーリングチームを率いているトルルス・パルセン
精密なプレーにこだわるあまり神経質になりすぎ精神を病んでしまう
c0237163_1444773.jpg



精神病院に入り10年
保証人を妻にして退院
(お家の中がかわいい)
c0237163_14441824.jpg



愛煙家の恩師が肺を患い、彼の移植手術費が必要と知り
昔の仲間を集めてカーリング全国大会へ!
c0237163_14451271.jpg



優勝賞金めざし奮闘するドタバタコメディ
c0237163_14474232.jpg



* * * * *

ノーザンライツ3本目です
今年は全く違ったタイプのノルウェー映画を3本も観てしまった


外国のコメディってくだらなすぎて何でこんなにおもしろいんだろう

チームメンバーも変人揃い


一人は、女とみればのべつまくなし口説く根っからの女好き
(まぁ、それが役に立つこともあるわけで)
c0237163_14535178.jpg



一人は、問題を抱え不眠症
些細なことでキレまくり
c0237163_14484478.jpg



そして最後の一人は、オタク級のバードウォッチャー
この人だけ写真がなかった

バーダー(バードウォッチングを趣味とする人)は良く知っているので
リアルでこれが一番笑えた



他にも相手側の個性あふれるキャラとハゲいじりは世界共通を認識できる
ドリフコントが好きな人にはツボる一本


日本公開あるかなぁ


c0237163_14495696.jpg


c0237163_1446592.jpg






■ 原題:Kong Curling
■ 英題:King Curling
■ 監督:オーレ・エンドレセン
■ 出演:アトレ・アントンセン(パルセン)/ Linn Skåber/Ane Dahl Torp他
 
■ 2011年 ノルウェー
■ 言語:ノルウェー語 
■ 75min 
■ ノーザンライツフェスティバル2013にて鑑賞

【受賞】
・2011年 ノルウェーアカデミー(アマンダ)賞最優秀編集賞 他


  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-19 19:42 | コメディ
真実の恋


子供には子供の恋愛事情


c0237163_13455637.jpg



キュート★★★★★
シュール★★★★
映像★★★★★
胸きゅん★★★★★


アンネ10歳 ちょっとおてんば
ノルウェーの自然いっぱいの町に住む普通の女の子
クラスメイトは男の子を意識し始めるけど、アンネは気になる子すらいない
c0237163_13495549.jpg



ところが突然現れた!
最近引っ越してきた男の子ヨルゲン
ビビっときたー
c0237163_1350856.jpg



しかしいつの世も、どの世界でも転入生というのは人気者
CMタレントをやっている自称美少女のエレンとその取り巻きが彼に目を付けた
c0237163_13565095.jpg



やばい

さぁ、アンネは金持ち美少女をやっつけて意中のヨルゲンをGETできるか!?
c0237163_1403517.jpg

VS
c0237163_1404413.jpg



* * * * *

はい、これもノーザンライツで観てきました
だって本邦初公開ですから!

なんと言っても自然の豊かさ、子供たちの奔放さに頬がゆるんでしまう

そして10歳ながらにして大人顔負けの恋愛模様

子供とはいえ
男&女
女vs女
男=男

ダバダバダ♪ ダバダバダ♪ダーバーダ♪ダバダバダ♪

キャラクターも盛りだくさん

みんな子供らしくて無邪気、ちょっと生意気、ちょっぴりおませ

仲良しの親友
個人的に赤毛の子が可愛くて好き
c0237163_1411067.jpg



いわゆる金持ちの家で我儘に育ち、たいして美人でもないのに
ちやほやされるがために図に乗り性格が悪くなる女子
それに媚びる女子(いるいる)
c0237163_1414090.jpg



他にも
お父さんにいつも坊主にされるメガネ男子
ちょっと蓮っ葉で人気のある男子

あの子はあの子が好きで、この子はあの子が好きで
もーぜんぜん覚えらんなーい


私は小学校低学年まで埼玉の田舎で育って、こっちに越してきたもんだから
東京に来たときはそれはもうカルチャーショック

転入生でみんなが寄ってきてイヤになっちゃって、もう学校行かないって言っちゃった
女の子がスカートはいてるし
男の子と女の子が一緒に遊ばないってどういうこと?
バレンタイン?なんだそれ?

なんか東京の学校は男とか女とかめんどくさい
そんなことを思ったな~とぼんやり


は!映画の話!

会場は比較的おじさまが多かったような
アンネとヨルダンの距離がもどかしくて
もうおじちゃん おばちゃん 胸キュン
c0237163_143192.jpg


「真実の恋」って邦題がちょっと重い感じもするけど
とってもPOPで可愛い映画
ベタな子供の恋物語じゃないところがまたいい

一番好きなシーンはあのシーンだわ~(ひみつ)
DVDあったら観てね

c0237163_1432447.jpg



■ 原題:JORGEN+ANNE=SANT
■ 英題:TOTALLY TRUE LOVE
■ 監督:アンネ・セウィツキー
■ 出演:マリア・アネット・タンデレード・ベルグリッド(アンネ)/ オットー・ガルリ(ヨルゲン)他
 
■ 2011年 ノルウェー
■ 言語:ノルウェー語 
■ 83min 
■ ノーザンライツフェスティバル2013にて鑑賞

【受賞】
・2011年 ノルウェーアカデミー(アマンダ)賞最優秀編集賞 他


  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-16 19:44 | ロマンス
チャイルドコール 呼声


この子は私が守る

c0237163_12123259.jpg



サイコ度★★★★★
ストーリー★★★★
映像★★★★
どきどき★★★★★



独り息子と共に、暴力的な夫の元から逃げてきた一人の女性アナ
親子二人 ひっそりと身を隠して新たに生活を始める
c0237163_121265.jpg


息子のアンデシュは父親から暴力を受け
それ以来アンナは病的なまでに神経質になり 新しい学校への送り迎えをする
c0237163_1214068.jpg



授業が終わるのををじっと待っていると 学校側から追い出され
飛び乗ったバスで出会った男性ヘルゲ

アンネはすぐ近くの電気店へ立ち寄る

そこで目にしたもの
それは「チャイルドコール」
幼い子供の就寝中の安全確保のためのベビーモニター
その電気店はたまたまヘルゲの職場でもあった
c0237163_1222275.jpg



チャイルドコールを買って帰ったアンナはひと時の安心を得るが
混線したモニターからは虐待される子供の声が聞こえるようになる
c0237163_1241733.jpg



必死でわが子を守ろうとするアナ
c0237163_125418.jpg



ある過去を持つヘルゲ
c0237163_125144.jpg


そして観客

現実と妄想の境界線で揺れ動く心理に
観る側も息をのむサイコスリラー


 
* * * * *


今年も行ってきましたノーザンライツフェスティバル
北欧映画の一週間

おもしろかったー
去年 同監督の ネクストドア 隣人 もかなり怖かったけど
今回も終始ドキドキ

ネクストドアよりは画面が明るかったからちょっと精神的怖さは控えめだったかな

アメリカ版ミレニアムで話題になったノオミ・ラパス
プロメテウスにも出てて、いつもタフな役だなーと思ってけど
今回は繊細な母親役

真に迫った演技が、観てるこちらもドキドキハラハラ
c0237163_126667.jpg

c0237163_1261459.png




2013年3月30日より ヒューマントラストシネマにて公開です!
ちなみにネクストドア隣人もレイトショーで公開です


こちらはフランス版ポスターらしい
ちょー適当に訳しました

あなたの胸をえぐるようなノオミ・ラパスの真柏の演技!(みたいな) Paris Match

現実という旅の境界線にあなたは魅了される(的な) POSITIF

c0237163_11582871.jpg



監督のインタビュー記事はこちら

映画と。



■ 原題:BABY CALL
■ 監督:ポール・シュレットアウネ
■ 出演:ノオミ・ラパス(アンネ)/クリストファー・ヨーネル(ヘルゲ)他
 
■ 2013年 ノルウェー/ドイツ/スウェーデン
■ 言語:ノルウェー語 
■ 96min 
■ ノーザンライツフェスティバル2013にて鑑賞

【受賞】
・2012年 ノルウェーアカデミー(アマンダ)賞、初演女優賞、脚本賞 他


  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-14 19:57 | サイコ・スリラー
トイレット


みんな、ホントウの自分でおやんなさい

c0237163_14481226.jpg



コメディ★★★★
色合い★★★★★
ストーリー★★★★
荻度★★★★★



テーマは家族


カナダの田舎街に住むとある家族

おそらくカナダ人と結婚したであろう日本人の母親をもつ3兄弟妹+ばーちゃん
ばーちゃんは母方のばーちゃんで
母親が亡くなる直前に日本から呼び寄せた生粋の日本人

英語は一言もしゃべらない
孫3人は日本語をしゃべらない

でもばーちゃんのことは「Ba-Chan ばーちゃん」と呼ぶ

それぞれ問題だらけで変わり者

心の病で4年間引きこもりの長男モーリー
c0237163_1449472.jpg



他人とのコミュニケーションは取らず独自の世界観をもつプラモオタクの次男レイ
c0237163_14495894.jpg



人を小馬鹿にした目でみる妹リサ
c0237163_14525942.jpg



そしてセンセーという名の猫


母親が亡くなったあと、一度は同居を拒んだ弟レイだったが
アパートが火事になり、大事なプラモを持って仕方なく実家へもどる


そして奇妙な4人の共同生活が始まる

言葉のまったく通じない祖母と孫 言い換えれば外国人と日本人
変わり者ぞろいの孫の個性を受け入れながら
ちょっとずつユーモラスに縮まる距離感ががなんともいえない
c0237163_14533857.jpg

c0237163_14535142.jpg

c0237163_145413100.jpg


そしてこの監督作品ではかかせない「食」
c0237163_14542566.jpg



それが 家族 というテーマを支えるキーワードだと思う


「かもめ食堂」「めがね」の荻上ワールド
だいぶ前に紹介した「バーバー吉野」もそう

今回私はこれが一番好きになりました


公開時は観なかったんですが、これがなかなかCSでもやらずにやっと観れました

物語は弟レイが中心で進むけれど、モーリー、サラ、ばーちゃんはもちろん
同僚のインド人アグニもまた外せない脇役となっている

ちょいちょい活躍する猫のセンセーが「やっぱり猫がすき」を彷彿とさせます


観終わったあとは
兄弟もっと欲しかったな
おばあちゃん とか おじいちゃん とか欲しいなぁ と思わずにはいられない

c0237163_14544775.jpg





■ 原題:トイレット
■ 監督、脚本:荻上直子
■ 出演:アレックス・ハウス(次男レイ)/タチアナ・マズラニー(長女リサ)/デヴィッド・レンドル(長男モーリー)/
サチ・パーカー(謎の女性)/もたいまさこ(ばーちゃん) 他
■ 2010年 日本/カナダ
■ 言語:英語 
■ 109min 
■ BS放送にて鑑賞



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-12 19:47 | ヒューマンドラマ
ザ・フューチャー
先のことなんてわかんない

c0237163_169271.jpg



ストーリー★★★
映像★★★★
音楽★★★★
意外性★★★★


ソフィーとジェイソン 35才
つき合って4年 楽しく二人で暮らしてる
c0237163_1610120.jpg



ある日二人は怪我をした野良猫をシェルターに送り届ける
治療をして30日後に引き取りにいかないと処分されてしまう
c0237163_16102468.jpg

パウパウという名前をつけ、その出会いをきっかけに
ふたりの これから に変化が訪れる


パウパウを引き取るまでの30日間で僕たち何ができる?
c0237163_1611218.jpg



ソフィーの場合
インターネットを解約
いやいややっていた仕事を辞める
30日間で30個のダンスを創る
c0237163_16111719.jpg



ジェイソンの場合
在宅のサポートデスクの仕事を辞める
偶然通りかかった環境保護団体のボランティアを始める
c0237163_161299.jpg



しかしことは早々うまくは運ばない


ダンスを思いつかないソフィー
それどころかパウパウの様子を見に行ったシャルターで
マーシャルという年上の男に出会い惹かれ始めてしまう


ジェイソンい至っては
訪問販売しても誰も地球のために木なんか買ってくれない

壊れた電化製品を治す名人の家で気づいた
「まだ始まったばかり」の人生


そこに留まることも一つの選択
これから という変化を求めて動き出すのもまた もう一つの選択
そしてパウパウの運命は・・・


* * * * *
ソフィーの変なダンスをもっと観たい感じ
全体的にファンタジックで少々難解
洋服もなんか変てこりんの様な、かわいいような

ソフィーが惹かれるマーシャル(おっさん)は個人的にちょっと気持ち悪い
人の好みってわかんないもんだ

ミランダ・ジュライの他の作品も観てみたい気がする
全体的に印象薄め

映画の前にお友達と食べたランチとシュークリームが美味しかったのと
映画の後にお茶したときの オーガニックオレンジエイドが美味しかったので
あ、今日 映画観たんだった って感じの ふわっとした一本




■ 原題:The Future
■ 監督:ミランダ・ジュライ
■ 出演:ハミッシュ・リンクレイター(ジェイソン)/ミランダ・ジュライ(ソフィーとパウパウ)/
デヴィッド・ウォーショフスキー(マーシャル)/
) 他
■ 2011年 ドイツ/アメリカ
■ 言語:英語 
■ 91min 
■ イメージフォーラム



写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/

[PR]
by oto_ichi | 2013-02-08 20:08 | ファンタジー
グリーンマイル


こんな時代にこんな人道的な刑務所あったのかな
c0237163_15442536.jpg




ファンタジー★★★★★
ストーリー★★★★
コメディ★★★★
キャスト★★★★★


またまたさらに古い
はい、お正月にCSで観ました
3時間 長い!
2日かけました

もっと暗いかと思ってたけど、笑える場面もけっこうあっておもしろかった


1935年、大恐慌時代のアメリカ とある刑務所死刑囚舎房
死刑囚が電気椅子まで最後に歩む緑のリノリウムの廊下はグリーンマイルと呼ばれていた
c0237163_1633284.jpg

c0237163_1634531.jpg


そこで看守を務めるポール(トム・ハンクス)
副主任のブルータル(デイヴィッド・モース)はじめ頼れる部下がいる
c0237163_161692.jpg


かしかし、州知事の甥である新人パーシー(ダグ・ハッチソン)だけは横柄で仲間からも気われていた
この人こういう役多い
c0237163_1612373.jpg



ポールは「囚人を興奮させてはならない」など 規則をもとに彼らを人道的に扱うが
バーシーは自分の持っているコネクションを利用し上司にも囚人にも傍若無人に振る舞う




ある日、二人の少女をレイプして殺害したという黒人の大男コフィーが送られてくる
その大きさはトラックのタイヤも沈むほどだ
c0237163_15483075.jpg



しかし男の性格は大人しく、臆病で物静かだった
c0237163_15484156.jpg

c0237163_15501399.jpg



ポールはその頃、尿道炎にかかっており激痛で倒れてしまう
その時コフィーは不思議な力を見せポールを治してしまった
c0237163_15491995.jpg

c0237163_15493164.jpg



同じとき、上司の妻が脳腫瘍に侵されており コフィーの力を知ったバーシー以外の全員は
クビを覚悟でコフィーを上司の家へと連れ出すのだった


時代背景と、当時の死刑制度が電気椅子など 暗く残酷な映像がありながらも
ユーモアも交えて奇跡を描いたファンタジードラマ
脇役人も素晴らしい

個人的にポールの愛弟子役デヴィッド・モース(真ん中)がお気に入り
c0237163_1661967.jpg


おまけ
この人出てた 現 CSI NY マック・テイラー捜査官(ゲイリー・シニーズ)
堅物検事の役
c0237163_15521966.jpg





うるうる感動ストーリーと思ってみると、想定外にショッキングなのでご注意を





■ 原題:THE GREEN MILE
■ 監督:フランク・ダラボン
■ 出演:トム・ハンクス/デヴィッド・モース/ボニー・ハント/マイケル・クラーク・ダンカン/
ジェームズ・クロムウェル/マイケル・ジェッター 他
■ 1999年 アメリカ
■ 言語:英語 
■ 188min 
■ CS放送にて鑑賞

【受賞】
・1999年 アカデミー賞(作品賞、助演男優賞、脚色賞、音響賞)
・1999年 ゴールデン・グローブ賞(助演男優賞)
他多数
  
※映画賞概要はコチラ


写真ブログも見てね!
Sense of Wonder
http://arumok.exblog.jp/
[PR]
by oto_ichi | 2013-02-05 19:44 | ヒューマンドラマ


カテゴリ
全体
ごあいさつ
ダークファンタジー
ヒューマンドラマ
コメディ
ファンタジーコメディ
青春
サスペンス
サイコ・スリラー
ファンタジー
ホラー
ヒューマンファンタジー
バイオレンス・アクション
アニメ
社会派ドラマ
カンフー
ロードムービー
ロマンス
ミリタリーアクション
SFアクション
ドキュメンタリー
未分類

以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
more...

タグ
(49)
(47)
(26)
(10)
(10)
(8)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事
馬々と人間たち
at 2014-02-12 17:51
天使の処刑人 バイオレット&..
at 2013-10-09 19:03
ローン・レンジャー
at 2013-08-20 18:58

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧